FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
2018・きららの夏(夏のイベントのご紹介)
制作の古殿です。

このブログでも個別にご紹介してきましたが、
きらら、この夏も恒例の企画であちこちにお邪魔します。

各所で皆様にお会いしたく、
きららサイトトップページでも
「2018きららの夏~あっちにこっちに遊びに来てね~」と題して
まとめてご紹介させていただきました。
http://www.gkirara.com/

皆様の夏のご予定に加えていただけたら嬉しいです。
是非チェックして、ご家族やお友達とお出掛け下さい!

《 ご注意下さい! 》
参加条件がイベントにより異なります。
また、いずれも定員があり、
事前のお申し込みやチケットのご購入が必要です。
主催者サイトやチラシをよくご確認下さい。

= = = = = = = = = =
第41回 火の国まつり こどもおもしろおばけ屋敷
「台所のひみつ」

親子で楽しめるおばけ屋敷、
今年のテーマは「台所」です。
obake2018.jpg

いろんな料理が生まれる台所
でもあんまり好ききらいしてると
なかよくしてほしい材料たちが
夜中に とびだしてくるんだよ
食わずぎらいは おらんかい…?

・日程:7/26(木)~8/5(日) ※7/31(火)はお休み
・会場:熊本市現代美術館アートロフト
・詳細はこちら
http://gkirarablog.blog25.fc2.com/blog-entry-3077.html

= = = = = = = = = =
「行くぜ! 劇場探検隊2018
~舞台の裏は、たからじま~」

普段は入れない舞台の裏側をたからじまに見立てて
劇場の裏側をチームに分かれて探検します。
申込方法がチケット購入に変更になっています、ご注意下さい。

2018_tankentai-l.jpg

・日時:8/23(木) ①11:00 ②15:00
・会場:熊本県立劇場演劇ホール
・詳細はこちら
http://www.kengeki.or.jp/audienceperform/2018_tankentai

= = = = = = = = = =
演劇ワークショップ
「真夏の演劇チャレンジ」

「戯曲」「ダンス」「殺陣」「演技」の講座で学び、
最後には好きなジャンルを選んで
ホールのステージで小作品を発表します。

18八代ws_チラシ表

<講師陣>
戯曲:永山智行(劇団こふく劇場/宮崎)
ダンス:古家優里(プロジェクト大山/東京)
殺陣:伊藤 匠(真夜中ミサイル/熊本)
演技:池田美樹(劇団きらら/熊本)

・日程:8/25(土)・26(日) 両日とも10:00~17:30
・会場:八代市厚生会館
・詳細はこちら
http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0039031/index.html

[2018/06/29 18:49] | お知らせ | トラックバック(0) |
「真夏の演劇チャレンジ」今年も開催
制作の古殿です。

こちらも夏の恒例になりました、
八代市厚生会館さん主催の演劇ワークショップ、
「真夏の演劇チャレンジ」。

18八代ws_チラシ表

「戯曲」「ダンス」「殺陣」「演技」の講座で学び、
最後には好きなジャンルを選んで
ホールのステージで小作品を発表します。

昨年に続き、講師陣はこちら!
 ↓↓↓
■戯曲:永山智行さん(劇団こふく劇場/宮崎)
s永山智行
「せりふ」を書いてみます。
いやいや大丈夫です。
「せりふ」は話し言葉です。
つまり普段みなさんが耳にしているあれです。
誰にでも書けます。
そして書いてみるとそこからいろんな魔法が起きるのです。
お楽しみに。

■ダンス:古家優里さん(プロジェクト大山/東京)
s古家優里1DSC_0102
「目は口ほどにものを言う」と言いますが、
カラダもまた然り。
日常に転がる仕草も、普段やらない奇抜な動きも、
どれもカラダの表現、ダンスになってしまうのですよ!

■殺陣:伊藤 匠さん(真夜中ミサイル/熊本)
s伊藤匠さん(1)
スポーツ感覚でご参加ください。
演技は日常でも使えますが、
間違っても殺陣を日常に持ち込まないでください。

■演技:池田美樹(劇団きらら/熊本)
s池田美樹
発声・滑舌・演技の「入り口」を楽しく体験します。
いろんな声を出したり、台本や即興劇で遊んだりしながら、
自分の中の「おもしろ」をひっぱり出しましょう!


中学生以上の方であれば、演劇経験は問いません。
毎年、いろんな年齢の方がいらっしゃいます。
8月最後の土日、沢山のご参加お待ちしています。

= = = = = = = = = =
演劇ワークショップ「真夏の演劇チャレンジ」

・日程:2018年8月25日(土)~26日(日)
    両日とも10:00~17:30
・会場:八代市厚生会館
・対象:中学生以上で2日間とも参加できる方
・参加費:無料(要申込・定員あり)

◎詳細はこちら
八代市サイト
http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0039031/index.html

◎主催・お問い合わせ
八代市厚生会館
TEL:0965-32-3196 FAX:0965-32-6381

[2018/06/28 14:28] | お知らせ | トラックバック(0) |
池田美樹出演情報。
■池田美樹・出演情報■

池田美樹です。
本日6/27(水)「テレビタミン」@KKT (16:50~19:00) 
コメンテータとして出演します。

新幹線のシートとそっくりのツバメ柄ブラウスで参ります。

お時間ある方、是非☆

ツバメ

[2018/06/27 12:54] | 未分類 | トラックバック(0) |
「こどもおもしろおばけ屋敷」今年も開催
制作の古殿です。

ここ数年の夏の恒例イベントになりました、
「こどもおもしろおばけ屋敷」、今夏も開催いたします。
今年のテーマは「台所のひみつ」。
obake2018.jpg

今年も、構成・演出を池田美樹が担当、
装置は南無サンダーの安部将吾君が担当してくれます。

入場無料ですが、定員があり、
参加したい日の前日に電話での予約が必要です。
ご注意下さい。

今年の夏休みも、沢山の子どもたちと会えるのを
台所のおばけたちと一緒に楽しみにしています。

= = = = = = = = = =
第41回 火の国まつり こどもおもしろおばけ屋敷
「台所のひみつ」

いろんな料理が生まれる台所
でもあんまり好ききらいしてると
なかよくしてほしい材料たちが
夜中に とびだしてくるんだよ
食わずぎらいは おらんかい…?

■日程:2018年7月26日(木)~8月5日(日)
     7月31日(火)はお休み
■会場:熊本市現代美術館アートロフト

■入場無料・定員あり

■お申し込み方法
・参加したい日の前日に電話で予約して下さい。
・定員になり次第、受付を終了いたします。
 <受付専用番号 TEL:096-328-2944(10:00~12:00)>

※受付専用電話以外での申込みはできません。
※電話がつながりにくい状況が予想されます。あらかじめご了承下さい。

◎火の国まつりサイト
http://www.hinokunimatsuri.jp/

◎お問い合わせ
熊本市役所イベント推進課
TEL 096-328-2948(平日8:30~17:00)

主催:火の国まつり運営委員会・熊本市
共催:熊本市現代美術館(熊本市美術文化振興財団)
特別協賛:株式会社星山商店

[2018/06/26 19:00] | お知らせ | トラックバック(0) |
「行くぜ!劇場探検隊」今年も開催
制作の古殿です。

昨年、熊本県立劇場さん主催で行ない、
大変好評だったバックステージツアー
「行くぜ!劇場探検隊2018~舞台の裏は、たからじま~」が
今年も開催されます。

2018_tankentai-l.jpg

今回のチラシデザインを手掛けて下さったのは、
コーダ・ヨーコさん。
冒険につきものの古地図のような雰囲気の中に
劇場探検隊に登場する海賊と、
劇団員扮する隊長・参加者の皆さん扮する探検隊メンバーを
描いて下さいました。
ほのぼのタッチの中に、わくわくが見えるイラストです。
コーダさん、ありがとうございました!

◎コーダさんのサイトはこちら
http://www.artchannel.jp/


「劇場探検隊」では、
普段は入れない舞台の裏側をたからじまに見立てて
劇場の裏側をチームに分かれて探検します。

みんなで探検に出発!
80-DSC_0862.jpg

ステージ上から客席を見たところ。
80-DSC_1236.jpg

途中に海賊が登場!
78-DSC_1368.jpg

大迫体験。
80-DSC_1030.jpg

音響体験。
80-DSC_0917.jpg
他にも照明体験、奈落やフライギャラリーなど
普段はなかなか入れないところも探検します。

後半では劇鑑賞もあります。
80-DSC_1098.jpg
(以上の写真は昨年度の様子です。)

夏休み、親子で劇場の裏側を楽しく体験してみませんか?
チケットは7/14(土)から発売です。
ご来場お待ちしています。

= = = = = = = = = =
「行くぜ! 劇場探検隊2018~舞台の裏は、たからじま~」
構成・演出:池田美樹(劇団きらら)

・日時:2018年8月23日(木) ①11:00 ②15:00
・会場:熊本県立劇場演劇ホール
・参加対象:小学3~6年生とその保護者
・参加には事前のチケットご購入が必要です。
→7/14(土)チケット発売開始

◎詳細はこちら
熊本県立劇場「劇場探検隊」ページ
http://www.kengeki.or.jp/audienceperform/2018_tankentai

[2018/06/21 14:22] | お知らせ | トラックバック(0) |
宗 真樹子出演情報「七夕の日の朗読会」@北九州
制作の古殿です。

突然ですが、劇団きららは2008年・2010年の2回、
サン=テグジュペリ「星の王子さま」を原作にした舞台を
上演しました。

2010年版のチラシ↓
stage15821_1.jpg

王子さまを演じたのは宗さん。
1007littleprincephoto@kumamoto 028

1007littleprincephoto@kumamoto 061
(上2枚、2010年の公演より)

そのご縁で、北九州文学サロンの7月のイベント
「七夕の日の朗読会」に宗 真樹子が出演、
様々な声音で「星の王子さま」を朗読することになりました。
180618_宗さん朗読会_チラシ切り取り

「北九州文学サロン」は
北九州市小倉北区京町に昨年誕生した
北九州発信事業の拠点施設となる施設です。
文化情報の発信やイベントの開催を行っているそうです。
180618_宗さん朗読会_180707京町の七夕

ご興味ある方、サイトを覗いてみて下さい。
◎北九州文学サロンFBページ
https://www.facebook.com/BungakuSalon/

朗読で、何役も演じますし、
宗さんも、公演の写真のように、
金色の髪色で登場する訳にはいきませんが、
声での表現をお楽しみ下さい。

宗さんが出演する回は、
6/17(日)から募集が始まっています。
入場無料ですが、定員は先着20名ですので、
観覧ご希望の方はお早目にお申し込み下さい。
お待ちしています。


◎言葉で紡ぐ思い『京町の七夕』
「七夕の日の朗読会」

語り手:宗 真樹子(劇団きらら)
日時:2018年7月7日(土)14:00~15:00
会場:北九州文学サロン
対象:小学生以上(大人の方もOKです)
定員:先着20名
※入場無料ですが、お申し込みが必要です。

お問い合わせ・お申し込み先:
北九州文学サロン
北九州市小倉北区京町1-5-9
TEL:093-383-8610
(11:00~18:00/木曜は11:00~21:00)

◎北九州文学サロンのご紹介
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/26501103.html

[2018/06/19 23:23] | お知らせ | トラックバック(0) |
宗 真樹子も登場 ギンギラ太陽's天神開拓史@福岡駅その2
制作の古殿です。

現在テナント改装中の西鉄福岡(天神)駅・改札外コンコース。
そこにギンギラ太陽'sさんによる
「西鉄福岡(天神)駅天神開拓史」が展示されていること、
きららの宗も登場していること、
先日このブログでもお知らせしました。
http://gkirarablog.blog25.fc2.com/blog-entry-3072.html

後日、福岡に行く用事があり、
追加で写真を撮ってきたのでご紹介します。

スタート地点よりゴール地点方向をパシャリ。
180616_DSC_0032.jpg
全部は写しきれませんでした。
なかなか長い距離です。

バスになった宗さん。
180616_DSC_0015.jpg

初期の西鉄電車になった宗さん。
180616_DSC_0008.jpg

途中、かわいいイラストも挟みながら
天神&西鉄さんの歴史が続きます。
180616_DSC_0016.jpg

コンコースのリニューアルオープンのお知らせと
180616_DSC_0002.jpg

次回のライブ公演(詳細はこちら)の告知も。
180616_DSC_0003.jpg
(↑真ん中、飛行機になった宗さん。)

写真に登場する役者さんたちが被っている、
乗り物やビル・お菓子等のかぶりものは
すべてギンギラ太陽's主宰の大塚ムネトさんが
造っておられるそうです。
精工にできているかぶりもの、
それを身に着けて舞台で演じておられる役者さんたち、
どちらもすごいですね。

福岡の皆様、また福岡にお出掛け予定の皆様、
西鉄福岡(天神)駅に是非お立ち寄り下さい。

[2018/06/17 19:39] | お知らせ | トラックバック(0) |
iaku「粛々と運針」今週末公演
制作の古殿です。

iaku=「いあく」と読みます。
劇作家・演出家の横山拓也さんの演劇ユニットで、
関西を中心に、全国各地でご自身の作品を上演されています。

きららは「踊り場の女」からのお付き合い。
お忙しい中、熊本や福岡での公演にお越し下さるし、
「プープーソング」や「はたらいたさるの話」では
東京公演のチラシにコメントを寄せていただくなど
沢山パワーいただいています。

はたさる熊本の楽屋で。
http://gkirarablog.blog25.fc2.com/blog-entry-2768.html

まだ記憶に新しいプープー東京の横山さんコメント。
http://www.gkirara.com/next2.html#comment

熊本では「梨の礫の梨」と「人の気も知らないで」を上演されていて、
前回の福岡公演「流れんな」という作品が上演された時は
池田がアフタートークにお邪魔したりしました。

そんなiakuさんの4年ぶりの福岡公演が今週末、
6/15(金)~6/17(日)までぽんプラザホールで行われます。

作品は「粛々と運針」。
粛々と運針 flyer omote

きらら作品をお好きな方は、
横山さんの作品もご興味持っていただけると思います。
人物像や人間関係の設定が巧みで、
やり取りされる台詞も地に足着いていて、自然。
決して派手ではないのですが、
言葉の積み重ねから紡ぎ出される感情に
いつの間にかぐーっと気持ちを持って行かれて、
どの作品でもしっかり見応えを感じます。

特に「粛々と運針」は横山さんが新たな挑戦をされ、
新しい代表作として評判の作品です。
初演では、小さい会場で口コミで評判が広まり、連日満席、
再演を望む声がその時すでに上がっていたそうです。

せっかく福岡で公演されるのに観ない手はありません。
幸い、まだチケットもあるようです。 
きららの面々ももちろん観に行きます。
ご紹介が公演直前になり、申し訳ありません!
是非お出掛け下さい。

※ご興味ある方はこちらも是非お読み下さい。
最近の横山さんのご活躍の様子や創作に関するお話が載っています。
ゲキオシ・インタビュー
「新しい代表作ができた。
iaku 横山拓也に聞く『粛々と運針』にこめたもの。」
http://gekioshi.com/special/n0009/


= = = = =
◎「粛々と運針」福岡公演
作・演出:横山拓也

お前、いつからお母さんのこと「おふくろ」って呼んでんの。

日時:2018年6月15日(金)19:30
          16日(土)14:00/18:00
          17日(日)14:00

会場:ぽんプラザホール
   (福岡市博多区祇園町8-3)
    http://pomplazahall.jp/

チケット:一般予約:2,500円/当日:3,000円
      U-25(前売・当日共):2,000円
      高校生以下(前売・当日共):500円

★6/16(土)18:00公演終了後には
作・演出の横山さんと、土田英夫さん(MONO)、
川口大樹さん(万能グローブガラパゴスダイナモス)を
交えたアフタートークもあります。

◎詳細はこちら
http://www.iaku.jp/information/syukusyuku-tour2018
[2018/06/15 14:20] | お知らせ | トラックバック(0) |
宗 真樹子も登場 ギンギラ太陽's天神開拓史@福岡駅
制作の古殿です。

宗さん&ギンギラさんの話題が続きます。
西鉄福岡(天神)駅・改札外コンコースにあるテナント部分、
現在改装中で、その囲いの壁に
ギンギラ太陽'sさんのメンバーとともに
宗 真樹子もキャラクターに扮して登場しています。

「西鉄福岡(天神)駅天神開拓史」ということで
ギンギラさん公演ではお馴染みの天神キャラたちや
天神の歴史が展示されているそうです。

宗さん本人による写真レポート。
「天神開拓史スタート地点」
IMG_1901_2018061118355340a.jpg

「西鉄さん誕生!」
IMG_1899.jpg

「お馴染みの天神キャラ集合」
IMG_1898.jpg

SNS等でも沢山の写真がアップされていました。
皆さん楽しみにご覧になっているんですね。
秋のリニューアルオープンまで見られるとのこと。
天神にお出掛けの際は、是非お立ち寄り下さい!

[2018/06/11 18:40] | お知らせ | トラックバック(0) |
宗 真樹子出演 「ギンギラ新作短編祭」
制作の古殿です。

福岡のギンギラ太陽'sさんの人気イベント「ギンギラライブ」。
大好評で第4弾を迎える今回のライブ
「天神ビッグ・バン!バン!バン!bom.4」に
きららからも宗 真樹子が出演します。

タイトルにもある「天神ビックバン」。
天神地区に新たな空間と雇用を生み出そうという
福岡市の施策だそうです。

副題に「解体と共に去りぬ」とある通り、
ライブにも閉店解体予定の「天神コア」が登場するなど
ビックバンを受けて変化していく天神の街の様子が
タイムリーに描かれるようです。

福岡の街に詳しくない方でもご心配なく。
ギンギラさんの舞台は、建物や乗り物が
その歴史や特徴をもって見事にキャラクター化され、
見終わる頃にはちょっと福岡の街に詳しくなって、
街に愛着が湧いてくるような“モノ語り”なのです。
上記の天神コアは「乙女ビル」として、
ギンギラさんの舞台ではお馴染みみたいです。

開場時間には恒例の記念写真大会も開催、
上演前からわくわくが始まります。

チケットはお得なギンギラ特製缶バッジ付きで、
前売券のみの販売。
当日券はありませんのでご注意下さい!

特製缶バッジ↓↓↓
早速、乙女ビル天神コアさんが登場!
gingira_201808badge.jpg
あの映画風…お茶目なイラストですね。

宗はどんなキャラクターで出演するでしょうか?
どうぞお楽しみに。
皆様の夏のお出掛けの予定に是非加えて下さい。


◎ギンギラ太陽's+チケットぴあ協力企画
新作短編祭
「天神ビッグ・バン!バン!バン!bom.4
 ~解体と共に去りぬ~」

■日時:2018年8月27日(月)18:30/20:30
            28日(火)18:30/20:30

■会場:天神劇場
     (福岡市中央区天神3-7-13 TM-20ビル2階)

■料金:全席自由 3,000円(税込・特製缶バッジ付き)
※一般発売は6/23(土)午前10:00~

◎詳細はこちら
ギンギラ太陽'sサイト内公演情報ページ
http://www.gingira.com/event/index.html

◎お問い合わせ
天神劇場 TEL:092-725-2558

[2018/06/11 17:36] | お知らせ | トラックバック(0) |
佐吉祭 特設サイト更新
制作の古殿です。

きららも3月に「プープーソング」で参加いたしました、
「佐藤佐吉大演劇祭2018in北区」。
佐吉祭自体は閉幕してますが、
5月末に特設サイトが更新されました。
きららTwitterではご紹介しておりましたが、
ブログでのご紹介が遅くなり、申し訳ありません!

実行委員長・北川大輔さんのご挨拶をはじめ、
ダイジェストムービーや各団体の舞台写真などが追加され、
アーカイブが充実。
佐吉祭期間中の楽しさが蘇る内容です。
まとめて下さった佐吉祭スタッフの皆様に改めて感謝。

ダイジェストムービーには、
勿論きららの「プープーソング」もちらりと登場。
舞台写真もご紹介いただいています。
佐吉祭40日間の雰囲気を皆様と共有できたら嬉しいです。
よかったらご覧下さい。


◎「佐藤佐吉大演劇祭2018 in 北区」公式サイト
http://www.en-geki.com/sakichisai2018/
 ↑
アーカイブページに
映像や画像がまとめられています。


★是非観ていただきたい、その1。
「100秒でわかる佐藤佐吉大演劇祭2018in北区」
https://youtu.be/8Bt9niP9sjE

★是非観ていただきたい、その2。
「佐藤佐吉大演劇祭2018in北区」ダイジェスト
https://youtu.be/LDFpTTz26Us

[2018/06/11 16:17] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
上通演劇まつり「シアターガイド」掲載
制作の古殿です。

池田が総合演出をつとめ、
5/4(金)~6(日)に開催した「上通演劇まつり」について、
6/1(金)発売の演劇情報誌「シアターガイド」2018年7月号
「全国地域演劇情報」コーナーにて、
「渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉」とともに
ご紹介いただきました。

DSC_0071★

記事は「越境する力・熊本市現代美術館の取り組み」と題して、
〈映像演劇〉と演劇まつり、2つの企画の丁寧なレポートに加え、
現美さんの取り組みという視点からの考察が添えられています。
演劇まつりをご覧になった方はもちろん、ご覧いただけなかった方にも
演劇まつりの雰囲気が伝わる記事だと思います。
是非ご覧下さい。

見出しの写真は、アーケード劇場の様子。
まるぶん書店さんの看板が写り込んで熊本感が湧き出ています。
地元熊本はもちろん、
九州・全国の皆様に目にしていただけたら嬉しいです。

シアターガイドさん、
細やかな取材・丁寧な文章をありがとうございました。

シアターガイドは、
首都圏を中心に全国・海外まで演劇情報満載の月刊誌です。
熊本の書店でもお買い求めいただけます。
是非ご覧下さい。

◎上通演劇まつりFBページでもご紹介しました。
こちらをクリック
[2018/06/06 00:06] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
おしらせ

★参加者募集中★
演劇ワークショップ
「真夏の演劇チャレンジ」
詳細はこちら
2019年9月14日(土)~15(日)
@鏡文化センター

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する