FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
ガムガム チラシ写真館オープン!
制作の古殿です。

次回公演「ガムガムファイター」チラシ用に撮影した写真を
特設ページにて「チラシ写真館」として数点ご紹介しています。
いろんなバージョンを撮影してますので、
それぞれの役者の表情を楽しんで下さい。

こちらはチラシ裏面用に撮影したもの↓↓↓

71DSC_0465.jpg

採用にはなりませんでしたが、
ベッドの上に正座して一列に並んでいるのが
ちょっとヘンテコで可笑しくて、
これはこれでお話が生まれてきそうです。

◎チラシ写真館
http://www.gkirara.com/next.html#photo_mus
←→をクリックして見ることができます。
1枚ずつ、じっくりご覧下さい。

◎ガムガムファイター特設ページ
http://www.gkirara.com/next.html
☆熊本公演11/13(金)14:00公演は平日昼割でお得です。
 通常2,300円→平日昼割2,000円!
[2015/09/30 18:10] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/28 ガムガム稽古
制作の古殿です。

9/28(月)はガムガム稽古日、
まずは書き進められた本を読んでいきました。
71DSC_0349.jpg
稽古2回目とあってか、最初からそんなに緊張感はなく、
いい意味でほぐれた空気の中、稽古が進みました。

この日は役者5名が初めて全員揃いました。
客演の男性陣お二人、
有門正太郎さん(飛ぶ劇場)、寺川 長さん(大帝ポペ)。
71DSC_0352.jpg
きららに異文化を持ち込んでくれるであろうお二人、
女性陣との化学反応が楽しみです。
芝居の中で、稽古場の中で、今後のペア具合も楽しみです。

きらら女性陣、
オニムラルミ、宗 真樹子、池田美樹。
71DSC_0355.jpg
オニムラ&宗、
池田演出をがっっつり支えます。

本の新しい部分も大体了解したところで、
台本を持ったままの半立ち稽古に入りました。
71DSC_0363_20150930174238ed5.jpg
池田も役者さんの動きを見て、気付いたところで
どんどんイメージを伝えていきます。

有門さんと、
全く顔が見えていないのはルミさん。
71DSC_0392.jpg
チラシ表を飾る有門&オニムラペアも
物語の中で奇妙な2人組になっていきます。

宗さん、初稽古参加。
71DSC_0407.jpg
あの手この手で
芝居の空気をどんどんかき混ぜてくれました。

まだまだ出だしですが、楽しい座組みです。
引き続き、レポートお楽しみに。

≪おまけ≫
本日の宗 真樹子サービスショット。
71DSC_0359.jpg
写真中央、しっかり存在感をアピール。
カメラの視線を見逃しません。


◎ガムガムファイター特設ページ
http://www.gkirara.com/next.html
☆早速ちょこちょこご予約いただいております。
ありがとうございます!
1公演の座席数が多くないので、
ご希望の公演日時のご予約はお早目に。

sガムガムチラシ表
[2015/09/30 18:09] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
ガムガムファイター・稽古日記「はみだす。」
【ガムガム】

きらら新作「ガムガムファイター」稽古・2回目。
まだまだ試行錯誤のトンネルど真ん中ですが、
皆の「はみだし」のおかげで、いろいろ見えて来ました。


台本から「はみだす」演じ手さんはいいね。
紙に書かれた文章が「実在」になっていくのがありがたいおもしろい。


//////

写真は有門正太郎君(飛ぶ劇場)と寺川長君(大帝ポペ)。
初共演+大人男子。
「昭和の兄貴」のような正太郎君の距離の詰め方に
「正月のひとりっ子」のような照れを見せる寺川君。

今回、2人でほぼでずっぱり。
よかペアになって下さい(^^;)


20150929010158.jpg
[2015/09/29 11:30] | 未分類 | トラックバック(0) |
9/26 励徳小ワークショップ②
9/26(土)、励徳小ワークショップ続き。

この日もいろんなワークをして遊びました。

自己紹介ごっこ。
低学年の子に人気のあるワークでしたが、
高学年の子も思い切って出てきてやってくれました。
71DSC_0398.jpg
写真は唐揚げが好きと紹介してくれた男の子のチーム。
池田があっつい唐揚げをエアで渡すと
「あちっ」と言いながらはふはふ食べてくれました。

谷川俊太郎さんの詩から
「いるか」をみんなで読んでみました。
71DSC_0409.jpg
あつーい昼間の砂浜の様子、
静かで風がそよそよそよぐ夜の海の様子、
みんなで想像しながら読めたと思います。

探検隊。
崖の向こうに残されたメンバーを助けるため、
大きな木を切って、橋の代わりに渡しました。
その木を伝って渡っていく、最後のひとり。
枝や葉っぱをよけたり、跨いだりする様子を
丁寧に表現してくれました。
71DSC_0442.jpg
見守るお友達も
思わず身を乗り出しています。

子どもたちが自分もやりたい!と
たくさん手を挙げてくれました。嬉しかったです。
71DSC_0422.jpg
お友達と教室でいろんな探検に変えて
遊んで下さい。

おいしいの朗読の前に
おいしいものをみんなで食べてみました。
甘いものはチョコレート。すっぱいものはうめぼし。
先生方がうめぼしを食べて下さった時は
子どもたちも大注目。
71DSC_0450.jpg
先生方、ありがとうございました。

おいしい朗読。
朗読を始める前のしんとした瞬間に
小鳥のさえずりがまた聴こえてきて、
本当に物語の舞台の森の中のようでした。
素敵なシチュエーションで朗読させていただきました。
71DSC_0454.jpg
役者の顔の変化に子どもたちもくるくると表情を変えて
お話の中で起こっていることにちゃんと反応して
観て聴いてくれました。

この日はダンサーのLee(リー)君が来てくれて、
最後に曲に乗せて踊ってくれました。
71DSC_0460.jpg

71DSC_0457.jpg

踊り終えたLee君に池田がインタビュー。
71DSC_0462.jpg
「ダンスやってて良かったことは?」
「自分の気持ちを表現することができること。
つらい気持ちも表現できるし、
踊ることで楽しい気持ちに変えることもできます」

歌でもスポーツでも何でもいい。
学校の勉強以外にひとつでもいいから、
好きなことや熱中できることがあるといいと
Lee君が話してくれました。

最後に何人かが感想を発表してくれました。
71DSC_0468.jpg
演劇ワークショップでは
自己紹介ごっこが印象に残った子が多かったようです。
「想像力をたくさん使おうと思いました」と話してくれた子もいて、
とても嬉しかったです。

ただ、最後のLee君のダンスのインパクトにはかないません。
終わりのあいさつの後にはLee君の周りに人だかりができて、
即席でムーンウォーク教室が開かれていました。
5分足らずでマスターした子もいたそうです。すごい!

朝は涼しかったものの、
気温がちょっとずつあったかくなっていく中、
みんな最後までがんばってくれました。
励徳小のみなさん、お疲れ様でした。
ありがとうございました!
[2015/09/28 16:49] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/26 励徳小ワークショップ①
制作の古殿です。

9/26(土)、美里町にある励徳(れいとく)小学校に
演劇ワークショップに伺いました。

今秋のワークショップは毎回お天気に恵まれています。
この日もいいお天気。
緑豊かな景色が目を癒してくれます。
71DSC_0343.jpg

励徳小は
「日本一の石段」として有名な3,333段の御坂遊歩道や
同じく「日本一の石橋」として有名な霊台橋の近くにあります。
71DSC_0474.jpg


小学校に到着。
準備をしていると、小鳥のさえずりと蝉の鳴き声が
同時に聴こえてきました。
学校の裏手の景色、空気はひんやり。
71DSC_0361.jpg

運動場にはナイター設備などもあって
地域の方々も使われているようです。
71DSC_0363.jpg

体育館の入口では
卒業生の記念製作の作品に迎えられました。
71DSC_0369.jpg

立派な書に見守られ、
ワークショップ、スタートしました。
71DSC_0370.jpg

続く。
[2015/09/28 16:45] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
血沸き肉躍る。
池田美樹です。


ストリートダンサー・Lee。
きらら小学校WSに初参加、
WSのラストで踊ってもらいました。
なめらかな動きに皆釘付け。

終了後の即席ダンス講座にむらがるこどもたち。
数分でムーンウォークが出来るようになった男子も!


「やっぱダンスの吸引力は凄いなぁ…」と
羨ましくみつめる演劇人(^^;)


ファッションからね、
違いますね。

帽子あたりから、始めてみますか(-_☆)



WSの詳細は、後日古殿レポートで!


20150926114150.jpg

[2015/09/26 15:19] | 未分類 | トラックバック(0) |
9/24 木倉小ワークショップ③
9/24(木)の木倉小ワークショップ続き。

中庭にも遊具が沢山ありました。
70DSC_0411.jpg
木倉小は昔から教科体育に力を入れているのだそうです。
写真撮り損ねましたが、
玄関にはトロフィーや賞状がいっぱいありました。

図書室。
70DSC_0429.jpg
部屋の仕切りがなく、オープンな空間でした。
畳が敷いてあるところもあったりして、
明るくて気持ちよくて、のんびり読書ができそう。

図書室入口の手作り看板。
書いてある文字に注目↓↓↓
70DSC_0430.jpg
「にんじゃのように」という言葉が面白く、
文字の装飾がかわいかったです。

職員室から校長室の前の廊下には
地域の方から寄贈されたものが展示されていました。
昔の時計やお札↓↓↓
70DSC_0416.jpg

明治時代の教科書↓↓↓
70DSC_0417.jpg
今ではなかなか見ることのできない
貴重なものばかりでした。

そして、御船町と言えば
日本で初めて肉食恐竜の化石が発掘され、
日本有数の恐竜化石産出地として有名です。
すかさず恐竜博物館のカレンダー。
70DSC_0414.jpg

地域の方の手作りという恐竜柄の手毬!
70DSC_0422.jpg
恐竜君がぐるりと3体、縫い込まれてます。
よくできてます。

学校のあちこちに恐竜モチーフがありました。
70DSC_0433.jpg

校長先生や教頭先生がご案内して下さり、
木倉小に大変親しみを持つことができました。
お忙しい中、沢山のお話をありがとうございました。
[2015/09/26 01:15] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/24 木倉小ワークショップ②
9/24(木)、木倉小ワークショップ続き。

会場となる体育館では、
カラフルなお花の看板が迎えてくれました。
明るい気持ちになりますね。
70DSC_0410.jpg

卒業生の記念製作の校歌に見守られ、
木倉小のいきいき芸術体験教室がスタートしました。
70DSC_0348.jpg

対象は5・6年生だったのですが、
途中1・2年生も遊びに来てくれて、
魔法の大縄の時は体育館をめいっぱい使いました。
70DSC_0353.jpg
みんな縄の動きを見てうまく跳んでくれました。
見守る子たちの表情も真剣・集中。

自己紹介ごっこ。
自分の好きな食べ物をジェスチャーで表現してもらいますが、
お寿司やすき焼き、カレーにラーメン!
おいしそうなものが沢山出てきました。
70DSC_0354.jpg
お肉が好きと紹介してくれた子に
池田がエアで大きな骨付きのお肉を渡すと
滴るソースをぺろりと舐めて、大きくがぶりっ!
先生が流しそうめんをダイナミックにキャッチ!
発表してくれた人たちの表現が生き生きとしていて
観ている人たちにもすごく伝わっていました。

探検隊。
崖に掛かっていた一本橋が落ちてしまってピンチ!
仲間が一人、まだ残されているのです。
70DSC_0370.jpg
先に渡っていた子どもたちが考えて、
橋の代わりに木を切って押し倒してくれました。
これで最後の一人も向こうに渡れました。

即興劇。
弟役は5歳の設定。
姉役のぴっぴちゃんがあの手この手で連れ帰ろうとしますが、
花瓶を割った濡れ衣を着せられ、家に帰りません。
70DSC_0390.jpg
お小遣いで何か買ってあげるという姉に対して
「じゃあ、3DS」「ちょっと高いなぁ」「じゃあ、フェラーリ」「!」
5歳の子が、実際にしても小6の子が
フェラーリを欲しがるのが可笑しいというか、びっくりというか。
姉役のぴっぴちゃんも、見ていた池田も、完敗。
先生方も笑っておられました。
なんでフェラーリだったのか聞けば良かったです。

池田オリジナル劇「おいしい」朗読。
70DSC_0405.jpg
面白いシーンではニコニコと。
シリアスなシーンでは食い入るように見つめて。
劇の世界に入りこんで、
表情をくるくると変えながら観てくれました。

最後に6年生が感想を話してくれました。
70DSC_0408.jpg
「想像力を使って沢山遊べて楽しかった」と
言ってくれて、とても嬉しかったです。

木倉小のみなさん、暑い中お疲れ様でした。
また会いましょう!

[2015/09/26 01:12] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/24 木倉小ワークショップ①
制作の古殿です。

9/24(木)、連休明けのこの日は
御船町にある木倉(きのくら)小学校に
演劇ワークショップに伺いました。

前日まで降水確率50%だったとは思えない、
晴天に恵まれました。
70DSC_0345.jpg

道端に咲く彼岸花が秋の訪れを告げています。
70DSC_0344.jpg
1回の撮影では収まり切れないくらい、
辺り一帯に群生していました。
写真で実際の迫力をお伝えできず、残念。

周囲を山や田んぼに囲まれた地域に
木倉小学校がありました。
校門を入ってすぐのところにある、校庭。
70DSC_0435.jpg

校舎玄関までのアプローチにはお花がいっぱい。
70DSC_0439.jpg
どこからか金木犀の香りも漂って
ふんわりした気持ちになりました。

玄関を入ると、大きな切り株が出迎えてくれました。
70DSC_0420.jpg
昔、校庭に生えていたものなのだそうです。

つづく。
[2015/09/26 01:02] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
池田美樹出演情報。
池田美樹です。

本日9/23(水)「テレビタミン」@KKT (16:53~19:00) 
コメンテータとして出演します。
お時間ある方、是非☆

///////////////

最近買った「キツネのセーター」を初おろし。
実はKids用なんですが、
あまりに絵柄が気に入って。

なんとか入ります。
パツパツ感もチェックして下さい(^^;)


20150923102255.jpg
[2015/09/23 10:48] | 未分類 | トラックバック(0) |
9/17 老人ホーム縁 スタッフ研修
制作の古殿です。

9/17(木)、熊本市西区にある、
法人ホーム縁小島のスタッフさんの研修に伺いました。
7月に続き、2回目です。

前回も参加された方が笑顔で迎えて下さり、
再会の嬉しさで、こちらの緊張感もほぐれました。

まずはストレッチで心身を緩めます。
身体的・体力的にも大変な介護のお仕事、
時間をたっぷり使いました。
69DSC_0342.jpg
「風門に邪気が入って風邪」
「姿勢が悪いと内臓が下がってしまう」
「血流・リンパの流れを良くして自己免疫力アップ」
池田も含め、なにかと健康が気になるお年頃(失礼!)、
池田が余談で話す健康の話題には
みなさん「ほぉー」と興味を示されてました。

次に発声練習を行ないました。
写真のシーンは、ドライブ先の商店のおばちゃんに
「ごめんください」と呼びかけるという設定。
69DSC_0351.jpg
奥にいる、アシスタントの冨川君がおばちゃん役。
なかなか振り向いてくれないので、
「ごめんください」の声がどんどん大きくなっていきます。
みなさん笑いながらも、声を出して下さいました。

最後は「夢の話」。
池田オリジナルの詩を一行ずつ読んでいってもらいます。
69DSC_0355.jpg
途中、( )に自分で言葉を考えて入れる部分があり、
ウソでも本当でもいいので読んでもらいます。
「もっと身体が大きかったら、野球選手になりたかった」
「女優になって、いろんな人生を経験してみたい」

こんな人にはなりたくない。
10年後、50年後、どうなっているだろうか。
なんて、スケールの大きなことも考えますが、
さしあたり、今日のこと、今のこと。
「家に帰ってバッタリ寝たい」
「休みの前に心ゆくまでお酒を飲みたい」

できなかったことばかり頭の中をちらつきますが、
できたことももっと肯定してみて下さい、
という話をさせていただき、講座を終わりました。

普段は自分のことをそっちのけで
入居者のみなさんのことを気に掛けておられるみなさん。
せめてこういう時間は、ご自身とじっくり向き合ったり、
少しでもリラックスして下さっていたらいいなと思いました。

研修が終わると、みなさんすぐにご自分の持ち場へ。
その様子を拝見して、なんだか自分たちの方が
背中を押されたような気持になりました。
みなさん、お疲れ様でした。また会いましょう。
[2015/09/21 00:45] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/16 大畑小ワークショップ(おまけ)
9/16(水)、大畑小ワークショップのおまけ。

大畑小からの帰り、球磨川沿いに車を走らせました。
木々の間に見える川、橋がおわかりいただけるでしょうか。
68DSC_0453.jpg
球磨川は熊本県最大の一級河川。
最上川・富士川とならぶ日本三大急流のひとつです。
川下りやラフティングも体験できます。

遠目にもわかる白波の立つ川、
場所によっては水量もあり、流れも急です。
68DSC_0461.jpg
68DSC_0475.jpg

ダムの少し手前になると、
水面は静かで鏡のようにつるりとしていて、
川岸の風景が映り込んでいました。
68DSC_0507.jpg
68DSC_0511.jpg

八代に入って、コンビニでひと休みしていた時、
メンバーが虹を見付けました。
それも二重!
(写真ではわかりにくいですが、見えますか?)
68DSC_0529.jpg
カメラに収まり切れない大きさで、
足元までくっきり見える虹でした。
みんな疲れも吹き飛んで、
なんだかとてもいい気分で帰途に着きました。

みなさんも機会がありましたら、
ぜひ人吉方面、お出掛け下さい。
[2015/09/20 22:28] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/16 大畑小ワークショップ②
9/16(水)大畑小ワークショップの続き。

大畑小のいきいき芸術体験教室。
午前中は1~3年生、午後は4~6年生を対象に
演劇ワークショップを行ないました。
(以下の写真は午前午後ごちゃまぜでお届けします)

実は大畑小のご担当の先生は
学生時代、劇団きららの劇を観て下さっていたそうです。
「大ファンの劇団きららさんが来て下さって、
先生もとっても楽しみにしています」と紹介して下さり、
子どもたちや他の先生方は「へぇ~!」「ほぉ!」といった反応、
興味を持って下さったみたいです。

自己紹介の後、いろんな声で遊び、
大縄で思い切り身体を使って解放しました。
68DSC_0349.jpg
跳び終わって、列に並んでいた子が
お友達が跳んでいる時にその場でジャンプしてました。
大縄の時、自分の順番でなくても、
お友達が跳んでいるのを見ていると、
思わず身体がリズム取ってしまいますもんね。

自己紹介ごっこ。
今回も個性あふれる表現が飛び出しました。
フライパンを煽ってるしぐさをしたと思ったら、
掬ってパクリ!チャーハンでした。
手刀で切り分け、上部をすくい、フォークを刺してパクリ!
メロンでした。
卵を割っている表現が見事だった、卵かけごはん。

すごくかき混ぜて、お箸を持ちあげると
ねばーっと糸が引くのが見えます。
68DSC_0398.jpg
パクリ!正解は納豆でした。
どれもパクッと食べた時の表情がもうおいしそうで、
好き!おいしい!の気持ちがよく表れていて、
見ている側もよだれが出そうでした。

探検隊。
強い風の吹く崖の上の一本橋を、見事なバランス感覚―
“やじろべえ戦法”(この日、命名)で渡っていく探検家たち。
向こう岸では先に渡った仲間たちが待っています。
68DSC_0415.jpg
川を渡る際、行く手を遮るワニをエサでおびき寄せたり、
木の枝をナイフで削いで作った槍で向こうに追いやったりと、
今まで出たことがなかった方法も飛び出してびっくりしました。

即興劇。
先生にもご協力いただきました。
68DSC_0418.jpg
見事な5歳、弟役を演じて下さり、ありがとうございました。
子どもたちも、きっと普段と違う先生の姿を
興味津々で見ていました。

ぴっぴちゃん(森岡光さん・不思議少年)の
妹役を演じてくれた低学年の女の子。
68DSC_0385.jpg
小さくかがんでいるのは、
土管の中に隠れているからです。
役になり切ってくれて、花瓶を割った濡れ衣を着せられ、
お家に帰りたくない気持ちが身体中から感じられました。

「おいしい」の朗読劇、
みんな集中して聴いてくれました。
68DSC_0388.jpg
目で、耳で、身体全体で、
ぴっぴちゃんや池田の言葉や動きを
追いかけていました。

感想の発表の時には
沢山の子どもたちが手を挙げてくれて、びっくり。
嬉しかったです。
68DSC_0430.jpg

午後の最後、高学年のみんなと一緒に記念撮影をしました。
声を掛けてくれてありがとう!
68DSC_0432.jpg

低学年の子たちは、ひとつ話しはじめると、
思いつくことをどんどん言ってくれました。
高学年のみんなは、
前に出て発表するのはちょっと照れていたけれど、
いざ自分が当てられるとしっかり表現してくれました。
口に出さないだけで、低学年の子たちと同様に
発想は自分の中でどんどん膨らんでいたんだと思います。
その反応の軽やかさや豊かさを
ワークショップのいろんな場面で見せてくれました。

大畑小のみなさん、先生方、ありがとうございました。
またお会いしましょう!
[2015/09/20 22:25] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/16 大畑小ワークショップ①
制作の古殿です。

9/16(水)、人吉市の大畑(おこば)小学校に
演劇ワークショップで伺いました。
68DSC_0438.jpg
少し前までは、学校内の木に、
アオバズク(フクロウの仲間)がやってきていたそうです。
とても自然に近い場所にある小学校。

校門を入ると、運動場とは別に花壇と遊具のスペースが。
小さなお庭みたいでなんだかほのぼの。
68DSC_0342.jpg
昼休みには子どもたちが駆け回っていました。

玄関には二宮金次郎の像。
68DSC_0344.jpg
二宮さんの像は小学校の定番ですが、
この4頭身くらいの二宮さんは珍しいと思います。

玄関を中に入ると、卒業生の記念作品と
先生の手描きのメッセージに迎えていただきました。
68DSC_0345.jpg

おまけ。
お手洗いの前にあった掲示。
68DSC_0389.jpg
トイレスリッパを使用後に揃えるためと思いますが、
語呂の良さと、「ぱ」の音の気持ちよさで
口に出して言いたくなります。

つづく。
[2015/09/20 22:21] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/12 ガムガム初稽古(おまけ)
9/12(土)、ガムガムファイター初稽古の
おまけレポート。

池田の発案で稽古終わりにみんなで食事へ。
打ち入りみたいなものでしょうか。
みんな、ご飯おあずけ状態でパチリ。
68DSC_0543.jpg
撮影タイムの後、
ご飯美味しくいただきました。
[2015/09/15 00:28] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/12 ガムガム初稽古
制作の古殿です。

9/12(土)は新作「ガムガムファイター」の
稽古初日でした。

まずは読み合わせ。
68DSC_0506.jpg
軽い緊張感が漂っていましたが、
進むにつれて和やかな雰囲気に。
池田は演出プランや話の流れの説明を加えたり、
役者も読みをいろいろ試したりしながら、
みんなで作品の世界観を共有していきました。

後半は半立ち稽古。

チラシ表の2人。
有門正太郎さん(飛ぶ劇場)とオニムラルミ。
68DSC_0542.jpg

客演のお2人。
きらら二度目の出演・寺川 長君(大帝ポペ)と
有門正太郎さん。
68DSC_0527.jpg
客演さんはおいおいご紹介させて下さい。

一番右は、演出補・北村 茜ちゃん(with a clink)。
68DSC_0534.jpg
今回もお世話になります。

役者さんに実際セリフを口に出して音にしてもらったり、
立って動いてもらったりして、
池田も作品の具体的なイメージを膨らませていたようです。
68DSC_0524.jpg
書き進めたり、書き換えたり、
どんなセリフが出てくるか楽しみです。

今後も稽古レポートお伝えしていきたいと思います。
お楽しみに。


◎ガムガムファイター特設ページ
http://www.gkirara.com/next.html
☆早速ちょこちょこご予約いただいております。
ありがとうございます!
1公演の座席数が多くないので、
ご希望の公演日時のご予約はお早目に。
[2015/09/15 00:26] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/11 岩野小ワークショップ②
9/11(金)、岩野小ワークショップ続き。

岩野小は全校生徒83名。
午前中は4~6年生、午後は1~3年生の
いきいき芸術体験教室を行ないました。
(写真は午前午後分けずにご紹介します)

最初のあいさつの時から、みんなとにかく元気!
よく笑うし、ノリもよい。
発声練習なども面白がって挑戦してくれました。
指示していない身振り手振りも、
役者を見て自然にマネしてくれる子もたくさんいました。

見えない長縄も積極的に跳んでくれました。
3年生すごいジャンプ!
68DSC_0427.jpg

自己紹介ごっこ。
今日呼んでほしい自分の名前を紹介した後、
ジェスチャーで好きな食べ物を紹介、
見ているみんなに当ててもらいます。
68DSC_0395.jpg
ピザや回転寿司、ソフトクリームや焼き肉などなど
美味しいものがたくさん出てきました。
そして、みんな食べるジェスチャーが上手!
熱々ピザのチーズがとろけるのが見えるし、
アイスキャンディーを袋から出して、
ペロッと舐めてるのもおいしそうでした。
ちゃーんと食べるものを思い浮かべることができているんですね。

こちらは探検隊。
崖の上の一本橋を渡りますが、
真ん中ですごい突風にあおられます。
ひゅうぅぅぅ~
68DSC_0402.jpg
うまくバランスを取りながら進んでくれました。
手前と向こうでは、仲間たちが橋を押さえてくれています。

子どもたちがどのゲームにも興味を持ってくれて、
池田が「やってみたい人!」と聞くと
手が挙がらないことがなかったです。
68DSC_0466.jpg

低学年の探検隊で、
みんなで沼地を進んでいた時のことです。
渉君(不思議少年)が沼地にはまってしまったところ、
みんながドドドドッと寄って行って、沼から引きずり出し、
岸まで引っ張って行ってくれました。
68DSC_0473.jpg
沼地なので、足元はぬかるんでいる設定で、
普通に走ったり歩いたりはできないお約束。
でも「渉君を助けなきゃ!」という気持ちが先に立ち、
みんな駆け寄って行ったんだと思います。

子どもたちの優しさと、
頭より先に身体が動く生きものの本能みたいなものを
感じました。

発声練習の時の表情や
自己紹介ごっこの時の食べ物の表現など
感覚的なことが一人ひとり、とても個性的で豊かでした。
一緒に活動していて、私たちの方が驚かされました。

岩野小のみなさん、暑い中、長時間お疲れ様でした。
ありがとうございました!
[2015/09/14 22:44] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/11 岩野小ワークショップ①
制作の古殿です。

9/11(金)、いきいき芸術体験教室で
水上村にある岩野小に伺いました。

豊かな水と大地に囲まれた水上村。
当日は幸いお天気に恵まれ、
移動中にも空や山川、田畑の緑に癒されました。
68DSC_0492.jpg

稲がさわさわと風に揺れる様子にも心和みます。
68DSC_0381.jpg

岩野小学校の校門。
農業が盛んな地区らしく、交通安全にも「とまと」が活躍。
68DSC_0481.jpg
「とまれ/まつ/とびださない」
覚えやすくて良いですね。

木をふんだんに使った校舎が景観に馴染んでいて、
中で過ごすのも気持ち良かったです。
68DSC_0477.jpg

つづく。
[2015/09/14 22:43] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「ガムガムファイター」ポスター掲示中!
制作の古殿です。

「ガムガムファイター」ポスターを
熊本市内のコミュニティボードで掲示中です。
どーん!
67DSC_0391.jpg

チラシの質感や雰囲気は大事にしつつ、
紙質や大きさ(A3サイズ)もあってか、
迫力ある画面に仕上がりました。
見かけられた時は是非チェックお願いします。

◎ガムガムファイター特設ページ
http://www.gkirara.com/next.html
☆熊本公演11/13(金)14:00公演は平日昼割でお得です。
 通常2,300円→平日昼割2,000円!
[2015/09/09 12:04] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「真夏の演劇チャレンジ!挑戦版」2日目③
「真夏の演劇チャレンジ!挑戦版」2日目つづき。

三番手は亀井チーム。

2人の姉や母親に、自宅の掃除や中華料理屋の仕込みを命じられ、
杉山君と花火を見に行けないしずくは、
自分を世界で一番不幸な娘だとふれくされていました。
そんなしずくの元に、“暴食”“色欲”“強欲”などの
名前のついた箱が届けられます。
67DSC_1029.jpg

箱のおかげで、スマホを手に入れたり、美味しいものを食べたり、
次々に自分ののぞみを叶えていくしずく。
67DSC_1050.jpg
しかし、二度、三度に分けて届けられる、
“憤怒”“怠惰”“嫉妬”“傲慢”などの箱により、
思い通りにいかなくなり、感情を乱されていきます。

混乱がピークに達したと思った瞬間、気が付くと
それまでの出来事は夢でした。
起こされた時には花火大会はすでに終わっていましたが、
しずくは手持ち花火を家族と一緒に楽しむのでした。
67DSC_1088.jpg
お題の七つの大罪をラップのリズムに乗せて登場させるなど、
亀井さん持参の音響機材が大活躍。
歌詞も内容が多く、ダンスもバリエーション豊かで、
短時間によくまとまっていた分、
2日間で仕上げたとは思えないボリュームがありました。
それに喰いついていった、参加者のみなさんのガッツに拍手です。


トリは池田チーム。
タイトルは「ゴムゴムジャンパー」

12歳・16歳・40歳、3人は“ジャンピング・ガールズ”。
先輩・試験・健康診断の結果、自分たちも怖いものが沢山。
宿題終わらない・痩せない・日本の将来は大丈夫?などなど
世の中の人たちにも怖いものは尽きない。
けれど、ジャンピングガールズは、
ひとつひとつ、ゴム跳びで吹き飛ばしていきます。
67DSC_0683.jpg

この世の中にはわからないことも沢山。
お化粧?若作り?テストは何のため?
67DSC_1107.jpg

自分も他人もぐるぐる悩み、もやもやは消えないけれど、
そんな時こそ特大ゴムゴム。
67DSC_1118.jpg
全部まとめて大きく吹き飛ばしたら、
花火がポンポーンと上がりました。
花火が弾ける一瞬にパッと明るく照らされる3人の顔は
とても晴れやかでした。

大串君のチームと対称的に女の子ばかりのチーム。
彼女たちの年の差をキーワードに作品が生まれたそうです。
ゴム縄跳びをモチーフに使うとは
女子のみチーム&女子演出家の池田ならでは。
最後に登場した特大ゴムゴムが意表を突いて、効果的でした。


今年も4者4様の作品が出来上がりました。
67DSC_1131.jpg
田坂さん曰く「毎年、演出家の意地の張り合い」ですが、
それだけ小劇場にはいろいろな嗜好があるということ。
参加者のみなさんには、これからも
いろんなお芝居を観に行ったり、体験したりしてほしいです。

時間と会場を贅沢に使わせていただける、
こんな企画は他にはなかなかありません。
八代市厚生会館のスタッフの皆様、
照明などわがまま聞いていただいた技術スタッフの皆様、
本当にありがとうございました。

参加者のみなさん、2日間お疲れ様でした。
ありがとうございました。
また、いろんなところでお会いできますように!
67DSC_1136.jpg
[2015/09/04 12:43] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「真夏の演劇チャレンジ!挑戦版」2日目②
「真夏の演劇チャレンジ!挑戦版」2日目つづき。

各チーム、限られた時間で突貫リハーサルを行ない、
休む間もなく、いよいよ発表の時間となりました。
参加者のご家族など見学の方もご来場もありました、
ありがとうございました。
発表順は館長さんにくじ引きしてもらい、決定しました。

トップバッターは、田坂チーム。
タイトルは「世界で一番連絡取らない」

♪限界集落 若者いなぁい~ 過疎化!過疎化!
 なんとかしないと廃村!
盆踊りの歌詞からして、
寂れ具合が伺える村に住む姉妹が主人公。
67DSC_0735.jpg

村でOLになった姉と、アイドル目指して村を出た妹。
長らく連絡を取っていなかった2人が
ばったりイタリアで出会います。
67DSC_0756.jpg

イタリアで見る花火は、幼い頃、一緒に出掛けた夏祭りを
2人に思い出させるのでした。
67DSC_0760.jpg
偶然にも一人っ子が一人もいなかった田坂チーム。
それぞれに兄弟/姉妹の思い出を語ってもらい、
話を聞いた別の人が演じる手法で物語のピースを作っていきました。
一見バラバラに見えていたワークとシーンが
見事にひとつに繋がったのは
演劇の懐の深さと田坂マジックによるものだと思います。
音響や照明に頼らないシンプルな舞台が
逆にセリフと人物関係を際立たせ、観る側を集中させてくれました。


二番手は、大串チーム。
タイトルは「JKの乱」

メンバーは江津湖近辺見回り隊。
67DSC_0920-2.jpg
ポーズ、決まってます。

長官=館長からの命を受け、
JK=女子高生に危害を加える悪者を取り締まるべく、
パトロールに出掛けます。
67DSC_0933.jpg

しかし、悪者は実は身内に存在していました。
JK=ジョーカーとジャイアントかぶとむし、
2人がJKの乱の首謀者で、見回り隊に入り込んでいたのでした。
67DSC_0945.jpg
見回り隊は2人のJKに立ち向かい、
見事、江津湖の平和を守り抜きました。

傘を使った決めポーズ、
館長に影マイクで長官のセリフを読んでもらったり、
パトロールと称して客席に下りるなど、
短い時間の中に楽しい演出が盛り沢山。
使用した楽曲のリズムに乗せた動きの演出も効果的でした。
何より男子5人がいきいきと楽しそうで、かっこよかったです。

つづく。
[2015/09/04 12:39] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「真夏の演劇チャレンジ!挑戦版」2日目①
制作の古殿です。

八代市厚生会館主催・演劇ワークショップ
「真夏の演劇チャレンジ!挑戦版」2日目のレポート。

8/30(日)も、雨が降ったり止んだりのお天気。
67DSC_0607.jpg

前日に続いて、
全館ワークショップのための貸切状態。
67DSC_0726.jpg

午後からは発表会に備えて、
ワークショップの看板も正面に掲示されていました。
67DSC_0728.jpg
厚生会館さん、
いろいろなご配慮ありがとうございました。

さて、2日目はリハーサルと発表が行われるため、
稽古の時間は実はそんなにありません。
各チームの稽古部屋を覗いてみました。

亀井チーム。
67DSC_0633.jpg
アシスタントの小松野さんを中心に、
振りの練習に余念がない様子。
音楽も絶えずかかっていて、
歌と振りを身体に落とし込んでいる感じでしょうか。

田坂チーム。
67DSC_0623.jpg
ゆっくり動いたり、右手だけを動かしたりと
音楽のカウントで身体を動かしていくワークが
条件を変えて続けられていました。
ワークのバージョンの多さは4チーム中、一番。

大串チーム。
67DSC_0656.jpg
1日目に芝居の流れはできていたそうで、
セリフの稽古に入っていました。
台本は、大串さんが前日の稽古の様子を見て、
一晩で書き上げてきたものです。
いつの間にか輪に加わっている館長さん(写真左)、
芝居の中で重要な役を担うことになりました。

池田チーム。
67DSC_0647.jpg
真っ先にリハーサルを終えて、
逆にまとまった時間が取れていたようです。
3人が同じことを繰り返すシーンがいくつかあるので、
意味合いの違うシーンに転換する時の
切り替えの表現に苦心していました。
しかし、女子特有のにぎにぎしさは健在。

つづく。
[2015/09/04 12:34] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「真夏の演劇チャレンジ!挑戦版」1日目②
八代市厚生会館・演劇ワークショップ
「真夏の演劇チャレンジ!挑戦版」1日目のつづき。

池田チーム。
お題は「花火・出世/希望」。
自己紹介やストレッチなどで身心ほぐした後、
なにやら女子的作業が始まっていました。
67DSC_0447.jpg
ゴム跳びのゴムを編んでいるようです。
女子ばっかり3人のチームならでは、
そして演出家4人中、唯一女子の池田ならではの発想。

「♪いーろーはーにーこんぺいとう!
うーえか、しーたか、真ん中か!?」
ゴム跳びの調子のいい囃子文句がそのままセリフになり、
実際ゴム跳びのシーンも作られていきました。
67DSC_0461.jpg

亀井チーム。
お題は「花火・出世/七つの大罪」。
亀井さんは昨年に続き、ミュージカル路線。
お題から連想するものをメンバーから聞き出して、
物語の大筋を作り、続けて作詞作業に入っていました。
67DSC_0410.jpg

既存の楽曲の替え歌にすることで歌ができると、
シーン作り。
67DSC_0555.jpg

ミュージカルなので、ダンスもあります。
アシスタントの小松野さんの指導のもと、
ステップの練習をする受講生のみなさん。
67DSC_0567.jpg

田坂チーム。
お題は「花火・出世/兄弟」。
お部屋に伺ってみると、なんとカードゲーム!中。
67DSC_0411.jpg
ええ?これが演劇のワークショップ!?と思いきや、
ゲームを通してメンバーのコミュニケーションを取ったり、
性格や嗜好を知るヒントにされていたようです。

一人にお題についての話をしてもらい、
それを聞いていた他のメンバーが演じているところ。
67DSC_0479.jpg

みんなで盆踊り。
67DSC_0532.jpg

一見、バラバラなことをしているようですが、
どう繋がっていくのか楽しみです。
67DSC_0590.jpg

大串チーム。
お題は「花火・出世/JK」。
今年は男子ばかり3名のチームで、大串さん、
最初に「喋って動いてカロリー使っていきます!」と宣言。
宣言通り、最初から頭と体力を使うワークをみっちり。
67DSC_0416.jpg

橋のワーク。
気合いと大声で勝負が決まります。
67DSC_0436.jpg
体力の要るワークが続き、
男子とはいえ身体的にはきつかっただろうと思いますが、
みなさん、なぜか笑顔。

後半には今回の作品のストーリーも固まってきた模様。
67DSC_0515.jpg

小道具も登場してきました。
67DSC_0496.jpg
大串さんの熱血指導で、
男子同士、結束力が生まれてきたようです。


/////
1日目終了前には、演出家・受講生全員が
またステージに集まりました。
67DSC_0600.jpg
解散のあいさつをしてからも、
各チームで熱心にお話が続いていました。

2日目に続きます。
[2015/09/04 12:25] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「真夏の演劇チャレンジ!挑戦版」1日目①
制作の古殿です。

8/29(土)30(日)の2日間、八代市厚生会館にて
演劇ワークショップ「真夏の演劇チャレンジ!挑戦版」が
行なわれました。
先日、池田目線のレポートがアップされてますが、
改めて2日間の内容をご紹介したいと思います。

挑戦版は、4人の演出家のもと、
2日間でお題決め、作劇から発表まで行なう、
というワークショップです。

4人の演出家は、
・池田美樹(劇団きらら)
・亀井純太郎さん(第七インターチェンジ/熊本)
・田坂哲郎さん(非・売れ線系ビーナス/福岡)
・大串到生さん(WET BLANKET・ZIG.ZAG.BITE/福岡)
同じ顔ぶれで、今年で3回目を迎えます。

福岡組の田坂さん・大串さんは
前日から熊本入りして下さいました。
打合せ後、上通アーケードの真ん中でパチリ。
67DSC_0396.jpg
それぞれ気合入ってます。

1日目、当日は曇ったり雨が降ったりのぐずついたお天気。
朝、熊本市内から車で八代に向かいました。
八代に近づくにつれて、田んぼの緑が目に優しく映ります。
67DSC_0398.jpg

厚生会館に到着。
ホールの催し物欄に演劇ワークショップの記載。
そう!ワークショップでホールを使わせていただける、
贅沢な企画なのです。
67DSC_0401.jpg
指差しの手はアシスタントで入ってくれた、
トミーこと冨川優君の手。

参加者も集合し、館長さんのごあいさつから、
いよいよワークショップがスタートしました。
67DSC_0402.jpg

演出家やアシスタントが自己紹介させていただいた後、
お題決めに入りました。
このワークショップは、昨年から三題噺形式で
各チームの作品のテーマを決めています。

まず、演出家4人がそれぞれ単語を1つ考えてきました。
・池田→花火
・亀井→出世
・田坂→ヒント
・大串→かぶとむし
この中から館長さんにくじ引きしてもらい、選ばれたのが
「花火」「出世」
→この2つが4チームに【共通のお題】になります。

次に、参加者の方に単語を1つずつ書いてもらい、
その中から演出家が1つずつくじ引きし、選ばれたのが
・池田→希望
・亀井→七つの大罪
・田坂→兄弟
・大串→JK
→これがチーム【個別のお題】になります。

67DSC_0405.jpg
共通の2つのテーマと個別のテーマ、
これらの3つのお題から
各チームそれぞれに作品を作ってもらいます。

お題が決まったところで、
早速、チームごとにお部屋に分かれて、
ワークショップがスタートしました。

つづく。
[2015/09/04 12:18] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
八代厚生会館「真夏の演劇チャレンジ・挑戦版」
池田美樹です。

八代厚生会館「真夏の演劇チャレンジ・挑戦版」・3年目。
別途、「制作・古殿のWSレポート」掲載予定ですが、
ここは演出・池田目線での記録をざざっと。

毎年ながら緊張と発見の2日間でした。
2日間でつくったものを大ホールで上演。
無茶と思いながら、 毎回「ほぇぇ」というものが仕上がる。

しかも毎年「前回と似てる」ものが一作もない。
演出4人の〈今、興味あること〉+参加者の方々の〈どんなことでも挑戦したい〉が、
本番にこぎつける原動力になるんだなぁと改めて感じました。

以下、ざざっと内容→

◆大串到生(WET BLANKET)チーム
男子ばかりの5人芝居。ビニール傘の乱舞。
花火に乗じてJKを狙う悪の組織と戦う男子たち。
バカバカしくて一生懸命で、最高におもしろかったです。

◆田坂哲郎(非売れ線系ビーナス)チーム
聞き取りを重ね、 「他者の経験を演じてみる」作業を繰り返して作劇。
2つの姉妹の物語が交錯、音響も小道具も使わない見立て芝居。
唸りました。

◆亀井純太郎(第七インターチェンジ)チーム
膨大なDJ機材を持ち込んで大音量でガンガン進行。
オリジナル曲、ダンス、ラップで女子高生の心の中の「7つの大罪」をダークに表現。
亀井君の「旬の興味」が如実に現れててほくそ笑みました。

◆池田美樹(きらら)チーム
タイトルは「ゴムゴム・ジャンパー」。
12歳・16歳・40歳という絶妙な3人が、ゴム繩を駆使して跳ね回る15分。
各世代の思う「こわいもの」を、ゴムの引力に載せてぶっ飛ばすお話です。

今年の個人的なテーマは「台本を作らないで作劇」。
ゲームと即興を重ね、皆の「生の言葉」で構成しました。
自分から出た言葉は忘れない・崩れない。
ほんと、崩れない。
最初の半日は身がすくむほど緊張したけど、
途中からかなり楽しい…っていうか、燃えました。
出演+稽古サポートしてくれた松本麻衣子ちゃん(あったかハートふれあい劇団)ほんっと、ありがとうでした☆


とにかく、毎年、全館開放・全面協力して下さる八代厚生会館の皆さんに心から感謝です。
「常連参加者」の方々も増えて来ました。
来夏また、皆さんとお会い出来ますように!

20150830145140.jpg

「ゴムゴム・ジャンパー」トリオ。
たまらんかわいさでしょ?

62DSC_0430.jpg

昨年の熱気を写し取った今年のポスター。
[2015/09/02 01:32] | 未分類 | トラックバック(0) |
おしらせ

★参加者募集中★
演劇ワークショップ
「真夏の演劇チャレンジ」
詳細はこちら
2019年9月14日(土)~15(日)
@鏡文化センター

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する