FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
池田美樹演出 with a clink「半分恋人」稽古レポート2
制作の古殿です。

1/27(水)、先日に続き、
池田が演出するwith a clink「半分恋人」の
稽古場にお邪魔してきました。

座組み最後のピース・
濱砂さん(劇団こふく劇場/宮崎)がやって来てました。
3-DSC_0465.jpg
女優2人が演じる女友達同士の半生、
その人生の折々に登場するときめきエッセンス・
先生や先輩、友達の彼(どきっ!)などを
お一人で複数役演じておられます。

3人の間にできる三角形が
いろいろに形を変えていくのが面白いです。
3-DSC_0462.jpg

女子2人の表情もクルクルと変わります。
3-DSC_0452.jpg
帰国子女役の茜ちゃんが
英語でセリフを語る時はいきいきとしていて、
対する彩花ちゃんは
田舎出身の女の子を体当たりで演じています。

俳優さんが加わることで
演技も歌もコントラストがよりはっきりしてきました。
3-DSC_0443.jpg
あ、茜ちゃんの英語と彩花ちゃんの熊本弁、
そこに濱砂さんの都城弁が加わるのもクスッと楽しいです。

演出の池田美樹。
3-DSC_0476.jpg
キャスト以上に手指を動かし演出する時もあれば、
母のようにどっしり構えて見守る場面も。

沢山のかわいい歌に彩られた、
甘く楽しいだけではない女友達同士の半生。
3-DSC_0458.jpg
新境地かもだけどクリンクらしい、
2人の挑戦をお楽しみに。

いい顔。よい座組み。
3-DSC_0481.jpg
企画モノは一期一会。
今、このタイミングだからこその作品です。
ぜひ足をお運び下さい。


■ポペンク企画プレゼンツ
今回の公演は、with a clinkと大帝ポペの合同企画。
2劇団の公演が小休憩を挟んで続けて公演され、
お得なチケットもありますので、
この機会に是非、両方ご覧下さい!

◎with a clink 5周年企画第四弾「ARRANGE」~非日常~
 「半分恋人」(作:田坂哲郎 演出:池田美樹)
 出演:北村 茜・藤本彩花・濱砂崇浩(劇団こふく劇場)

◎大帝ポペ 第0回公演
 「ちりぢり」(作・演出 井上・F・ゴム)
 出演:寺川 長

■日時
1月29日(金)
※18:30〜OPイベント有り☆
19:00〜 大帝ポペ/20:30〜 with a clink

1月30日(土)
13:00〜 大帝ポペ/14:30〜 with a clink
※終演後 アフターイベント有り☆
18:30〜 大帝ポペ/20:00〜 with a clink

1月31日(日)
13:00〜 大帝ポペ/14:30〜 with a clink
16:30〜 大帝ポペ/18:00〜 with a clink

■チケット
クリンクorポペのみ 前売 1,600円
クリンク&ポペ 前売 2,800円
(当日はいずれも500円up)

■詳細は以下をご覧下さい。
◎with a clinkブログ
http://withaclink.jugem.jp/

◎大帝ポペブログ
http://blog.livedoor.jp/gomu072-popepe072/

◎ポペンク企画 情報&チケット予約ページ
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=68986

★公演期間、雨天の日もあるようです。
どうぞお足下お気を付けてお出掛け下さい。
防寒・温度調整のできる服装をおすすめします。

★会場には駐車場はありません。
近隣のコインパーキングをご利用下さい。
呉服町電停&バス停にも近いので
公共交通機関でのご来場もおすすめします。

[2016/01/28 11:51] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
池田美樹、きゅんきゅん演出中!
2016012618260000.jpg

池田美樹です。

写真→「俺がきららの鍵を握っているぜ~」

…とばかりに、
宮崎・こふく劇場の濱砂崇浩君がきらら滞在中。


なんでか。
今週末公演のwith a clink「半分恋人」出演とです。

作・田坂哲郎(非売れ)
演出・池田美樹(きらら)
出演・北村茜・藤本彩花・濱砂祟浩(こふく劇場)


with a clink5周年企画。
30男子が書き、50女が演出。
それを20代女子+濱砂君が演じます。


歌と物語で紡ぐ、
小学3年生からおばあさんになるまでの女子の半生。
ビシバシ刺さる、でも包む、そんな60分になりました。

昨日、制作・古殿万利子も書いてくれてましたが、
いやもう、きゅんきゅんすっですよ。
きゅんきゅん。


しかし、
まだまだかなり席に余裕あり(涙)

井上ゴム君+寺川長君が描く「ちりぢり」と二本立ての、お得な企画になってます。
是非ご検討下さい。


詳細はこちら→
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=68986



[2016/01/26 18:46] | 未分類 | トラックバック(0) |
池田演出 with a clink「半分恋人」稽古レポート
制作の古殿です。

2016年1月末、池田が演出を務める、
with a clink(ウィズ ア クリンク)の公演、
「半分恋人」があります。

1/24(日)、全国を10年に一度の大寒波が襲い、
九州・熊本も雪で覆われた日も稽古は行なわれ、
お邪魔してきました。

出演は、左:クリンク代表の北村 茜ちゃん、
右:藤本彩花ちゃん。
2-DSC_0434.jpg

本を書いたのは
非・売れ線系ビーナス(福岡)の田坂哲郎さん。
ご自身の劇団でもミュージカル作品を製作するなど
演劇に歌を取り込むのはお手のモノ。
本作ではクリンクのために曲もたくさん作られています。

演出は、写真右:劇団きららの池田美樹が担当。
2-DSC_0435.jpg
今回はクリンク5周年企画の第四弾、
作・演出を劇団外の人に依頼された企画で、
池田も関わらせていただくことになりました。

通しを拝見して、歌を歌う2人の女優さんを見ていると
なんだかニヤニヤしてしまいました。

パステル色のクリームで彩られた、
一見かわいいカップケーキを食べてみたら、
バタークリームみたいに結構どっかりきた、感じ。

かわいい歌声に包まれて、
女子の毒々しさというか、シュールさというかが詰まっているのが、
今までのクリンクにありそうでなかった感じで魅力的。
これが“劇団外の作・演出”のなせる業でしょうか。

2人が今まで見たことがない表情をする場面も多々あり、
興味深かったです。
2-DSC_0437.jpg
ここに、黒一点、劇団こふく劇場(宮崎)の
濱砂崇浩さんが加わります。
どんな化学反応が起きることやら。

通し後に1枚パチリといただきました、
女子3人トーテムポール!
何なんでしょうか、この可愛さは。
2-DSC_0439.jpg
が、今回の芝居は
かわいいだけじゃないクリンクが観られそうです。
どうぞお楽しみに!


■ポペンク企画プレゼンツ
今回の公演は、with a clinkと大帝ポペの合同企画。
2劇団の公演が小休憩を挟んで続けて公演され、
お得なチケットもありますので、
この機会に是非、両方ご覧下さい!

◎with a clink 5周年企画第四弾「ARRANGE」~非日常~
 「半分恋人」(作:田坂哲郎 演出:池田美樹)
 出演:北村 茜・藤本彩花・濱砂崇浩(劇団こふく劇場)

◎大帝ポペ 第0回公演
 「ちりぢり」(作・演出 井上・F・ゴム)
 出演:寺川 長

■日時
1月29日(金)
※18:30〜OPイベント有り☆
19:00〜 大帝ポペ/20:30〜 with a clink

1月30日(土)
13:00〜 大帝ポペ/14:30〜 with a clink
※終演後 アフターイベント有り☆
18:30〜 大帝ポペ/20:00〜 with a clink

1月31日(日)
13:00〜 大帝ポペ/14:30〜 with a clink
16:30〜 大帝ポペ/18:00〜 with a clink

■チケット
クリンクorポペのみ 前売 1,600円
クリンク&ポペ 前売 2,800円
(当日はいずれも500円up)

■詳細は以下をご覧下さい。
◎with a clinkブログ
http://withaclink.jugem.jp/

◎大帝ポペブログ
http://blog.livedoor.jp/gomu072-popepe072/

◎ポペンク企画 情報&チケット予約ページ
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=68986
[2016/01/26 17:52] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「ぼくの、おばさん」佐藤佐吉賞 脚本部門最優秀賞受賞
制作の古殿です。

先日、このブログでもお知らせしておりました、
「ぼくの、おばさん」の佐藤佐吉賞へのノミネートについて
http://gkirarablog.blog25.fc2.com/blog-entry-2540.html
1月18日(月)の王子小劇場・新年会にて
各部門の最優秀賞の発表がありました。

「ぼくの、おばさん」は
宗 真樹子が【主演女優賞】に、
池田美樹が【脚本賞】に、上演作品が【作品賞】に、
それぞれノミネートされていました。

結果は、池田美樹が脚本部門の最優秀賞を受賞しました。
ありがとうございました。

王子小劇場・芸術監督の北川さんと
受賞後の池田美樹。
1-IMG_20160118_221708-2.jpg

王子小劇場では2015年の1年間で
52団体、70演目の公演が行なわれたそうです。
小劇場を応援されている王子小劇場さんに
その中から注目していただき、
このような形で認めていただけたのは
劇団にとって本当に嬉しく、大きな励みになります。
本当にありがとうございました。

最優秀賞の発表はユーストリームで配信され、
発表と同時にツイートも流されていました。
九州の演劇関係の皆さん・演劇ファンの皆さんも
多数ご覧になっていたようです。
発表後、関連情報のリツイートや
池田やきららに対して「おめでとう」の声を多数いただきました。
これらの反応にもびっくりして、有り難くて、びっくりしました。
応援して下さった皆さん、
お祝いのメッセージを寄せて下さった皆さん、
本当にありがとうございました。

池田が王子小劇場からもらって帰ってきた賞状たち。
1-2016012017170001.jpg
最優秀賞を受賞した脚本部門だけでなく、
宗 真樹子が受賞した主演女優賞・優秀賞、
作品が受賞した作品賞・優秀賞の賞状です。

こうして応援して下さった皆様にご報告できるのが
とても嬉しいです。

今後も皆様に愛される作品を作りだしていけるよう
精進してまいります。
これからも劇団きららをよろしくお願いいたします。


◎王子小劇場・佐藤佐吉賞2015
結果・選評が紹介されています。
ぜひご覧下さい。
http://www.en-geki.com/project/sakichisyou/2015.html

また、九州の演劇情報サイトが
早速ニュースとして取り上げて下さいました。
FPAPさん、mola!さん、ありがとうございました。

◎FPAP
http://www.fpap.jp/cgi-bin/info/log/eid649.html
ぼくおば、ガムガムで福岡公演させていただいた、
ゆめアール大橋を管理されています。

◎FPAPTwitter
https://twitter.com/npo_fpap
発表後、すぐに速報としてツイートして下さいました。
ありがとうございました。

◎mola!(モーラ)
http://mola-k.com/news/2711/
イントロ公演がガムガム公演の情報、
池田単独インタビューなど
度々取り上げていただいています。
[2016/01/20 21:57] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「ぼくの、おばさん」北海道戯曲賞選評発表
制作の古殿です。

先日ご報告しておりました、
池田美樹作「ぼくの、おばさん」の北海道戯曲賞優秀賞受賞について
http://gkirarablog.blog25.fc2.com/blog-entry-2535.html
1/15(金)、審査員の方々の選評が発表されました。

作品を作れば批評はほしいものです。
まだまだ劇評を受ける機会の少ない熊本で活動する私たちが、
こんな風に、第一線で活躍されている劇作家の方々に
戯曲を読んでいただき、
「何か言ってもらえる」のはとても有り難いことです。
審査員の皆様、ありがとうございました。
以下にリンクをご紹介しますので、ぜひご覧下さい。

◎第2回 平成27年度希望の大地の戯曲
 「北海道戯曲賞」最終審査選評
http://hokkaido-butaijyuku.jp/news/20161015/

今回の優秀賞2作品(大賞なし)は3月に
戯曲集として発行される予定です。
発行された際にはきららブログでもご紹介したいと思います。
[2016/01/16 11:07] | お知らせ | トラックバック(0) |
熊本YMCA学院・児童福祉教育科 卒業発表会
制作の古殿です。

1/14(木)、熊本YMCA学院・児童福祉教育科・
17期生のみなさんが、間近に迫った卒業発表会に向けて
創作劇の練習をされる現場にお邪魔してきました。

1-DSC_0377.jpg
↑手前の後ろ姿が池田。

毎年、自分たちでテーマや内容を話し合って決め、
それに向けて準備を進められています。
創作劇は、台本から役者、音響・照明スタッフをはじめ、
衣装や小道具の製作、スケジュール管理など、
劇の創作まるごとすべて学生さんたちの手によるもの。

この日は最初の公演まで一週間を切っており、
小道具や装置もいろいろと登場、練習も佳境のようでした。

学生さんたちが演技や演出で気になっているシーンを
演じて見せて下さり、
池田がアドバイスさせていただきました。
1-DSC_0376.jpg
池田の意図をすぐに理解して、
自分の演技に落とし込んでいかれる学生さんたち。
自分の出番でない学生さんたちも一緒に見ていて、
役の性格と行動が合っているかとか、
仲間の動きをチェックしておられるようでした。

見ているだけでわくわくするような演出や
小道具、仕掛けも盛りだくさん!
1-DSC_0381.jpg
子ども向けの劇と思って侮れません。
大人も十分わくわくです!

最後にみんなでパチリ!
1-DSC_0384.jpg

学生さんたちの「もっと良くしたい!」という気持ちと
クラスのチームワークが如実に作品に表れ、
毎年、よい発表を見せていただいています。
今回も楽しみです。

入場無料だそうですので、ご興味ある方は、
ぜひ、お子さんやご友人とお出掛け下さい。

17期生のみなさん、練習お疲れ様でした。
体調に気を付けて、発表会がんばって下さい!


◎熊本YMCA学院 児童福祉教育科17期生
 卒業発表会

テーマ:「花」
演目:創作劇「花音(かのん)とドレミ村」
   男子演目「ソーラン節」
   全体ダンス「Shake It Off」
   合奏「RPG」(クレヨンしんちゃん映画主題歌)
   合唱「ひといきつきながら」

・日時
 2016年1月24日(日)13:00開場/13:30開演

・会場
 子ども文化会館4F くじらホール
 (熊本市中央区新町)

・入場無料!
 一般の方も入場できます。

・お問い合わせ
 熊本YMCA学院 児童福祉教育科
 TEL096-353-6393

◎熊本YMCA学院 児童福祉教育科ページ
http://www.kumamoto-ymca.or.jp/vocational/253.html

1-DSC_0348.jpg
[2016/01/14 23:23] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
ガムガム舞台写真館オープン
制作の古殿です。

昨年公演しました「ガムガムファイター」の
舞台写真を特設ページにオープンしました。

99DSC_0373.jpg

役者たちの表情を鮮やかに切り取っていただいています。
公演をご覧になった方には「ああ観たなぁ」と、
ご覧になっていない方にも
「こんな舞台だったんだなぁ」と、
いずれにしてもお楽しみいただけると思います。
是非ご覧下さい。

◎ガムガムファイター舞台写真
http://www.gkirara.com/next.html#jquery-cycle-l2
(←→をクリックして次の写真に進んだり、
戻ったりして下さい。)
[2016/01/13 20:37] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
池田美樹「FMKモーニンググローリー」出演
制作の古殿です。

1/11(月・祝)、代表の池田美樹が
ラジオ番組「FMKモーニンググローリー」の
ヒューマンラボのコーナーに出演させていただきました。

「ぼくの、おばさん」の北海道戯曲賞優秀賞受賞の話題から
最近の演劇活動や、今月末のwith a clink作品演出についてなど、
たっぷりお話させていただきました。

その様子を早速、番組ブログやポッドキャストに
アップして下さっています。
是非ご覧&お聴き下さい。

99DSC_0356.jpg
番組パーソナリティの松崎ひろゆきさん(写真右)は
実は役者さんでもあり、池田とも旧知の仲。
池田も楽しくお話させていただきました。

◎番組ブログ
http://blog.fmk.fm/glory/2016/01/post-6895.html

◎ポッドキャスト
http://blog.fmk.fm/blog/2016/01/fmk-morning-glory-604.html
[2016/01/11 14:34] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
池田美樹出演情報。
制作の古殿です。

1/11(月・祝)のラジオ番組「モーニンググローリー」@FMKに
池田美樹が出演させていただきます。
北海道戯曲賞優秀賞受賞のことなどお話します。

出演は10:00台を予定。
お時間ある方、是非お聴き下さい。

◎FMKモーニンググローリー
毎週月~木曜、7:30~10:34
パーソナリティは松崎ひろゆきさん。
http://fmk.fm/glory/

◎ラジオの聴き方
・FMK周波数… 熊本 77.4MHz
・インターネット環境でも聴くことができます。
 詳細はこちら→http://fmk.fm/listen/
[2016/01/10 23:16] | お知らせ | トラックバック(0) |
池田美樹出演情報。
池田美樹です。

本日1/6(水)「テレビタミン」@KKT (16:45~19:00) 

コメンテータとして出演します。

年末に買った、
「ジャージとスカートを縫い合わせただけ」(愉快発想!)
の、おもしろワンピースを着て行こうと思います。


お時間ある方、是非☆
[2016/01/06 12:43] | 未分類 | トラックバック(0) |
「ぼくの、おばさん」佐藤佐吉賞3部門ノミネート
制作の古殿です。

昨年の2015年4月、
きらら8年ぶりの東京公演を行なわせていただいた、
王子小劇場には、劇場の取り組みとして、
劇場で上演された全ての作品を対象に
優秀なものを部門別に表彰する「佐藤佐吉賞」があります。

毎年、大晦日の王子小劇場ユーストリームで
各賞にノミネートされた作品・団体・個人等が発表されます。
劇団きらら「ぼくの、おばさん」関係も3部門で優秀賞を受賞、
最優秀賞にノミネートされました。

大晦日の発表の段階でTwitterではお知らせしておりましたが、
王子小劇場ブログにてノミネート一覧が掲載されましたので、
きららブログでも、改めてご報告させていただきます。

【主演女優賞】
宗 真樹子

【脚本賞】
池田美樹「ぼくの、おばさん」

【作品賞】
劇団きらら「ぼくの、おばさん」(作・演出 池田美樹)


若手劇団を応援しているイメージの強い王子小劇場。
きららのような、地方とはいえ、中堅の経験を持つ私たちが
優秀賞を受賞させていただけることは大変恐縮ながらも、
とても嬉しく、また大変驚いています。

王子小劇場のスタッフの皆さんは
劇場で上演される作品すべてをご覧になっていて、
受賞作品を決定する会議では
みなさん白熱した討論をされるそうです。
沢山の作品に日々触れ、
目の肥えた感性豊かなスタッフさんたちに
各賞で選んでいただいたことは本当に嬉しいことです。

忘れてはならないのが、東京公演を誘って下さった、
劇団だるめしあんさんと、代表の坂本 鈴さんです。
きらら8年ぶりの上京となったぼくおば東京公演は
劇団だるめしあんのイントロ公演という企画で実現しました。
きららの新たなチャレンジのきっかけを作って下さったことに
改めて感謝します。ありがとうございました。

また、ぼくおば東京公演において
いろんな形で力を貸して下さった皆様、
なんらかのきっかけで、未見の私たちの公演を
観に来て下さった関東方面のお客様、
九州から応援して下さったお客様、
本当にありがとうございました。

なお、各賞の最優秀賞については
1/18(月)に行なわれる王子小劇場の新年会で発表、
併せて授賞式も行なわれるそうです。
緊張しますが、楽しみに発表を待ちたいと思います。


◎2015年佐藤佐吉賞ノミネート一覧
http://en-geki.blogspot.jp/2016/01/2015.html

◎王子小劇場-佐藤佐吉賞について
http://www.en-geki.com/project/index.html
[2016/01/05 16:27] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
あけましておめでとうございます
16きらら年賀状2
制作の古殿です。

あけましておめでとうございます。
2016年も劇団きららときららブログを
どうぞよろしくお願いいたします。

昨年は「上通演劇まつり」
「火の国まつり 子どもおばけ屋敷」など
熊本ににぎわいを作り出す活動に取り組んだほか、
池田美樹・作「ぼくの、おばさん」が
北海道戯曲賞優秀賞を受賞するなど、
30周年にふさわしい実りを残すことができました。
これまでの30年に感謝し、新しい1年を始めます。

今年もいろんなウキウキを皆様にお届けできるよう
がんばっていきたいと思います。
2016年が皆様にとって良い1年となりますように。
[2016/01/05 16:23] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
おしらせ

★参加者募集中★
演劇ワークショップ
「真夏の演劇チャレンジ」
詳細はこちら
2019年9月14日(土)~15(日)
@鏡文化センター

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する