FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
9/11 熊大附特わくわくタイム
制作の古殿です。

9/11(水)は、先週に続き(先週の様子はこちら)、
熊本大学教育学部附属特別支援学校・中学部の
コミュニケーションの授業「わくわくタイム」にお邪魔しました。

伺ったのは、池田と
アシスタントを務めてくれるトミー(冨川優君)。
s_DSC_0229.jpg
控室でなぜか家族写真的ポーズの2人。

先週とは違うクラスでの授業なので、まずは自己紹介。
子どもたちも一人ひとり、名前を教えてくれました。

最初のワークは、声の大きさの勉強。
声の大きさに反応して線が上下する教材を使って、
線の位置を身体で追っていきます。

声が小さい時は、線は下の方に移動、
s_DSC_0234_201909120023326a6.jpg

身体を縮めて線の位置を表現します。
s_DSC_0239.jpg

大きい声の時は線が上の方に移動、
s_DSC_0231.jpg

線を追い掛けて、
みんな身体いっぱい伸びていました。
s_DSC_0240.jpg
声の大小を、視覚的にと同時に
身体感覚で認識することができるワークでした。

今度は子どもたちが声を発する番です。
音に反応して動く自動車のおもちゃを使います。
s_DSC_0243-2.jpg
まずは先生がお手本。
ボリュームが大きいほど表示される数字も大きくなり、
自動車も速く進みます。

子どもたちは3人組になって、
マイクに向かって「がんばれー!」と呼びかけます。
最初はマイクを持って、
次のグループはマイクを教室の真ん中まで離して、
3番目のグループの時は、池田も加わって、
教室の端っこまでマイクが離されました。
見事、3グループとも自動車が走りました。

大きな声を出すのが苦手な子も
お友達と一緒だったら心強そうな気がします。
声の大きさと距離との関係がうまく掴めていない子も
自動車が動くことで「声が届いた」実感が
持ちやすいのではと思いました。

「レッツダンシング」の時間は、
「ようこそ附特」でLEEが教えてくれた
「♪崖の上のポニョ」のダンスをみんなで踊りました。
続けて、輪になって、ダンスの中の動きを応用して、
普通に歩いたり、スローモーションで歩いたり、
巻き戻しで歩いたり、最後は自由に動き回りました。
みんなスローモーションの動きがとても上手でした。

次はジェスチャーゲーム。
お題をジェスチャーで表現し、みんなに当ててもらいます。
ジェスチャーで出題するのは、池田・トミーと実習の先生方。

1問目:手を繋いで大きな輪を作った2人はぐるぐる回り、
その輪の中に入っている2人ももごもご動いています。
s_DSC_0248.jpg

動きが止まると、
中に入っていた2人を他の人が輪から連れ出して、
バンザイさせて、手を固定しています。
s_DSC_0251.jpg

別の1人がバンザイの人たちの間をすり抜けると
バンザイの人たちはゆらゆら動いていました。
s_DSC_0256_2019091201405081b.jpg
正解は『洗濯』。
洗濯機の回る様子、洗濯物が干される様子、
洗濯物が風になびく様子が表現されていました。

2問目:腰を屈めて繋がって長くてぞろぞろ動くものに
トミーが追いかけられていました。
トミー、とってもびっくりした表情をしていますね。
s_DSC_0274.jpg
正解は『ヘビ』。

それぞれの問題で正解したチームは
今度は自分たちでお題の表現にチャレンジしていました。
洗濯物が風で揺れる様子がとっても上手な子がいて、
彼女がこの日のMVPになりました。

正解しなくても、課題の動きを言葉で表したり、
特徴を捉えて似たものを答えたりしていました。
ジェスチャーをよく観察して、
動きや形を自分の知っているものと結びつけて
考えることができているんだなぁと思いました。

最後のワークは「きららさんおしえて」。
今回はみんなで『見えない大なわ』で遊びました。
実習の先生たちにお手本を見せてもらったあとは、
みんなで跳びました。
s_DSC_0299.jpg
みんなの番になった時、
ある男の子が手をぐるぐる回していたので、
池田がなわの回し手をお願いしました。
みんなが跳び終わるまで回してくれました。

授業が終わって、先生がお話しして下さったのですが、
昨年、本物の大なわでよく遊んでいた時期があったそうです。
『見えない大なわ』の活動の時、
ある男の子が、昨年のことを思い出して、
「今、大なわで遊んでいるんだ」と理解して、
見えないなわを跳んだようだということでした。
跳ぶ動きが、昨年と全く同じだったそうです。

附特の生徒さんは
“想像する”のが苦手なお子さんも多いそうです。
「わくわくタイム」の時間だけで何かが解決するのではなく、
子どもたちの普段の生活や他の経験があっての授業です。
演劇が持つ、想像や記憶を引き出す力で
彼らの発見や気付きに繋いでいけたらいいなと思います。


<おまけ>
中庭でぬいぐるみたちがひなたぼっこしてました。
s_DSC_0301.jpg
保健室の子どもたちの友達だそうです。
とても天気の良い日で、気持ちよさそうでした。

[2019/09/12 21:25] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
トラックバック
トラックバック URL
http://gkirarablog.blog25.fc2.com/tb.php/3256-c66e5a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
おしらせ

★新作情報★
出演者発表
詳細はこちら
熊本:2020年1月
福岡:2020年2月
東京:2020年4月
-続報お待ち下さい-

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する