FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
おばけ屋敷・2日目。
池田美樹です。


火の国まつりこどもおばけ屋敷、2日目☆
初日の昨日は、嬉しい「絶叫しぐれ」を浴びました(^^;)


んでもって早速バージョンアップ。
朝から更に仕込みます。
きょうも存分叫んでもらえるよう、皆で頑張ります!


IMG_9771.jpg

写真…こんな人たちがお待ちしてます。


///////////////
おばけ屋敷、今年は前日予約制!

http://www.hinokunimatsuri.jp/contents.cfm?id=555
[2015/07/31 09:10] | 未分類 | トラックバック(0) |
こどもおばけ屋敷 開幕しました
制作の古殿です。

星山商店特別協賛 火の国まつり こどもおばけ屋敷
「子ども部屋のひみつ」、
いよいよ7/30(木)からスタートしました。

小さなお子さんから、お兄ちゃん・お姉ちゃん、お母様、
お友達同士、ご家族で、などなど
たくさんのご来場をありがとうございました。
怖がっていただいたり、楽しんでいただいたり、
感想を話していって下さる小さなお客様たちも。
本当にありがとうございます。

また一方で、たくさんのお電話をいただくたために、
お電話がつながるに至らず、
ご予約いただけなかったお客様もいらっしゃいます。
せっかくお電話いただいたにもかかわらず、
大変申し訳ありませんでした。

今後も予約の際には多数のお電話をいただき、
繋がりにくい状況になることが予想されますが、
もし、お時間のご都合がつきましたら、
別日のご予約にもまたお電話いただければと思います。


本日、写真を取り損ねましたので、
仕込みの際に撮影した楽屋の風景をご紹介。

劇団きらら仕込み時の風物詩、
代表池田美樹による手芸部仕事の賜物、似合ってます。
59DSC_0356.jpg
もちろんこのかぶりものも
おばけ屋敷内のどこかに登場します。

今回のテーマは「子ども部屋」ということで
ぬいぐるみたちもたくさん出演。
591438067590617.jpg
みんな、みなさまのお越しをお待ちしております。

なお、おばけ屋敷にご来場の際は
暗い中を歩いていただきますので、
ヒールの靴やサンダルのような靴は避けていただき、
スニーカーなど歩き易い靴でご参加下さい。

安全に楽しく怖がっていただこうと、おばけたちも奮闘中!
チラシのロボ太もみなさんをお待ちしています。
obake_omote_olウェブ用トンボなしデータ


= = = = =
星山商店特別協賛 火の国まつり こどもおばけ屋敷
「子ども部屋のひみつ」

■開催期間
7/30(木)~8/9(日) ※8/4(火)はお休みです
■会場
熊本市現代美術館アートロフト
■入場料
無料
■定員
1日に20回程度公演(1回あたり12名程度入場:予定)
■所要時間
15分程度

■予約専用電話番号
096-328-2944(受付開始10:00~)
※ただし翌日公演分の予約のみ受付

■お問い合わせ:
ひごまるコール 096-334-1500(年中無休8:00~21:00)
にぎわい推進室 096-328-2948(平日8:30~17:00)
http://www.hinokunimatsuri.jp/contents.cfm?id=555

[2015/07/31 02:50] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
こどもおばけ屋敷、いよいよ明日から☆
【おばけ屋敷】

仕込み2日目…からのリハーサル。
いよいよ明日開幕です。
15人の熊本演劇人が、
代わる代わるいろんなキャラクターを担当します。


コンセプトは昨年に引き続き、
「小学3年男子が叫ぶ怖さ」。
小3男子が妄想するだろう怖いことを散りばめてみました。

「遊んでもらえなくなったおもちゃたち」が、
いろんなかたちで現れて来ます。
血も刃物も飛び交いませんが、存分おもしろ怖かですよ(^^;)


上通演劇まつりに引き続き、
火の国まつり・ふとっぱらの入場無料!
お子様はもちろん、大人の方もどしどしご予約下さい☆


20150729112015.jpg

写真は「手っちゃん」+小畑佳子ちゃんfrom福岡。
佳子ちゃん、おとといから安部将吾(南無サンダー)と共に
仕込みに来てくれてます。

「手っちゃん」はなんと佳子ちゃんの手がモデル。
大きさ+形状はもちろん、爪の形まで似ています。
会場でご確認あれ☆

///////////////////

こどもおばけ屋敷、
今年は「前日完全予約制」!(入場無料)

■予約専用電話番号:096-328-2944(受付開始10:00~)
※翌日公演分の予約のみ受付

http://www.hinokunimatsuri.jp/contents.cfm?id=555

11705145_911543062222798_2500775402465451716_n_20150729234816fb4.jpg
[2015/07/29 23:50] | 未分類 | トラックバック(0) |
おばけ屋敷・仕込み1日目☆
池田美樹です。


本日絶賛仕込み大会。

こんなかわいい人たちも登場します。


「プチトマトみたいにおいしそう」
と言った人が。

…あぁ!(゚-゚;)

20150728142503.jpg

/////////////////////////
こどもおばけ屋敷、
今年は「前日完全予約制」!(入場無料)

■予約専用電話番号:096-328-2944(受付開始10:00~)
※翌日公演分の予約のみ受付

http://www.hinokunimatsuri.jp/contents.cfm?id=555
[2015/07/28 21:53] | 未分類 | トラックバック(0) |
火の国まつりこどもおばけ屋敷、準備着々☆
池田美樹です。


火の国まつりこどもおばけ屋敷、いよいよ来週開幕!

仕込み直前、
装置担当・安部将吾君(南無サンダー)の工房では、
おもしろ怖いキャラクターが次々に誕生している模様☆


1437912448687.jpg

チラシにそっくりのロボット「ロボ太」が立体化。


1437904569468.jpg

勉強大好き「手っちゃん」。



彼らがどんな風に登場するかはご来場頂いてからのお楽しみ(^^;)

ご予約、心よりお待ちしております☆☆


//////////////////////////////
こどもおばけ屋敷、
今年は「前日完全予約制」!(入場無料)

星山商店特別協賛
火の国まつりこどもおばけ屋敷~子ども部屋のひみつ~
http://www.hinokunimatsuri.jp/contents.cfm?id=555

■開催期間:7/30(木)~8/9(日)※8/4(火)はお休みです
■会 場:熊本市現代美術館アートロフト
■入場料:無料
■定 員:1日に20回程度公演(1回あたり12名程度入場予定)
■所要時間:15分程度

■予約専用電話番号:096-328-2944(受付開始10:00~)
※ただし翌日公演分の予約のみ受付


■お問い合わせ:
ひごまるコール 096-334-1500(年中無休8:00~21:00)
にぎわい推進室 096-328-2948(平日8:30~17:00)


★作…田坂哲郎(非売れ線系ビーナス)
★装置制作…安部将吾(南無サンダー)
★チラシ制作…藤本瑞樹(kitaya505)
★構成・演出…池田美樹(劇団きらら)
★出演…熊本演劇人あの人・この人

11705145_911543062222798_2500775402465451716_n.jpg
[2015/07/27 01:11] | 未分類 | トラックバック(0) |
真夏の演劇チャレンジ!小学生版②
真夏の演劇チャレンジ!小学生版のつづき。

会館の方からご紹介いただき、
14名の小学生とごあいさつ&自己紹介。
59DSC_0346.jpg
中には過去のワークショップに参加してくれてた子もいて
嬉しかったです。

子どもたちの引率で来られていた
あったかハートふれあい劇団の村山さんと、
見学に来られた土山さんに
急遽アシスタントに入っていただきました。
ありがとうございました!

まずは魔法の大縄で午前中の体と頭を起こします。
みんな丁寧に縄を見て、飛んでくれました。
59DSC_0354.jpg
ホールのステージ全部を使えるから
のびのび!広い!

この日のテーマは「嫌いなもの」。
みんなで輪になって、嫌いな季節・嫌いな食べ物などなど
いろんな嫌いなものを聞いてみました。
59DSC_0359.jpg
すると、次々に出てくる出てくる。
食べ物のことを聞いていて、
あんこや小豆が嫌いなのはなんとなくわかりますが、
チョコレートや果物が嫌いな子どもたちがいるのにはびっくり。
そんな発見も面白かったです。

今度はグループに分かれて、
嫌いなものを書き出してみることにしました。

低学年グループ。
59DSC_0369.jpg

59DSC_0392.jpg

高学年グループ。
59DSC_0375.jpg

59DSC_0391.jpg

クシャクシャにした紙にイヤ!の度合いが見えたり、
逆に妙に形をはっきり認識していたりするのか、
上手に絵を書き添えてくれる子もいました。

2グループ分になると沢山集まりました。
59DSC_0384.jpg
みんなでひとつひとつ声に出して読んでみました。
ただ読むだけでなくて、
なめくじのぬちゃーっとした感じやナスを嫌いな感じを
声音に乗せて遊んでみました。

続けて、池田が作った「きらいきらい・すきのうた」という詩の
(  )を埋めるワークも行ないました。
ぐるぐる隣の人に回しながら書き込んで、
自分のこと、ほかのお友達のこと、
好きなもの・嫌いなものがごちゃまぜになったシート。
最後に手元に来たものをひとりずつ発表しました。

へぇ!こんなの嫌いな子もいるんだ。
嫌いなものもあるけど、好きなものも沢山ある。
嫌いだけど、ちょっと好きかも。
1枚にいろんな人のいろんな思いが詰まったシートが
出来上がりました。

最後は、きららの新しい短編朗読劇「イガグリコ」を
聴いてもらいました。
59DSC_0400.jpg
嫌いなものがたくさんあるグリコと
引っ越しでやってきたハリネズミの雨の日の出会い。
グリコはイガイガとは違う気持ちを感じるのでした。
みんなすごく集中して聴いてくれました。

初めてのお友達もいただろうし、
初めてすることが沢山あったと思いますが、
みんな興味を持って取り組んでくれて嬉しかったです。
約2時間、まさにチャレンジ!してくれました。
楽しい夏休みを過ごして下さいね。
ありがとうございました!

= = = = =
挑戦版も参加者募集中です。
4人の演出家ごとにグループに分かれ、
2日間でがっつりお芝居を作ります。対象は中学生以上。

◎4人の演出家はこのメンバー!
池田美樹(劇団きらら)
亀井純太郎(第七インターチェンジ)
田坂哲郎(非・売れ線系ビーナス)
大串到生(wet blanket)

日程:2015年8月29日(土)30日(日)
会場:八代市厚生会館
参加費:無料(要申し込み)

詳細はこちら↓
◎「真夏の演劇チャレンジ!」挑戦版
http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/list/list_view.phtml?catid=150107&arid=64038
※八代市在住以外の方も参加できます。
[2015/07/26 13:06] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
真夏の演劇チャレンジ!小学生版①
制作の古殿です。

7/25(土)は八代市厚生会館での演劇ワークショップ、
その名も「真夏の演劇チャレンジ!」、小学生版でした。

代表の池田も先のブログでご紹介してますが、
http://gkirarablog.blog25.fc2.com/blog-entry-2377.html
新しいワークショップのプログラムと、新しい朗読劇を引っ提げて、
朝から八代に向かいました。

熊本は35度を超える猛暑日、
夏空が広がる良い(良すぎる!?)お天気!
59DSC_0421.jpg

八代市構成会館には演劇ワークショップで
もう15年以上続けて呼んでいただいています。
会館の建物もきららの夏の風物詩的景色。
59DSC_0342.jpg

催し物欄にもバッチリ書いていただきました。
59DSC_0418.jpg
ここにも表示してある通り、
ホールの舞台上を会場に使うという贅沢な企画です。

真夏の演劇チャレンジ!のポスターも作っていただき、
真正面に掲示していただいてました。
ありがとうございます!
59DSC_0419.jpg
8月末には中学生以上を対象にした、
挑戦版もあります。参加者募集中!
http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/list/list_view.phtml?catid=150107&arid=64038

会館に到着して早々、
この日のワークショップの準備を始めました。
59DSC_0343.jpg
工作のような作業がどんな風になるのか、
続きをお楽しみに。

つづく
[2015/07/26 13:03] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
嫌いなものワークショップ。
池田美樹です。

きょうは八代市厚生会館こどもWS。

森岡光(不思議少年)との新作短編「イガグリコ」、お披露目しました。
ピッピのイガグリコ、
すごくにくたらしくて愛らしかったです。
これからもいろんなところでやれますように☆


//////////////////

これまた新作「嫌いなものWS」も開催。
「なめくじ」から
「北斗の拳の真似をするパパ(^^;)」まで
いろんなジャンルの「嫌い」がどんどん。
周囲もそれに共感したり反対したり。

「なめくじもかたつむりもかわいいじゃん!」
とツノが動く様子を実演して見せた女の子の反論、
かなりキュートでした(゚-゚;)


「嫌いなもの」を話すときのこどもたちって、
好きなものを話すときよりイキイキしてる気が。
嫌いなものって、食感や触感や匂いや背景をすごく記憶してるから、
説明するときの表現が緻密+詳細。
上級生組は、
嫌いな理由を話してるうちに客観性が浮かんでくるのもおもしろかった。


生きてると、
きらいなものも増えるけど、
「きらいだったのに好きになる」なんて不思議なことも起きて来る。
(逆もある。)
「大嫌い」って公言してることは、
「実は気になって仕方がない」だったりもする。
生きるごと、「好き」や「きらい」がフクザツになって行く。


「嫌いなものWS」、いろんな世代でやってみたいと思いました。
いろいろ進化させていきたいと思います。


担当の谷口さん、
いつもながらの細かいご配慮、本当にありがとうございました☆


///////////////////////////////

八代市厚生会館、
8月末は「真夏の演劇チャレンジ」挑戦版!
4人の演出家と一緒にがっつり作劇するWS。

・亀井純太郎君(第七インターチェンジ)
・田坂哲郎君(非売れ線系ビーナス)
・大串到生(WET BLANKET) 
と共に参ります。

こちらは大人の方向け。
どしどし!

http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/list/list_view.phtml?catid=150107&arid=64038
[2015/07/25 22:36] | 未分類 | トラックバック(0) |
よこしま朗読劇講座
制作の古殿です。

朗読劇を一緒に作ってきたよこしま朗読部会のみなさんが
今年度から玉名市横島町公民館で講座を開講されています。
7/18(土)、講座の2回目にお邪魔してきました。

会場に向かう途中の横島町の風景。
58DSC_0521.jpg
田んぼの緑が生き生きしていて、
目にするだけでいい空気を吸っているような気分でした。

通いなれた横島町公民館。
58DSC_0525.jpg
伺うというより、帰ってきた感じがします。

写真の看板だけでなく、
名札や台本など参加者を迎える準備万端でした。
58DSC_0571.jpg

まずは発声練習。
58DSC_0527.jpg
普通に「こんにちは」だと、
なかなか大きな声が出なかったみなさん。

続けて、田舎で立ち寄ったお店の奥に向かって呼びかける、
という設定で「ごめんくださーい」と叫んでみました。
「こんにちは」だけより、大きな声が出てきました。
気持ちで声は全然変わってきますね。

ほかにも、リップロールや舌回し、早口言葉など
声のワークをみっちり行ないました。

後半はいよいよ本を読んでいきます。
テキストは、よこしま物語第一弾「石の波音」です。
58DSC_0562.jpg

朗読講座には、
子どもたちも沢山参加してくれていました。
58DSC_0544.jpg

朗読部会ベテラン陣&新人さん4名。
58DSC_0567.jpg
新人さんたちは声も大きく出して下さって、
演じるのを楽しんでいらっしゃるのがよくわかりました。

朗読部会ベテラン勢。
58DSC_0558.jpg

58DSC_0554.jpg
普段の配役での読みのほか、
回し読みする時やガヤを入れる時も
がっつり全体を支えて下さいました。さすが!

短縮版とは言え、全部を読むのは難しかったので、
一部分を小返ししながら丁寧に練習しました。
キャストと声、感情と声の関係を探ったり、
配役を変えて読んでみたりしました。
練習する中で、朗読劇の魅力や池田の演出の意図を
なんとなくでも感じていただけたのではないかと思います。

公民館の中に飾られていた、
潟担い(がたいない)の様子の絵画。
58DSC_0574.jpg
よこしま物語とは切っても切り離せない潟担い。
横島町の平地の大部分が、こうした人の手による作業で
干拓されてできた土地なのだそうです。

その歴史を朗読劇にして語り継いでいるのが
よししま朗読部会のみなさん。
この講座を通して活動する仲間が増えるといいですね。

講座は今年いっぱい続き、
年明けには発表会も予定されています。
受講者のみなさんには、講座の練習で
演じる楽しさを存分に味わっていただけたら嬉しいです。
[2015/07/20 23:52] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
真夏の演劇チャレンジ!小学生版 受講者募集中
制作の古殿です。

毎年、夏休みに呼んでいただいている、
八代市厚生会館の演劇ワークショップ。
一昨年から「真夏の演劇チャレンジ!」と銘打って
実施しています。

今年は対象を小学生に限定した、小学生版を企画。
「お芝居やったことないけど、将来女優さんになりたい。」
「夏休みに何か思い出を作りたい」
「新しいお友達を作りたい。」
などなど、参加の理由はなんでもOK!
八代市在住以外の方もどうぞ♪

劇団きららと一緒に、
大きな声を出したり、身体を動かしたり、
新しい自分を発見したり、しませんか?

あなたのチャレンジ、たくさんのご応募を
お待ちしています!


◎真夏の演劇チャレンジ!小学生版

人のからだの中には、
自分でも気づかないくらいたくさんの「おもしろ」がつまっている。
へんな声だったり、奇妙な動きだったり、
すんごい怒りだったり、天才的なギャグだったり。
そんな「おもしろ」を引っぱりだすワークショップ。
目立ちたがりのキミも、引っこみじあんのあなたも、どしどし!

講師:池田美樹(劇団きらら)

日時:2015年7月25日(土)10:00~11:45(開会・閉会含む)
会場:八代市厚生会館ホール
対象:小学生
定員:30名
参加費:無料(要・事前申し込み)

※所定のお申し込み用紙に必要事項を記入の上、
 お申し込み下さい。

◎お問い合わせ
八代市厚生会館 TEL 0965-32-3196

◎申し込み用紙など詳細はこちら
八代市公式ホームページ
[2015/07/17 23:44] | お知らせ | トラックバック(0) |
7/16 老人ホーム縁 スタッフ研修
制作の古殿です。

7/16(木)、熊本市西区にある老人ホーム縁に
スタッフの方の研修に伺いました。

介護施設スタッフさんへの研修、
3年ほど前からきららへのご依頼も増えてきました。
介護の専門家ではありませんが、
コミュニケーションやリラックスと言った面で
演劇の手法がお役に立つようです。

さて、縁のスタッフのみなさん、
初めてお目にかかった時から穏やかで、
大人ならではの落ち着いた明るさがあって、
こちらも緊張しすぎずに入って行けました。

序盤のストレッチ。
みなさん、身体的に知らずと疲れが溜まっていたようです。
一筋伸ばす度に「うう…」「あーあ…」と声が漏れてありました。
本当に日々、お疲れ様です。
57DSC_0515.jpg
側筋伸ばしの時は全身に血が巡り始めるのを感じたようで
「身体があったかくなってきた」
とおっしゃるスタッフさんもいました。

右か左などのゲームでは
誰からともなく「せーの」「よいしょ」「いーどーお(移動)」と
声を出して下さいました。
自然にみんなで共有する雰囲気になるのが素敵。
57DSC_0518.jpg
ひとつひとつのワークに丁寧に取り組んで下さり、
池田が解説する時も
大きく頷きながら聞いて下さいました。
こちらも、みなさんに納得していただいた、
という感覚を持ちながら進めることができました。

声のお話。
57DSC_0528.jpg
声の大小、声音の違いなど
池田のちょっとしたニュアンスにも反応して、
うまく真似して下さいました。
お話を伺っていると、
日頃から利用者さんへのお声かけなど
お話の仕方に気を配っておられる様子がよくわかりました。

余談ですが、職業柄か、みなさん特に、
喉の筋肉の図解には興味津々でした。

スタッフのみなさん、お忙しい中、
研修お疲れ様でした。ありがとうございました。
逆にこちらが元気をいただいたような時間になりました。
今回の内容がみなさんのお仕事や生活に
少しでもお役に立っていれば幸いです。
またお会いしましょう!
[2015/07/17 23:21] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
火の国まつり・こどもおばけ屋敷、今年も開催!!
池田美樹です。

夏休み「火の国まつり こどもおばけ屋敷」、
今年も現代美術館アートロフトで開催!

・田坂哲郎君(非売れ)のアイデア
・安部将吾君(南無サンダー)の装置
・藤本瑞樹君(kiraya505)のチラシ
…と共に、
ひぇぇぇと肝の冷える時間をお届けします。

昨夏は予想を越える大人気、
入りきれなかったたくさんの方に大変ご迷惑をお掛けしました(>_<)

そこで。
2年目の今回は「前日完全予約制」となりました☆☆☆
予約専用電話番号【096-328-2944】にお電話ください。
予約ができるのは翌日分のみ。
行きたい日の前日に、
午前10時の受付開始をまって予約の電話をお願いします。

子どもも大人も、みーんな無料!
夏休みは現代美術館にあつまれ~♪

「ねぇ、ぼくと遊ぼうよ…」
いろんなところから、
いろんなおもちゃが語りかけて来るぞ(^^;)

////////////////////////
■星山商店特別協賛 火の国まつり こどもおばけ屋敷~子ども部屋のひみつ~
■開催期間:7/30(木)~8/9(日)※8/4(火)はお休みです
■会 場:熊本市現代美術館アートロフト
■入場料:無料
■定 員:1日に20回程度公演(1回あたり12名程度入場:予定)
■所要時間:15分程度

■予約専用電話番号:096-328-2944(受付開始10:00~)
※ただし翌日公演分の予約のみ受付

■お問い合わせ:
“ひごまるコール”096-334-1500(年中無休8:00~21:00)
“にぎわい推進室” 096-328-2948(平日8:30~17:00)
http://www.hinokunimatsuri.jp/contents.cfm?id=555


★作…田坂哲郎(非売れ線系ビーナス)
★装置制作…安部将吾(南無サンダー)
★チラシ制作…藤本瑞樹(kitaya505)
★構成・演出…池田美樹(劇団きらら)
★出演…熊本演劇人あの人・この人

11705145_911543062222798_2500775402465451716_n.jpg
[2015/07/14 17:12] | 未分類 | トラックバック(0) |
7/10 大楠小ワークショップ②
大楠小でのワークショップ続き。

午前中に1~3年生、
午後は4~6年生を対象に行ないました。
(以下、写真は学年ごちゃまぜでお届けします)

魔法の大縄。
思い切り縄に飛び込んでくれました。
56DSC_0355.jpg

自己紹介ごっこ。
56DSC_0367.jpg
いろんな食べ物が出てきましたが、
冷蔵庫から食材を出して調理する様子を再現したり、
果物も切るところやその特徴、
また食べ終わって種を出すところまで、など
その食べ物にまつわる周辺のことを丁寧に表現してくれる子が多く、
びっくりしました。

早口ことばで大切な“たこやき”。
56DSC_0371.jpg
みんな池田を真似して、
頬っぺたにたこやきを作ってくれました。

早口言葉もことばあそびうたの時も
声量や声音だけでなく、
身振りまでもよく真似してくれました。
56DSC_0434.jpg

外でよく遊んでいるそうで、身体の利く子どもたち。
探検隊が谷にかかる丸木橋を渡る時の様子は
とても見事でした。
56DSC_0387.jpg

沼地では、沼にはまったアシスタントを
引っ張って行ってくれました。優しいね。
56DSC_0452.jpg

最後の「おいしい」の朗読劇。
56DSC_0408.jpg
表情をクルクルと変えながら
物語の世界にすごく集中してくれました。

物がなくても想像するだけで楽しくて面白かった、
という感想を話してくれる子もいました。

大楠小学校のみなさん、長時間お疲れ様でした。
給食を一緒に食べたり、昼休みに遊んだり、
私たちもとても楽しかったです。
ありがとうございました。みんな元気でいてね。
[2015/07/12 22:47] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
7/10 大楠小ワークショップ①
制作の古殿です。

7/10(金)は前日に続けて演劇ワークショップの旅、
この日は天草の大楠(だいなん)小学校に伺いました。
56DSC_0476.jpg

大楠小はすぐ目の前に海があり、
背後には山がありな自然豊かな場所でした。
海に近い学校を象徴するように
大きな貝殻が玄関で迎えてくれました。
56DSC_0473.jpg

会場は図書室。
56DSC_0351.jpg
懐かしい雰囲気と見覚えのある背表紙に
ついつい本を手に取ってしまいました。

つづく。
[2015/07/12 22:45] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
7/9 水上中ワークショップ
制作の古殿です。

7/9(木)、午前中の湯山小学校に続き、
午後からは水上中学校に演劇ワークショップに伺いました。

水上中は湯山小から車で10分ほどのところ、
自然豊かな中にありました。
55DSC_0457.jpg
空がすっかり夏!暑い一日でした。

玄関での出迎えの言葉も嬉しい。
55DSC_0462.jpg

校舎は木材をふんだんに使ってあり、
とても気持ちが良かったです。
55DSC_0459.jpg

バルコニーなど洒落た造りです。
55DSC_0460.jpg

水上中は全校生徒63名。
男女問わず仲良しでした。

まずは、手を繋いで座った状態から立ち上がるワーク。
55DSC_0466.jpg
2人組から4人組、8人組と
手を繋ぐ人数を増やしていきました。
最後は手を交差するバージョンに挑戦。

仲間わけゲーム。
55DSC_0468.jpg
最初は声を出して、
後半はジェスチャーのみで仲間を探しますが、
きれいに4グループに分かれることができました。

果物が課題だった時のぶどうのチーム。
55DSC_0472.jpg
ぶどうの房から実を一粒取り、
口に入れ、種を出すところまで演じてくれました。

声のお話いろいろ。
発生練習や5つの声、語尾の魔法や早口言葉など
盛りだくさんでした。
55DSC_0474.jpg
CMの絵コンテを見てもらいながら、
男の子の声と女の子の声を使い分けて遊んでみました。
男子もあまり照れずに
女の子の声を面白がってやってくれたのが嬉しかったです。

最後の「おいしい」の朗読の際は
とても反応してくれました。
楽しいシーンでは笑い、
シリアスなシーンでは真剣な眼差しを向けてくれました。

水上中のみなさん、暑い中、長時間お疲れ様でした。
給食も一緒に食べられて、
いろいろお話してくれて嬉しかったです。
部活動などこれからもがんばって下さい。
ありがとうございました!
[2015/07/12 22:44] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
7/9 湯山小ワークショップ②
湯山小演劇ワークショップ、続き。

1~6年生合わせて42名の湯山っ子。
元気にあいさつしてくれました。
学校の活動で劇をしたことがある子もいました。
55DSC_0362.jpg

1~3年生の魔法の大縄。
一斉にジャーンプ!
55DSC_0375.jpg

自己紹介ごっこ。
55DSC_0380.jpg
夏が来たせいか、夏ならではの食べ物がたくさん登場。
そうめん・ソフトクリーム・すいかetc。

即興劇の時は
「やりたい!」と手を上げてくれる子が沢山!
55DSC_0410.jpg
ありがとうございました。

探検隊。
55DSC_0422.jpg
今までにない危機解決法が出てきて
面白かったです。

「おいしい」朗読。
55DSC_0438.jpg
膝立ちになって観てくれている子もいました。

早口言葉やことばあそびうたの朗読など
耳がよいのか、声音を真似してくれるのが上手でした。
身振りや手ぶりも真似して遊んでくれました。

最後のお礼の言葉で、
「今まで表現するのは
恥ずかしい・いやだなぁと思っていたけれど
人にどう思われるかじゃなく、自分がどうしたいか、だと思いました」
という感想を言ってくれて、すごく嬉しかったし驚きました。
帰り道の車内でも、
彼女の言葉を、メンバー皆で何度も反芻しました。

湯山小のみなさん、暑い中、長時間お疲れ様でした。
すごい集中力に感心しました。
ありがとうございました。また会いましょう!
[2015/07/12 22:42] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
7/9 湯山小ワークショップ①
制作の古殿です。

7/9(木)は、水上村にある湯山小と水上中の
演劇ワークショップでした。
写真のメンバー+おばけん君でまいりました。
55DSC_0351.jpg

午前中は湯山小学校。
周囲をぐるりと豊かな緑に囲まれていました。
55DSC_0443.jpg

校舎もすてき。
55DSC_0356.jpg
右側の曲線を描く建物が
ワークショップの会場となった体育館です。

体育館の入口にはこんな表示が。
55DSC_0445.jpg
ありがとうございます。

中に入ると、明るい空間が広がっていました。
55DSC_0353.jpg

ステージの背景はガラス張りで
町の緑を取り込んでいます。
55DSC_0352.jpg
珍しく、やはりすてきなつくりです。

控室への案内。
55DSC_0355.jpg

控室のお花。
55DSC_0442.jpg
細やかなお心遣いがとても嬉しかったです。
先生方、ありがとうございました。

つづく。
[2015/07/12 22:41] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
上通演劇まつり→上通物語リーディング&カゲネコ
制作の古殿です。

開催前からお知らせしてきた上通演劇まつりには、
きららもいろんな形で参加しました。

前夜祭では池田が作・演出をつとめた
「上通物語」リーディング公演を上演しました。
また現美劇場では「カゲネコ」を熊本初上演しました。
いずれも満員御礼。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
遅ればせながら、ご報告とお礼でした。

「上通物語」リーディング・チーム。
55DSC_0469s_201507121626313ad.jpg

「カゲネコ」チーム。
55DSC_0537.jpg

◎上通演劇まつりフェイスブックページ
https://www.facebook.com/kamitori.engeki
[2015/07/12 16:30] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
上通演劇まつり→レポート更新
55DSC_0513.jpg
制作の古殿です。

代表の池田もこのブログで書いていますが、
上通演劇まつり、終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、お力貸して下さった皆様、
本当にありがとうございました。

周辺のあれこれを写真でレポートしております。
是非、上通演劇まつりのフェイスブックページをご覧下さい。
https://www.facebook.com/kamitori.engeki
[2015/07/12 16:19] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「上通演劇まつり」終了③
②のつづき→

自分ちの話で恐縮ですが、
きららは今年30周年。
でも「周年事業」的なことが苦手で、特に企画していませんでした。

でも今回、いろんな壁にぶち当たるごと、
30年間の活動で知り合った人たちが相談に乗り、導き、助けてくれました。

「これこそきららの30周年ですね」
宗真樹子がつぶやいたとき、
ぱぁぁぁと気持ちが拓けるような感じがしました。


ともすれば自己顕示の一端にしかならない創作活動。
なるたけいろんな目線を探り続けることを怠らず、
時折、どこかの何かのお役に立てれば、と思います。

熊本の、九州の、演劇界の小劇場、
これからも、どうぞどうか。

20150705152409.jpg

◆スッタカタッタッタ☆
[2015/07/08 09:01] | 未分類 | トラックバック(0) |
「上通演劇まつり」終了②
①のつづき→

今回こだわったのは、
演劇の中でも「小劇場」というジャンル。
100人前後の小さな空間で、
客席の呼吸と一緒に仕上がっていく時間。
大劇場のダイナミックな世界観とは違う、
小さな空間ならではの共鳴と実験。

音楽で言うと会館コンサート⇔ライブハウス?
美術で言うと美術館展示⇔アトリエ展示?

大きいからレベルが高い・小さいからお手軽、
という単純なことではなく、
「小劇場でしか味わえない空気」ていうとがあるとです。
多くの人がいろんな迷いの中に居るようなこの時代に、
とても需要ある空間な気がしとるとです。
なので「小劇場のおもしろさ」を味わって頂くのが目的でした。

その小劇場の中でも味の違う劇団を6つ。
演劇の中の、小劇場の中の、違う味を6種類。
テイスティングして、
お好みのジャンルがあったら是非本店にご来店を。
もとい、ご来場を。
願いはもう、それだけでした。

「心のモヤモヤをこんな風に言えたら幸せですね」

「いろんなお芝居があって、
いろんな正解があるんだなと思いました」

こんな感じの嬉しい感想をたくさん頂きました。

////////////////

リーディング「上通物語」メンバー、
不思議少年(熊本)・with a clink(熊本)・きらら(熊本)、
有門正太郎プレゼンツ(北九州)・ヒロシ軍(長崎)・だるめしあん(東京)、
ゲストダンサー・古家優里(プロジェクト大山・marble.)ゲネス(ナニコレ?劇団)・LEE。
総勢50名余の出演者。

1歳と6歳が一緒に遊び、
東京の演劇人とアメリカ人が会話して居る楽屋。

アーケードの見物の人たちがあふれたときに、
すかさず「プロセ君Tシャツ」を着て、
警備に飛び出して来て下さった上通商栄会の皆さん。

予約なし・先着順という不特定なお客様への対応を
一手に引き受けて下さった現美の皆さん。

ケータリングから諸連絡、
企画の煩雑な背骨を支え続けて下さった綜合企画の皆さん。

アーケード+アートロフトに
愛らしく妖しい見事な空間を作ってくれた、
造形作家gaju+山下昌文さん(ACN)。

街頭イベントに不慣れな私らを、
何かと支えてくれた菊本明君(石)。

7つの作品の明かりを見事にしつらえて下さった
入江徹さん(松崎照明研究所in九州)。
その明かりをサポートしてくれた河野ミチユキ君(ゼロソー)、
大住南津子さん(ベアーズワン)。

「上通物語」上演にあたって、
めちゃご協力下さった熊本県立劇場様、
ほっほー太陽君(転回社)、marrooさん、碩台小学校の皆さん。

そしてアーケードで立ち止まって拍手して下さった方々、
アートロフトにご来場下さった皆さん。


演劇はひとりではやれない。
だからめんどくさくておもしろい。
…と常々、あちこちで言ってるのですが、まさにそれでした。

今回おもしろいと思って下さった方、
是非いろんな「小劇場の公演」にご来場下さい。

そして今回支えて下さった皆さん、
「人手」が必要なときはいつでも声を掛けて下さい。
寸劇でもコントでも荷運びでも何でもやります(まじです!)

そして何より、上通を通るときに、
この3日間のことを少しでも思い出して下さると嬉しかです。

③につづく→

CI4SX57UAAABJ_H.jpg

◆北村茜(with a clink)プロデュース・パレードの旗。

20150704100925.jpg

◆2日目朝、東京から来ただるめしあんと皆、初顔合わせ。
お互いの軽い緊張(^^;)
[2015/07/08 08:59] | 未分類 | トラックバック(0) |
「上通演劇まつり」終了①
池田美樹です。

上通アートプロジェクト2015
「上通演劇まつり」終了しました。

アートで街を賑やかに!
というコンセプトの「アートプロジェクト」。
今年は演劇で、と、
上通商栄会+現代美術館の皆さんにお声掛け頂いたのは昨年末のこと。

しかし最初の会議の冒頭で、
「熊本に劇団ってあると?」
「いつどこでしよると?」
…結構人生賭けて頑張ってるつもりでしたが、
あぁそうなのか…と…(-_=)

…と。
「だけんたい」
「??」
「いっそ繁華街のど真ん中でしなっせ」
「それも無料、ただ!」
「そっでんお客さんの来なはるかわからんけん、抽選会もしよう!」

眼からウロコ、懸念霧散。

「それはダメ」「お金がない」
こんな言葉を一度も聞きませんでした。
企画が壁に突き当たっても、
「…じゃあさ」と、すぐに代替案が生まれてくる方々でした。

上通商栄会の皆さんの、
代々引き継がれている「サービス魂」。

現代美術館の皆さんの、
世界のアーティストとやりとりされるノウハウと根気。

「つなぐ・支える」仕事のプロ、綜合企画さんの明瞭さ。

懸念事項はその日のうちに。
メールの返事もその日のうちに。

「いちばん」やりたいことを探る。
それがダメになったときの代替案も「いちばん」にする。

当たり前だけど、
実は出来なくて当たり前、なんて思ってたことが
次々にひっくり返り続けました。

→②につづく

DSC_0974s.jpg

◆上通キャラクター「なんだかとっても上通君」をgajuが装丁

20150703175217.jpg

◆「上通物語」メンバー

20150705172927.jpg

◆「現美劇場」「アーケード劇場」出演者
[2015/07/08 08:51] | 未分類 | トラックバック(0) |
上通演劇まつり最終日!!!
池田美樹です。

上通演劇まつり、いよいよ最終日!!
下記な感じの予定になっております。

北九州・長崎・東京・熊本の演劇人
+上通の皆さん+現美のスタッフの皆さんごちゃまぜで、
文字通りのおまつり騒ぎ。
同時開催中の竹の日フェスタのWSも楽しそう!

全品無料の「小劇場の味見」まつり、
是非、上通へお出かけ下さい☆

◆5(日))////////////////////////////////////////////////

★11:00-12:00…だるめしあん+不思議少年+抽選会
☆12:30-13:00…アーケード劇場
★13:30-14:30…きらら+ヒロシ軍+抽選会
☆15:00-15:30… アーケード 劇場
★16:00-17:00…with a clink+有門正太郎プレゼンツ+抽選会
☆17:00~…………フィナーレ

★→熊本市現代美術館アートロフト
☆→上通アーケード内
[2015/07/05 06:56] | 未分類 | トラックバック(0) |
上通演劇まつり、いよいよ開幕!!!!
【上通演劇まつり】

池田美樹です。

演劇まつり、いよいよ本日開幕!!

造形作家gajuによる上演開場装飾+アーケード設置物、
共に外国童話みたいな世界が仕上がってますよ。

県外メンバーも続々来熊!!


facebookもたっぷり更新してますので、 興味ある方、是非!

https://www.facebook.com/kamitori.engeki
[2015/07/03 09:01] | 未分類 | トラックバック(0) |
おしらせ

★新作情報★
出演者発表
詳細はこちら
熊本:2020年1月
福岡:2020年2月
東京:2020年4月
-続報お待ち下さい-

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する