FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
4/25 アクトアップ・キッズEx②
アクトアップ・キッズExレッスンの続き。

今度は「勇気がある人」「勇気がない人」という設定で
アドリブに挑戦してみました。

「勇気がある人」は、無鉄砲な人かも知れない。
「勇気がない人」は、慎重に物事を進める人かも知れない。
そんなことを考えながら、
それぞれの立場から意見を言い合います。

二つの扉があって、3分以内に脱出しないと爆発する部屋にいる時は
勇気のない人は、どちらの扉にするか決めきれないし、
かと言って、勇気のある人が決めた扉に付いて行くのも怖くて、
事態は一進一退。
s130425_181800.jpg
最後には、勇気ある人が思い切って扉を開け、脱出成功!

おばけ屋敷にも行きました。
昼間来た時にケータイを落としてしまったので、
みんなで取りに来たのです。
昼間は明るかったのに、夜は電灯も点きません(ひゃ~)。
s130425_183338.jpg
なんとかケータイを取りに屋敷に入ろうとする子と
怖くて止めにかかる子の
お互いの言い分、言葉の押収が面白かったです。


最後に、泥棒が数々の困難を乗り越え、王冠を盗み出す、
というお芝居にチャレンジしてもらいました。

お芝居といっても、言葉はありません。
リーダーのセイハさんの動作を見て、
何が立ちはだかっているのかを想像します。
そして、セイハさんの真似をして、
みんなも高い壁を乗り越えたり、赤外線を潜り抜けたりして、
次に次にと進みました。
s130425_184634.jpg
泥棒だから大きな声で応援できないけど、
みんな、ガッツポーズしたり、手を差し伸べたりして、
無言のエールを送ってました。

王冠に辿り着いた時には、すごい達成感。
みんなも面白かったーと言ってくれました。
またスタジオでいろんな冒険に出掛けましょう!


≪おまけ≫
おそろいな二人。
s130425_185734.jpg
左:アクトアップダンススクール代表のセイハさん。
右:劇団きらら代表の池田美樹。

おそろいで着ているのは、
昨年の発表会『ACT UP SITE 13』Tシャツ。
「パンツにもスカートにも合う」と池田もお気に入り。

発表会や公演ごとにアクトアップさんが作られるグッズは
どれもカッコいい!
発表会の内容と併せて、グッズも楽しみです。
[2013/04/28 12:49] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
4/25 アクトアップ・キッズEx①
制作の古殿です。

4/25(木)は月に2回のアクトアップダンススクール、
キッズExクラスの日でした。

リップロールの後、発声。
『小さい声から、だんだん大きい声で』
『普通の高さから、最後には自分の一番高い声で』などなど、
いろんな「こんにちは」の声がスタジオ中に響きました。
s130425_175604.jpg

アクトアップダンススクールさんは、
毎年7月に発表会を行なわれています。
その中で、代表のセイハさん発案のお芝居仕立ての舞台があり、
キッズExクラスの子どもたちが出演することも多々あります。

今年も7月の発表会に向けて着々と準備が進んでいる様子。
そこで、池田のレッスンでも
お芝居をする時の「キャラクター」について、みんなで考えてみました。
s130425_180323.jpg
例えば、『声が大きい』ことの悪い点は?
 うるさいし、内緒話ができなくて困っちゃうこと。
反対に『声が大きい』ことの良い点は?
 元気で明るいこと、人気者の人にも多いみたい。

じゃあ、『声が大きい』人が
「すみません」を言ってみたらどうなるか。
 周りの人が迷惑するぐらい場違いな声もあれば、
 ハキハキと元気のよく聞こえる声もある。
 遠くの人を呼ぶ時は、もっと大きな声になる。

時と場合によって『声が大きい』にもいろいろあるように、
特徴とか性格は、悪い点も良い点も持っていることがわかりました。
[2013/04/28 12:46] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
4/24 まるぶん塾
制作の古殿です。
4/24(水)はまるぶん塾の日でした。
ストレッチで身体をほぐした後、
いくつかコミュニケーション・ゲームを行ないました。

写真は「タクシー」。
s130424_194539.jpg
2人組で行なうゲーム。
後ろの人は運転手、前の人はタクシー。
運転手は、タクシーが他の人とぶつからないように運転。
タクシーは、目をつぶって、
運転手にゆだねて、運転される通りに歩きます。

運転手を信頼できると、
怖いながらも足を進めることができます。
自然と前後の人の歩調が揃って、並足ができるペアも出てきました。

講座は2回目、まだペアを組んだことがない人もいます。
ゲームを通して、目を合わせたり、触れ合ったりしながら、
少しずつメンバーのことを知っていきましょう。


後半「♪チューリップ」の歌を使ったワーク。
普通にみんなで合唱すると、ちょっと平坦な感じ。

そこにどんどん各自の発見や想像を加えていきます。
「あ、赤いチューリップが咲いてる!
 わぁ、白いのも黄色いのも!」
「咲いたら、我慢してたチョコレートを食べていい、
 という賭けをしてたら、今日、咲いてた!(チョコ食べられる!)」
などなど。
s130424_202004.jpg
すると、最初の合唱から一変!
皆さんの顔がぱっと表情豊かになって、
咲いたチューリップを指差ししていたり、
一面に咲いたチューリップを見回していたり、
身体の動きも自然と出てきました。
見ているこっちまで嬉しくなってしまうような幸福感や驚きが
皆さんの表情や声からあふれてきました。

もっと驚いてしまうようなシチュエーションを
各自に考えてもらった時、あるメンバーが
「教室の床の隙間から、芽が出て、咲いてた」という
お題を出してくれました。

そんなことありえない。
ありえないからこそ想像してやってみました。
すると、わらわらわら…
s130424_202717.jpg
みんな、床に咲いた珍しいチューリップを見たくて
思わず席を立ってしまいました。

実際にはないはずのチューリップを想像して、その場に見ること、
これも実はお芝居なのです。
演劇って、シェイクスピアのセリフを読んだり、
見得を切ったりすることだけではなくて、
意外に身近なところにあるのかも知れません。

まるぶん塾の講座では、みんなでそんな発見を重ねて、
お芝居を楽しんでいけたらと思います。


≪おまけ≫
遊びに来てくれた、まるぶん塾OBさんからの差し入れ。
s130424_225617.jpg
濃縮果汁還元ではなく、
ストレートで生の果汁感が味わえるジュース。
みんなで分けていただきました。
Kさん、ありがとうございました。
[2013/04/28 12:45] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
4/23 通常稽古③
通常稽古続き。
後半は2つのワーク。

1つめは、2人組で質問と回答の繰り返しのワーク。
A「ねぇBさん」
B「なあにAさん」
A「雨って何?」
B「空気中の水蒸気が上空で冷えて落ちてくる水滴のことだよ」
という具合。

質問に対する回答はウソでもOK。
テンポよくやりとりするのが、このワークのポイント。
ぷらぷらしたり、脚立に乗ったり、自由に動きながら、
相手と、質問と回答を重ねていきます。
s130423_221810.jpg
参加人数が多かったので、ギャラリーもぎゅうぎゅう。

2つ目は2人組で行なうエチュード。
1組の兄弟。
働き者の姉と、仕事の続かない弟という設定。
(ペアによって、兄と妹になったりします)

弟は姉からお金を借りたい。姉は絶対貸さない。
お互いに真反対の状況を作り出すことを目指して、
設定を踏まえて会話を重ねていきます。
s130423_230252.jpg
質問と回答のワークでも、エチュードでも、
喋る間や声のトーン、言葉のチョイスや状況の捉え方など
細かいひとつひとつにその人の個性が表れていて
とても面白いかったです。

みなさん、長時間お疲れ様でした。


≪おまけ≫
Yさんから差し入れいただきました。
手作りコロコロドーナツ!見るからに美味しそう!
s130423_231358.jpg
稽古終了後、みんなでいただきました。
Yさん、ありがとうございました!
[2013/04/24 11:56] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
4/23 通常稽古②
通常稽古続き。

腹式呼吸のおさらい。
“たまねぎ”と“長ネギ”に例えて、
空気を吸った時や吐き切った時のおなかの状態を説明している池田。
s130423_204623.jpg

ちゃんとできているか、わかりにくい腹式呼吸。
2人組みになって、おなかの状態をお互いに確かめます。
s130423_205057.jpg

身体の力の抜ける楽な状態を作って、丁寧に呼吸をします。
みんな、自分に集中。
s130423_210846.jpg
腹式呼吸は、うまくいくと、
足の指先から空気が抜けるような感覚になるそうです。
練習を重ねて、習得したいですね。

この後、滑舌なども行なって、2時間強で基礎練習を終了。
久しぶりに身体&呼吸ときっちり向き合った時間になりました。
[2013/04/24 11:55] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
4/23 通常稽古①
制作の古殿です。

4/23(火)は2週間ぶりの通常稽古でした。
この日は、熊本大学演劇部の新入部員さんもいらして、
人口密度の高い稽古場となりました。

まずはウォーミングアップ代わりに
くまもん体操×3回、プリキュアの曲×3回踊りました。
プリキュア、リードは千恵美。なかなかの運動量。
s130423_194613.jpg

次にルミさんリードで、ストレッチ+筋トレ的なワーク。
きっちり・みっちり、筋肉を伸ばしたり、鍛えたりします。

ふーーーっ。
s130423_195621.jpg

きゅーーーっ。
s130423_201008.jpg
ワークが進む度に狭い稽古場の各所から
「うぅぅ…」「いたたた…」という声が聞こえてきました。
みなさん、自分の身体を知って、鍛えましょうね。

♪大きな古時計で腹筋。
曲に合わせて、上げている足の角度を変えていきます。

「大きなのっぽの古時計~」=90度
s130423_203918.jpg

「百年いつも動いていた~」=60度
s130423_203929.jpg

「おじいさんの生まれた朝に~」=30度
s130423_203935.jpg

「今はもう動かない~」=15度
s130423_203942.jpg

続いて「百年休まずに~」から、
再び15度→30度→60度→90度に足を上げていきます。
これまた、なかなかハードな運動でした。
[2013/04/24 11:54] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
4/17 千葉さん来熊
制作の古殿です。

4/17(水)、稽古場に珍しいお客様がいらっしゃいました。
千葉貴盛(たかし)さん。大阪市在住の俳優さん。
日本の文化や歴史を知るために、
そして各地の面白い人と会うために
全国をバイクで旅しているという方です。

最初、きららにメールが届いた時は、正直びっくりしました。
「一度お会いして」と書いてあったのですが、
大阪から熊本にいらっしゃるのだろうか?と
頭の中に「?」が並びました。

でも、お問い合わせのメールをいただいた時には
すでに大阪を出発されていたようです。

千葉さんの熊本入りの日程がわかって、
急遽、「千葉さんを囲む会」をきらら稽古場にて開催。
池田の声掛けに応じて、興味を持った方が集まってくれました。
s130417_201407.jpg
一人ずつ簡単な自己紹介をした後、フリートーク。
なぜ旅に出たのか、何をしてる人なのか、
旅先で出会った面白い人のこと、各県の印象、
わくわくすることは何か、彼女はいるのか、などなど
旅のことからプライベートなことまでいろいろお話を伺いました。

お話の端々から、決めたら動く決断力と行動力のある方、
というお人柄が伺えました。
この日のメンバーはみんな、千葉さんのお話から
「自分も動こう」というエネルギーをいただいた気がします。

みんなの千葉さんに対する興味は尽きず、
日付が変わってからやっと解散。

この後、九州は佐賀・長崎に行き、
関東・東北・北海道まで、まさに日本全国を回る予定だそうです。

千葉さん、熊本できららに寄って下さって、
いろんなお話を沢山聞かせて下さって、ありがとうございました。
この先も安全運転で素敵な旅を!

みんなで記念撮影。
s130417_225145.jpg
最前列・左から3番目が千葉さん。
座ってあるとわかりにくいですが、実は身長185センチくらいある方で、
立って隣に並ぶとびっくりしました。

千葉さんのブログ、ご興味ある方は是非↓
◎日本一周 旅人 千葉貴盛のブログ
http://ameblo.jp/sesibon516/
[2013/04/18 14:56] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
4/10 まるぶん塾スタート
制作の古殿です。

4/10(水)から、今年度のまるぶん塾がスタートしました。
昨年度に引き続き参加して下さる方、新規の方、
合わせて10名を超える参加をいただきました。

まるぶん塾さん、池田からそれぞれ挨拶があった後、
早速、講座に入りました。
まずは拍手を使ったゲームから。
s130410_192842.jpg
みなさん初回ということで緊張されてはいたものの、
ゲームのルールをすぐに理解されて、スムーズに進行しました。

「右か左」なども行ないました。
s130410_193701.jpg
拍手ゲームも「右か左」も、アイ・コンタクトや
人と向き合う・向き合わないという要素が入ってくるゲーム。
「人と目を合わせるのって、ちょっと嬉しい」
という感覚を思い出していただけたかなと思います。

ゲームが進むにつれて、
緊張の中にも楽しさを見つけていただいたようで
少しずつ笑顔や笑い声も増えていきました。

リップロールも体験していただきました。
s130410_204104.jpg
口を閉じた状態で合わさった唇を
息を吐き出すことで細かく振動させます。
声帯のストレッチの役割を果たすものです。

みんなでブルブルブルブル…
s130410_201247.jpg

まるぶん塾に集まって下さった、
みなさんの思いやきっかけは様々ですが、
みんなで楽しく続けていけたらいいなと思います。
みなさん1年間よろしくお願いします!

≪おまけ≫
まるぶん塾の事務局さんが、教室の中に
昨年度の成果発表会の写真を掲示して下さってました。
s130410_205225.jpg

ほんの1ヶ月ちょっと前のことですが、懐かしい。
そして、「たいへんよくできました」のはなまるが嬉しい。
s130410_205208.jpg
まるぶん塾さん、ありがとうございました!
[2013/04/18 14:52] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
4/1 日赤新人研修
制作の古殿です。

4/1(月)は日赤熊本県支部の新人研修の一環で
きららがワークショップを担当させていただきました。

熊本赤十字病院で研修のひとつ、
グループワークの発表会を見せていただいた後、
s-130401_150652.jpg

ワークショップの会場となる阿蘇の研修センターに移動。
s-130401_182438.jpg
写真は、研修センターからの風景。ちょうど日が沈むところでした。
きららはここ数年、こちらに寄せていただいてます。

今年も100名を超える職員さんが参加して下さいました。
最初に心身をあっためるちょっとしたワーク。
s-130401_191908.jpg
背中合わせに座り、腕を組んで、立ち上がります。
まずは2人組、次に4人組でチャレンジしてみました。
最後のひと組が立ち上がると、
会場中から「おぉ!」という声や拍手が自然と起こりました。

池田から、声についてお話させていただきました。
s-130401_193113.jpg
声の大きさや喋り方などは、自分の気持ちの違いで大きく変わります。
具体的にいろんな場面を想定して、
その時の声量や声色などを想像して、実践してみました。

参加している職員さんは、
患者さんと、あるいはお医者さんと看護師さんが、など
とにかく人とコミュニケーションを取る場面の多いお仕事。
現場を想像してか、みなさん真剣に耳を傾けて下さいました。

拍手を使ったワーク。
s-130401_200853.jpg
例えば、この人と決めて拍手を飛ばす「拍手飛ばし」など
相手が自分の目線に気づかないと、飛ばしても受け止めてもらえません。
単純ですが、実はアイ・コンタクトが重要になるワークをいくつか行ないました。

「タクシー」。
s-130401_202658.jpg
これは2人組で行なうワーク。
後ろの人は運転手。
前の人の肩に手を置いて、手の動きと歩く速さで移動を指示します。
前の人はタクシー。
目をつぶって、運転手の運転の通りに動きます。

目をつぶって進むのは結構怖いので、
タクシー役の人は、運転手を全面的に信頼しないとうまく進めません。
運転手は信頼に応えて、
安全に進路を考え、指示を出さなくてはいけません。

まさに「信頼」のワーク。
後半になると、息が合ってくるペアも出てきて、
職員さんたちにも余裕が見え始めました。

最後に、池田と宗による「おいしい」の朗読を聴いていただきました。
s-130401_204458.jpg
約2時間のワークショップの最後だったにも関わらず、
みなさん集中して聴いて下さっているのがわかりました。

きららが伺ったのは3日間の研修の1日目のほんの2時間。
職員さんたちは、残り2日もみっちり研修を受け、
それぞれの配属先に移動されるそうです。

日赤は国内外での災害救護活動も活発に行なっておられ、
その活動に関心があって入社された職員さんも多いそうです。
病院は命と向き合う現場、
被災地となればなおのこと過酷な状況があると思います。
そんな中、同期の職員がいることが
皆さんの心の支えになっていると聞きました。
今回のワークショップが
皆さんの同期としての絆を作るきっかけになっていれば嬉しいです。

皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。
ご活躍を期待しています。
[2013/04/16 22:04] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
3/30 永畑ピアノ教室ワークショップ
制作の古殿です。

日程が前後しますが、
3/30(土)、健軍にあるやまなみ保育園さんのホールで
永畑ピアノ教室の生徒さんを対象に演劇ワークショップを行ないました。

「ピアノ教室なのに、なぜ演劇ワークショップ?」と
思われる方もあると思います。
今度のピアノの発表会で、
ピアノの演奏だけでなく、生徒さんが詩の朗読もされるということで、
先生からご相談を受け、お手伝いに伺うことになったのでした。

まずは、みんなで自己紹介。
自分の名前、ピアノを習っている年数、自分の好きな食べ物を紹介します。
s-130330_131945.jpg
10代から50代まで、先生も含めて14名。
りんご、とり天、こんにゃくなど好きなものは様々でした。

次にきららのワークショップではおなじみの“ヘンな声大会”。
アニメの男の子の声、キュートな女の子の声で
池田がセリフを言うのを真似してもらいます。
さすがピアノ教室の生徒さん、みんな耳が良くて、
すぐに反応してイメージに合う声をくれました。

さぁ、本題の詩の朗読です。
ひとつひとつの詩は先生が選んだそうで、素敵なものばかり。
それぞれ自分の担当の詩は練習して来られているようで
みなさん上手だったので、ちょっとずつお手伝いさせていただきました。

朗読前のピアノ演奏の終わり部分を演奏してもらい、
生徒さんの朗読を聴かせていただきながら、詩の世界観を探ります。

「ひとつずつ、だんだんに目線を上げていきましょうか」
s-130330_140700.jpg

「かけあいでやってみよう」「目線を合わせて」
s-130330_144338.jpg

「かかしに、イメージを教えてあげるつもりで話しかけてみて」
s-130330_145356.jpg
などなど。

あくまで池田のイメージなのですが、
共感して下さったり、あるいはとにかくやってみて下さいました。
そばで見ていると、朗読がどんどん立体的になり、
聴いている側の視覚的なイメージもぐんと広がっていきました。

ピアノの練習と朗読の稽古、両方は大変だと思いますが、
みなさんがんばって下さい。
本番が楽しみです。

≪おまけ≫
卒園式後、そのままになっていたと思われるホール内。
下の写真は、壁に掲示されていた祝詞。
なんと “えづこの カモ いちどう” さんから!
s-130330_152221.jpg

ホールの天井には、沢山の魚たちと一緒に泳ぐ大きなクジラ。
s-130330_152441.jpg
魅力的な絵で、見ていて全然飽きません。
素敵なホールでした。
[2013/04/16 21:02] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
素敵長崎レポート③
素敵長崎2日目の公演を終えた後、会場をそのままお借りし、
長崎公演とツアー終了の打ち上げをしました。
s-130407_195535.jpg


主催の川内さんから乾杯の発声、
メンバーそれぞれ思い思いの飲み物を持って「かんぱーい!」。
s-130407_195826.jpg

公演はもちろん、打ち上げにもたくさんの方が参加して下さいました。
会場内、各所で話に花が咲きます。
s-130407_200614.jpg

打ち上げ中、
ちょっぴり早いけど池田の誕生日をみんなでお祝い。
s-130407_203726.jpg
出演の二人に囲まれて、お祝いのケーキとともにパチリ。

固い握手を交わす、同い歳の二人。
s-130407_204011.jpg
右は川内さんとの劇王繋がりで、
福島(!)から観劇に来て下さった、劇団ユニットラビッツの佐藤茂紀さん。

留美が二人!
s-130407_212828.jpg
左は、初演で留美を演じた篠崎 雅さん。
右は、今回、留美を演じた酒瀬川真世さん。
貴重なツーショット。

左は、前述の池田と同い歳・福島の演劇ユニットラビッツの佐藤茂紀さん。
中央は、長崎県諫早市を中心に活動する、劇団ヒロシ軍の荒木宏志さん。
s-130407_221026.jpg

ほとんどの方が遅い時間までお付き合い下さいました。
皆様、ありがとうございました。
その土地独自の出会いがあるのがツアーの魅力ですが、
この作品が繋いでくれたご縁も沢山ありました。

こうして「素敵じゃないか」2012-2013ツアーが終了しました。
改めて、ご来場いただいた皆様、お力を貸して下さった皆様、
本当にありがとうございました。
皆様にいただいたエネルギーを次に繋げていけたらと思います。

≪おまけ≫
差し入れでいただいた、長崎の地サイダー「BANZAIサイダー」。
s-130407_195409.jpg
明治期に長崎で生産されていたサイダーを復刻したものだそう。
ぴりぴりしない、食事とも合うやさしい味わい。上品な香り。
おいしかったです。
[2013/04/16 20:01] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
素敵長崎レポート②
素敵長崎、ある日の食事風景。
s-130407_113549.jpg
あったかいご飯、お味噌汁や手造りお惣菜が並びます。
長崎制作の枡田さん&蒔田さんのおかげ。
みんなで一つの食卓を囲んで食べる光景は家族みたいです。
カメラ目線でピースサインをくれたのは、出演のサカセさん。

枡田さん&蒔田さんは、食事やおやつだけでなく、
公演時の受付やお客様の案内など
県外メンバーも多い素敵長崎公演を幅広く支えて下さいました。感謝!

昼・夕2公演行なった2日目の17日(日)には
おやつの時間も挟んで、メンバーみんなでエネルギー補給。
s-130407_145843.jpg
美味しい差し入れもたくさんいただきました。
皆さん、お心遣いをありがとうございました。

F'sさんの備品のコップたち。
同じ素材のトレイとともに大活躍。
s-130407_173716.jpg
カラフルな食器で食卓がぱっと明るくなりました。
F'sさん、ありがとうございました。
[2013/04/16 19:55] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
素敵長崎レポート①
制作の古殿です。
少し時間が経ちましたが(すみません!)、
「素敵じゃないか」長崎公演の周辺をレポートします。

長崎に着きました。
駅ではカラフルでポップな蛇(じゃ)が出迎えてくれました。
s-130407_105205.jpg
さすが蛇踊りで有名な長崎。
写真で大きさが伝わりにくいのが残念。

長崎公演の会場となった“宝町ポケットシアター”は、
路面電車で長崎駅前から2駅のところにあります。
普段はF's companyさんの稽古場として使われている場所で、
入口にはF'sさんのロゴが掲示されていました。
s-130407_112759.jpg
コンパクトな空間ながら、水周りやお手洗いもあり、
PAや受付ブースも組み込まれています。
壁を黒く覆ったり、天井も機材を吊れるようパイプが組まれていて、
“公演する場所”を汲んでの場所作りがなされていました。

実は、ここは「素敵じゃないか」初演の場所で、
初めて伺ったのに、ただいまという気持ちになりました。
同じ場所で、再び同じ作品を上演できることが感慨深かったです。

こちらはF's company代表の福田修志さん。
打ち上げの帰りのところをパチリ(ブレててすみません!)。
s-130407_221257.jpg
3日間、長崎の地理に不案内で、会場に不慣れなメンバーもいる、
素敵組を支えて下さいました。
福田さん、F's companyのみなさん、大変お世話になりました。
ありがとうございました!

≪おまけ≫
会場付近のすごい階段を撮り損ね、
別の場所ですが、長崎の風景をお届けします。
s-130408_103628.jpg
この場所に来るまでに、ひとつ坂道登って来たんですが、
さらに坂道が続き、山の中腹どころか、てっぺん近くまで住宅が密集。
さすが、坂の街・長崎。
[2013/04/16 19:50] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「素敵じゃないか」長崎 終了しました
s-130407_224729.jpg
制作の古殿です。

遅ればせながら、
「素敵じゃないか」長崎公演を無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、いろんな形で力を貸して下さった皆様、
本当にありがとうございました。

おかげさまで、長崎の3公演も
満席のお客様にご来場いただくことができました。

昨年12月の大分公演から始まった素敵ツアーも
今回の長崎公演でいったん終了となります。

改めて、ご来場いただいたお客様、関わって下さった皆様に感謝です。
この作品、このメンバーで、また皆様にお会いできる日を願って。

写真は左より、
主催・出演の川内清通さん@長崎・RAWWORKS
出演の酒瀬川真世さん@福岡
作者のたじま裕一さん@長崎・長崎ドラマリーディングの会
演出の池田美樹@熊本・劇団きらら

≪「素敵じゃないか」2012-2013ツアー一覧≫
2012年12月8日-9日 3st AT HALL@大分
2013年 2月2日-3日 3st ギャラリーキムラ@熊本
2013年 4月6日-7日 3st 宝町ポケットシアター@長崎
[2013/04/12 23:12] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
きらら通常稽古のお誘い。
【きらら通常稽古のお誘い】

毎週(火)19~22時@きらら稽古場 

ストレッチ・発声・エチュード等 


本日(4/9(火))もやってます。
経験不問。
どなたさまもお気軽に☆


kirara@sa.kcn-tv.ne.jp
[2013/04/09 12:43] | 未分類 | トラックバック(0) |
「素敵じゃないか」長崎公演チケット情報
auto_HCQf1T.jpg
制作の古殿です。

「素敵じゃないか」長崎公演は
おかげさまで、3公演とも前売券が完売しております。
ご購入・ご予約いただいた皆様、本当にありがとうございました!

当日券は若干枚数ご用意させていただきますが、
舞台美術の都合上、見づらいお席になる可能性がございます。
あらかじめご了承下さい。

◎RAWWORKS主催・池田美樹演出
 「素敵じゃないか」長崎公演

日程:2013年4月6日(土)19:00
           7日(日)13:00/16:00

会場:宝町ポケットシアター
チケット:当日料金 一般2,500円・大学生以下2,000円

*上演時間は約70分

ご予約・お問い合わせ:
劇団RAWWORKS 080-4286-4017 mail@rawworks.info

◎RAWWORKSホームページ
http://rawworks.info/index.php?FrontPage
*大分・熊本公演のアンケートも掲載しています。
[2013/04/05 10:21] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
4/3 素敵稽古
制作の古殿です。

4/2(火)4/3(水)は「素敵じゃないか」稽古、
長崎公演前の最後の稽古でした。

4/3(水)は夕方から
役者の川内さん・酒瀬川さん、演出の池田が集まって、
気になる部分を返し稽古。

稽古後の3人の図は素敵稽古レポートでは恒例になりましたが、
この日も、いつも以上に、丁寧に、じっくりと
稽古で感じたことを話し合っていました。
s-130403_195012.jpg
写真左から川内さん、ピンクのパーカーの後姿は酒瀬川さん、
右は演出の池田。

この日の通し稽古には、演劇関係者や一般の方も交えて、
10人以上の見学の方が来て下さいました。
びっくりするやら、有り難いやら。
s-130403_201038.jpg
小さな稽古場にぎゅぎゅっと詰め合わせて観ていただきました。
みなさん、ありがとうございました。

簡易の舞台美術をセッティングして、通しスタート。
s-130403_202134.jpg
オープニングのシーンを見守る後ろ姿は、演出の池田。

不妊治療を続ける30代の夫婦、留美と末虎。
穏やかな会話の端々から、
不妊治療が二人の日常になっている様子が垣間見える。
s-130403_204714.jpg

s-130403_205823.jpg


できちゃった婚の20代カップル、カオリと涼太。
望まぬ妊娠という現実に向き合わざるを得なくなった二人。
s-130403_203952.jpg

s-130403_204141.jpg


通し終了後、見学に来て下さった方々とフリートーク。
s-130403_214114.jpg
熊本公演を観た方、この日の通しで初めて「素敵」を観た方、
年齢も、性別も、人生経験も、様々なお客様、
それぞれの立場で感じたことを沢山話していって下さいました。
遅い時間まで本当にありがとうございました。

みなさんからいただいたエネルギーを持って長崎に向かいます。
長崎のお客様にも素敵の世界を存分に味わっていただけますように。

/////
おかげさまで、長崎公演は全公演とも前売券が完売しております。
ご購入・ご予約いただいた皆様、本当にありがとうございました!

当日券は若干枚数ご用意させていただきますが、
舞台美術の都合上、見づらいお席になる可能性がございます。
あらかじめご了承下さい。

◎RAWWORKS主催・池田美樹演出
 「素敵じゃないか」長崎公演

日程:2013年4月6日(土)19:00
           7日(日)13:00/16:00

会場:宝町ポケットシアター
チケット:当日料金 一般2,500円・大学生以下2,000円

*上演時間は約70分

ご予約・お問い合わせ:
劇団RAWWORKS 080-4286-4017 mail@rawworks.info

◎RAWWORKSホームページ
http://rawworks.info/index.php?FrontPage
*大分・熊本公演のアンケートも掲載しています。
[2013/04/05 10:13] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「たじま裕一さん」について。
池田美樹です。

「素敵じゃないか」熊本公演からこっち、
「どんな人が書かれたのか?」という質問をいくつも受けました。

「長崎に住む、底抜けに明るい30代の男性です」
そのたびにこう応えてます。

たじま裕一さん。
長崎ドラマリーディングの会代表。


稽古を重ねるごと、「明るいなぁ」と思います。
物語が、というよりたじまさんが。
私だったら絶対「崩壊」に向かう展開&言葉が数箇所。


「やっぱ無理だわ。一生おまえひとりって無理」
デキ婚カップルの男子が言う。

「ニュースでよう死によるたい、子ども。
ばってんうちにはおらん。なんやそいって感じさ」
不妊夫婦の夫が言う。

どちらも最後通牒のような言葉。
私なら身のうちで、ビル破壊のときのような噴煙が上がる。

だけどこの台本では、
どちらの場面でも、相手の女性が、ひるむことなく会話をつなぐ。
結果「日常」が取り戻され、「明日」につながっていく。

最悪なことにはならないと信じている。
いや。
最悪なことだと感じない気性を持っている。


うん、こっちだな。

作者・たじまさんの明るさなのか、
たじまさん自身の理想の女性なのか。
いや、どっちもか。

それをまた、酒瀬(酒瀬川真世)が、
持ち前の底抜け感で、試練を踏み跳ねながら飛び越えて行く。


公開稽古を観に来て下さった男性が、
facebookにこんな感想を書いて下さった。


 劇は当然始まりがあって終わりがあるもので、
 …彼らのその後を知ることは出来ないのですが、
 望み通りになれば良いなあではなくて、
 望み通りにならないことも「素敵じゃないか」と思えれば良いなあと思いました。



たじまさんがおめでたい人なわけでは、決してない。

だけど、お祭りみたいな人では、ある。

あいや。
「お祝い」みたいな人で、ある。


試練をどう捉えて行くか。

自分では決して書けない展開の物語を演出する。
本当にね、冥利です。
長者です。


明日から長崎に。
この、お祝いのような、お祭りのようなお話を、丁寧に届けます。


164808_130535847013898_564669_n.jpg


たじまさん。
もっとかっこいい写真はいっぱいあるけど、
これがいちばんたじまさんを表している。と、思う。

絵本に出て来るライオンみたい☆

[2013/04/04 21:44] | 未分類 | トラックバック(0) |
池田美樹出演情報。、
■池田美樹・出演情報■

池田美樹です。


本日4/2(火)「テレビタミン」@KKT (16:45~19:00) 

コメンテータとして出演します。

本日の特集のひとつ、
「平均年齢70歳以上!おかあさんたちの大道芸!」

これかなり気になります(-_☆)


お時間ある方、是非☆

最近、髪を染めました。
茶かっぱ頭をご覧下さい。
[2013/04/02 12:25] | 未分類 | トラックバック(0) |
おしらせ

★参加者募集中★
演劇ワークショップ
「真夏の演劇チャレンジ」
詳細はこちら
2019年9月14日(土)~15(日)
@鏡文化センター

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する