FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
2/22 玄海こらぼ劇場稽古おまけ
制作の古殿です。

2/22(金)は、きらら稽古場にて玄海こらぼ劇場稽古でした。
その稽古本編の様子は、こらぼ劇場ブログを参照していただき、
この場はそのおまけ編です。

古殿が勝手に気に入った靴下を紹介するコーナー。
今日の靴下は、きらら代表の池田美樹の靴下です。
s130223_004951.jpg
本体部分の押さえたグレーと対照的な、
指の1本1本の鮮やかな色づかい、
そしてかかとの部分は赤なんですよ(ちらっと見えますか?)。
冬の靴下ならではの温かそうな質感もいいです。

シンプルなデザインなのに、
こんなにかわいいと感じさせてくれるなんて!
ああ、愛しの靴下。
[2013/02/23 01:47] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/21 玄海こらぼ劇場稽古@きらら
制作の古殿です。

2/21(木)の玄海こらぼ劇場は
劇団きらら稽古場で稽古を行ないました。
稽古の様子は、玄海こらぼ劇場ブログをご覧下さい。

本番を行なう片岡演劇道場ときららの稽古場では
広さも雰囲気も全然違います。
道場の独特の空気感を思い出しながらの稽古でした。

◎玄海こらぼ劇場ブログ
http://www.gkirara.com/blog3/
[2013/02/22 17:36] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/20 まるぶん塾
制作の古殿です。
2/20(水)は、まるぶん塾の日でした。
3月上旬の発表会に向けて、メンバーも気合が入ってます。

物語の序盤、替え歌版♪ケ・セラ・セラを歌う面々。
s130220_192324.jpg
画面に収まりきれない12名のエネルギー。

ここ数年のまるぶん塾には珍しい男性陣、
自分でポーズを考える場面で素敵なはじけっぷり。
s130220_192526.jpg

今回の物語は「時空バスセンター」。
誰でも一度は考える『あの日、あの時に戻れたら…』を叶える
夢のようなバスが発着する、架空のバスセンターが舞台です。

彼女の誕生日を忘れてしまう男性と、
時空バスを勧める怪しい(←褒め言葉)営業マン。
s130220_193009.jpg

そこに、過去に戻ってやり直したい女性二人もやってきます。
s130220_200525.jpg

逆に、未来を見に行きたい学生コンビ。
s130220_202028.jpg

時空バスをいぶかるフリーライターも登場し、
20年間、無事故・無違反の時空バス運転手らとひと悶着。
s130220_201606.jpg

40年前行きのバスに乗る人を探して、
自分の思いを託そうとする男性。
s130220_202900.jpg

バスセンターの切符売り場の主が
そんな様々な人の思いを受け止めるように見守っています。
s130220_194247.jpg
写真左は、作・演出を担当する池田。

まるぶん塾のメンバーでしかできない、
面白い作品ができつつあります。
本番に向けて、みんなでがんばりましょう。

◎まるぶん塾・劇団きららの演劇教室2012
 成果公演「時空バスセンター」

作・演出:池田美樹(劇団きらら)

日時:2013年3月3日(日)13:00/15:00/17:00
会場:金龍堂まるぶん店2F特設会場

※観覧をご希望の方は劇団きららまで必ずご連絡下さい。
 tel 096-346-3437
 mail kirara@sa.kcn-tv.ne.jp
[2013/02/22 16:46] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/19 玄海こらぼ劇場稽古@片岡演劇道場
制作の古殿です。

玄海こらぼ劇場2/19(火)の稽古の様子を
玄海こらぼ劇場ブログにアップしています。

本番と同じ会場で稽古ができる有り難さ、
心地よい緊張感の中、稽古しています。
小劇場メンバーにとっては、花道のある会場や書割のセットが新鮮。

毎回、おぉぉ~という発見や感動がある道場での稽古、
小劇場のお芝居が好きな方にも
私たちと同じように新鮮に感じていただけるのではないでしょうか。
是非、公演見ていただきたいです。

◎玄海こらぼ劇場ブログ
http://www.gkirara.com/blog3/
[2013/02/20 16:02] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/18 玄海こらぼ劇場 顔合わせ
制作の古殿です。

2/18(月)、片岡演劇道場にて
玄海こらぼ劇場の顔合わせを行ないました。
大衆演劇・清和文楽・熊本小劇場・そしてエキストラの皆さんが
一堂に会して、いよいよ本格的にスタートです。

顔合わせの様子は、玄海こらぼ劇場ブログをご覧下さい。

◎玄海こらぼ劇場ブログ
http://www.gkirara.com/blog3/
[2013/02/19 16:49] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
玄海こらぼ劇場 チケット取り扱いお知らせ
制作の古殿です。

代表の池田美樹が演出で関わっている、
玄海こらぼ劇場vol.1「恋する源兵衛」の
チケット取り扱いのお知らせをブログにアップしました。

また、稽古の様子もちょこちょことレポートしていますので、
ぜひ覗いてみて下さい。

◎玄海こらぼ劇場ブログ
http://www.gkirara.com/blog3/
[2013/02/18 01:51] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
池田が読売新聞で取り上げられました
s130216_171810.jpg
制作の古殿です。

2/16(土)付の読売新聞さんの朝刊にて
代表の池田美樹を大きく取り上げていただきました。
「演劇・九州派」という月1回のシリーズ企画で、
先日、このブログでもご紹介した取材が記事になったものです。
臼山さん、板山さん、お世話になり、ありがとうございました。

「コデ。」「素敵じゃないか」など池田が近年演出した作品を例に
池田の作品を『人間賛歌』と表現していただいています。
作品づくりのテーマや、池田が考える演劇の面白さ、
地方で演劇を続けることについて、お話させていただきました。

こうして取り上げていただくのも、
池田やきららの作品を応援して下さる皆さんのおかげです。
ありがとうございます。

是非たくさんの方に読んでいただければと思います。
[2013/02/16 17:33] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/11 よこしま物語Ⅱ お披露目公演④
よこしま物語Ⅱ「潮の向こうに~あげひばりの空~」は
全編オリジナル楽曲で構成されています。

作曲を手がけたのは、with a clinkの北村 茜。
本当に彼女の音楽の才能とセンスには脱帽です。
池田の期待に見事に応えてくれました。
そして、仕事が早いのです。すばらしい。

終演後、作曲の北村 茜(左)と演出の池田美樹。
s130211_152416.jpg

「あげひばりの空が」上演される度に、
茜の作った曲が流れると思うとなんだか嬉しいです。

/////
おまけ。
バレンタインが近いということで、
子どもたちがチョコを一人ひとりにくれました。
手作り!
s130211_200455.jpg
おいしくて、ぺろりと食べてしまいました。
ありがとう!
[2013/02/14 00:55] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/11 よこしま物語Ⅱ お披露目公演③
会場には、たくさんのお客様が集まって下さいました。
朗読会メンバーがステージ上に登場し、
池田がマイクを受け取って、いよいよ本番スタート。
s130211_134542.jpg
ステージ一番右が池田です。

横島は400年の歴史を持つ町。
数ある歴史的エピソードの中で、昭和2年に起こった潮害は
今でも語り継がれている、大きな事件でした。

今から85年前、横島町は大きな台風に襲われます。
台風のピークと満潮が重なり、
堤防を越えて波が次々にやってきたそうです。

天気予報も、テレビもラジオもない時代。
横島の人たちが、いかにして町と自分たちの命を守ったのか。
その知恵と勇気が劇を通じて伝わってきます。
s130211_140440.jpg

劇の最後は、潟担い節保存会の方々も加わって
客席を巻き込んで『横島音頭』を歌い、踊りました。
s130211_143043.jpg
♪新地横島 お米がじまん 汗で仕立てた 味のよさ
 夏は苗代 青田の海が 秋は穂波の 秋は穂波の海となる~

劇中ふと客席を見ると、お客様がすごく集中して、
朗読を聞いて下さっているのがわかりました。
事ある毎に温かい拍手を送って下さって、
お客様に支えられた公演となりました。

池田から聞いた話ですが、ステージ上から見ると、
涙を流して、大きくうなづきながら聞いて下さっている
お客様もあったそうです。
あとから伺うと、実際に昭和2年の潮害を体験した方でした。

潮害を体験した方がいる。
そして、自分たちの歴史として語り継ぐ町の人たちがいる。

朗読会の皆さんが
このエピソードを劇にして残したいとおっしゃった気持ちが
少しわかった気がしました。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
朗読会の皆さん、お疲れ様でした!
[2013/02/14 00:48] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/11 よこしま物語Ⅱ お披露目公演②
ホールの入り口には看板も設置して、
お客様を迎える準備も万端。
s130211_114936.jpg

一方、ホール内では最後のリハーサルを行ないました。

今作のテーマ曲とも言える『横島音頭』を劇中で踊って下さる、
地元の潟担い節保存会の皆さんとのリハーサル。
s130211_113008.jpg

予定より少し時間が押しましたが、
本番前の貴重な最後のリハーサルとあって、
朗読会のみなさん、集中して行なっておられました。
s130211_120637.jpg

これからのスケジュールの確認と同時に、
気になった点をお互いに指摘しあったり、
ぎりぎりまで、作品をよくしようと案が出てくる現場。
朗読会の皆さんの妥協しない姿勢が現れています。
s130211_123843.jpg
ステージ下から朗読会メンバーに声をかけているのが
池田(の後ろ姿)。
[2013/02/14 00:07] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/11 よこしま物語Ⅱ お披露目公演①
制作の古殿です。

2/11(月・祝)は、
よこしま物語Ⅱ「潮の向こうに~あげひばりの空~」の
お披露目公演の日でした。

会場は、玉名市横島町公民館ホール。
s130211_120306.jpg

天井の木材とシャンデリアが美しい、
新しくて、きれいで、立派なホールです。
s130211_103841.jpg

きらら組も朝いちで会場入り、仕込みに取り掛かりました。
s130211_091423.jpg

仕上げに「よこしま物語」の横断幕と
今回のタイトルを大きく掲げて、ステージの完成です。
s130211_102718.jpg
[2013/02/13 23:54] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
玄海こらぼ劇場 チラシできました!
s130213_175959.jpg
制作の古殿です。

玄海こらぼ劇場のチラシができました。
大衆演劇でも、清和文楽でも、小劇場でもない、
熊本ではあんまり見ないタイプのチラシだと思います。

これからどんどん配布していきますので、
ぜひお手に取ってご覧下さい。

◎玄海こらぼ劇場ブログ
http://www.gkirara.com/blog3/
[2013/02/13 23:25] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
素敵熊本 劇評が熊日に掲載されました
s130213_230925.jpg
制作の古殿です。

2/13(木)付の熊本日日新聞・夕刊「ステージ@熊本」のコーナーで
「素敵じゃないか」熊本公演を取り上げていただきました。
ありがとうございました!

公演をご覧になった方も、見逃した方も、
ご興味ある皆さんに読んでいただけたら嬉しいです。
(お知らせが遅くなって、すみません!)

4月の長崎公演まで素敵カンパニーの挑戦は続きます。
丁寧に、息長く、育てていきたいと思います。

◎■RAWWORKS主催・池田美樹演出
 「素敵じゃないか」長崎公演

日程:2013年4月6日(土)19:00
           7日(日)13:00・16:00
会場:宝町ポケットシアター
チケット:一般2,000円・大学生以下1,500円(当日各500円増)

*上演時間は約70分

ご予約・お問い合わせ:
劇団RAWWORKS 080-4286-4017 mail@rawworks.info

◎RAWWORKSホームページ
http://rawworks.info/index.php?FrontPage
[2013/02/13 23:21] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/10 よこしま物語が熊日に掲載されました
s130211_032053.jpg
制作の古殿です。

2/10(日)、熊本日日新聞の朝刊にて
先日のよこしま物語Ⅱ「潮の向こうに~あげひばりの空~」の
稽古の様子と発表会の紹介が掲載されました。

枠そのものも、写真も、大きく取り上げていただきました。
熊日さん、ありがとうございました!

作品は、昭和2年の潮害に、横島町の住民たちが立ち向かい、
乗り越えた様子をファンタジーを交えて描いたもの。
内容そのものに、朗読部会の皆さんの生きた言葉が加わり、
熱量を持った劇になりました。

昨年から約1年かけて製作してきた劇ですが、
これからさらに発表を重ねて、成長していくはずです。
その船出をたくさんの方に観て聞いていただきたいです。
ご興味のある方、是非お出掛け下さい。

◎横島町民による朗読劇
よこしま物語Ⅱ「潮の向こうに~あげひばりの空~」

日時:2013年2月11日(月・祝)13:30~15:30
会場:横島町公民館多目的ホール
※入場無料
[2013/02/11 03:39] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
時空の旅・ひで
制作の古殿です。

2/10(日)、宮崎県立芸術劇場企画・製作の
「演劇・時空の旅」シリーズ#5
1969年/日本『日本人のへそ』(2日目にあたります)を
観に行って来ました。

宮崎行きの証拠写真!?
s130210_132027.jpg
そういえば、今まで何度か宮崎に来ていますが、
いずれもお芝居を観に来ています。
機会があれば、観光目的でも是非。

会場はメディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)です。
s130210_172925.jpg

館内のあちこちにポスターが掲示してありました。
s130210_172338.jpg

こんな風に、チラシとともに出演者の顔写真も掲載して
紹介しているものもありました。
s130210_172519.jpg

終演後のひでこと、我らが豊永英憲。
s130210_171406.jpg
1ヶ月、芝居漬けの充実した日々を過ごしているのが
伝わってくるようでした。

いよいよ明日11日は千秋楽。
当日券は13時から若干枚数発売とのこと。
お求めの予定の方は、お早めにお出掛け下さい。

◎「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本
 『日本人のへそ』

日時:2013年2月9日(土)18:00
          10日(日)14:00
          11日(月・祝)14:00

会場:メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)

チケット:日時指定・全席自由 一般3,000円(当日500円up)


◎演劇・時空の旅シリーズ公式ブログ
http://jikunotabi.exblog.jp/

◎公演詳細はこちら
http://www.miyazaki-ac.jp/?page_id=262
[2013/02/11 03:19] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/7 よこしま物語稽古
制作の古殿です。

2/7(木)、よこしま物語Ⅱ「潮の向こうに~あげひばりの空~」の
稽古のため、池田と一緒に横島町公民館に伺いました。
2/11の発表会前の最後の稽古で、
朗読部会の皆さんも気合が入っておられました。

通し稽古の前に発声練習。
s130207_195836.jpg

音響も入り、見学の方も来て下さって、
いい緊張感の中で通し稽古が進みました。
s130207_204207.jpg

劇の一場面。
小学校~中学校の子どもたちは
劇中に子どもならではの明るい雰囲気を生み出します。
s130207_204035.jpg

稽古中の子どもたちと池田の様子。
s130207_202205.jpg
学校行事や部活動、宿題など学校関連でも忙しい中、
朗読劇の活動を続けてくれる子どもたちは、貴重な存在です。

今回の作品は、
昭和2年に横島町を襲った潮害を題材にしたもの。
歴史上の事実をファンタジーも交えて朗読劇に仕立てています。

横島の歴史を、横島の人たちが語ることで
素朴な中にも力強いメッセージが生まれます。
s130207_205842.jpg

発表会は入場無料で、どなたでもご参加いただけます。
ご興味ある方、是非足をお運び下さい。

◎横島町民による朗読劇
よこしま物語Ⅱ「潮の向こうに~あげひばりの空~」

日時:2013年2月11日(月・祝)13:30~15:30
会場:横島町公民館多目的ホール
[2013/02/10 02:39] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
玄海こらぼ劇場 エキストラオーディション終了
制作の古殿です。
2/4(月)、玄海こらぼ劇場の
エキストラオーディションを行ないました。
遅ればせながら、レポートをアップしました。

オーディションなのに、
一時、玄海さんのワークショップのような状態になり、
地元演劇人にとっても貴重な時間となりました。

■玄海こらぼ劇場ブログ
http://www.gkirara.com/blog3/

玄海さんも早速、ブログアップされてました。
■玄海竜二公式ブログ
http://kataoka.otemo-yan.net/e727294.html
[2013/02/10 02:11] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
豊永英憲コメント
s130209_020934.jpg

制作の古殿です。

「日本人のへそ」に出演のため
宮崎でがんばっている豊永英憲より
コメントが届きましたので、ご紹介します。

--
1969年の何かしらの「熱」を
観ていただく人にも感じてもらえるように頑張ります。
僕にしては珍しく、力技(?)で芝居します。
よかったらそれも楽しんでもらえれば!

豊永英憲
--

写真はチラシ上部のひで君をアップで撮影したもの。
どんな役で出演するのでしょうか。
チラシからだけでは想像できませんが、
永山演出・九州各地から集まった共演者の皆さん・充実した環境の中で
いつもと違ったひで君が生まれているのではないかと楽しみです。

直前のお知らせではありますが、ぜひお出掛け下さい!

◎「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本
 『日本人のへそ』

日時:2013年2月9日(土)18:00
          10日(日)14:00
          11日(月・祝)14:00

会場:メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)

チケット:日時指定・全席自由 一般3,000円(当日500円up)


◎演劇・時空の旅シリーズ公式ブログ
写真が充実しています。ご興味のある方は是非チェックを!
http://jikunotabi.exblog.jp/

◎公演詳細はこちら
http://www.miyazaki-ac.jp/?page_id=262
[2013/02/09 02:25] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
豊永英憲サイト
shidenori-toyonaga.jpg

制作の古殿です。
2/9(土)~11(月・祝)「日本人のへそ」@宮崎に出演する豊永英憲、
自身の新たになったブログでも
ちょこちょこ稽古の様子や公演への気持ちなど語っています。
是非ご覧下さい。

◎豊永英憲サイト「Travel Center」
http://hideru429home.blogspot.jp/

ちなみにツイッターもやってます。
◎豊永英憲ツイッター
https://twitter.com/Hide_Toyonaga
[2013/02/08 11:11] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
読売新聞さん取材
s130205_145433.jpg
制作の古殿です。

2/5(火)、きらら代表の池田美樹が
読売新聞さんの取材を受けました。

「演劇 九州派」という、一ヶ月に一人ペースで
九州の演劇人を紹介していくシリーズで取り上げていただいたのです。

この取材の内容は、
読売新聞 2/16(土)朝刊・文化面にて紹介される予定です。
(※掲載日はあくまで予定ですので、その点ご了解下さい)

ちなみに第1回目で取り上げられていたのは
飛ぶ劇場の泊 篤志さん。

こうして、池田や演劇が取り上げられることで
演劇に興味を持ってくれる人が少しでも増えたら
素敵なことだなぁと思います。

皆様、楽しみにお待ち下さい。
[2013/02/08 10:58] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
豊永英憲出演「日本人のへそ」まもなく公演
s130207_152013.jpg
制作の古殿です。

宮崎県立芸術劇場が制作している舞台、
「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本 『日本人のへそ』。

古代ギリシャから現代まで、
世界各地に残る戯曲を取り上げ、製作・上演する、
その名の通り、演劇による時空を旅するような企画。
九州を拠点に活動する役者が各県から集められ、
宮崎県立芸術劇場ディレクターであり、こふく劇場代表の
永山智行さんが演出します。

九州の演劇人にとっては、
この舞台に出演することがステイタスのひとつにもなっている、
年に一度の大きな企画です。
きららからは宗 真樹子も2度、呼んでいただきました。

今回、熊本からは、きららの豊永英憲が声をかけていただき、
2度目となる時空の旅に挑戦しています。
宮崎に約1ヶ月滞在、九州各県からやってきた役者さんたち、
演出の永山智行さんらに囲まれ、鍛えられていることと思います。

ほかに、熊本からは
きららの「星の王子さま」などに出演してくれた
不思議少年の大迫旭洋君も出演しています。

先日、プレビュー公演をご紹介しましたが、
満席近いご来場があり、幕を閉じたそうです。
演劇ファンや宮崎の方々の期待度の高さが伺えます。

作品は井上ひさし作「日本人のへそ」。1969年の作品です。
お芝居の舞台は、昭和44年の吃音矯正学院。
吃音症患者にお芝居をさせ、歌をうたわせ、
吃りを直そうという治療のための音楽喜劇が行なわれます。
はたして、この劇の顛末は?

毎年注目されている企画ですが、
まだ幸いにチケットはあるようです。
九州の演劇人を一度に見ることができる、貴重な機会でもあります。
ひでファンのみなさまも是非お出かけ下さい。

◎「演劇・時空の旅」シリーズ#5 1969年/日本
 『日本人のへそ』

日時:2013年2月9日(土)18:00
          10日(日)14:00
          11日(月・祝)14:00

会場:メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)

チケット:日時指定・全席自由 一般3,000円(当日500円up)

◎詳細情報はこちら
http://www.miyazaki-ac.jp/?page_id=262

◎公式ブログはこちら
http://jikunotabi.exblog.jp/
[2013/02/07 16:00] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
素敵熊本 千秋楽アンケート公開中
制作の古殿です。

「素敵じゃないか」熊本公演アンケート、
千秋楽公演分もRAWWORKSホームページで公開されました。
これで熊本3公演分、すべてご紹介したことになります。

熊本公演を振り返ってみたい方はお友達と感想を話しているつもりで、
長崎公演に行こうかなと考えている方はご参考に、
ぜひお読み下さい。

◎「素敵じゃないか」熊本公演 2日目昼公演アンケート
素敵熊本・千秋楽アンケートはこちら
[2013/02/07 15:32] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
1/31 アクトアップキッズEx②
この日の主なワークは、
「アップルパイの作り方」の朗読でした。
2人組になって、まずは台本を読んでみます。
s130131_181542.jpg

しかし、キッズExクラスなので、ただの朗読ではありません。
池田から出た課題は
①いかにおいしそうに読めるか
②うさぎとかめになり切って読むとか、方言で読むとか
 読み方の工夫をする
③音楽に合わせて、ミュージカル仕立てにする

課題を受けて、各チームそれぞれに練習。
s130131_183849.jpg
いろんな2人組が誕生しました。

トップバッターは、イヌとネコのペア。
s130131_184051.jpg
「150グラムだワン」と語尾を工夫したり、
イヌが木に実っているりんごをネコに取ってもらうなど、
すっかりキャラになりきることができました。

こちらは、ウサギとネコ。
s130131_184354.jpg
ほんわりとしたオチがつき、ナミエ先生曰く、
アメリカ映画っぽい仕上がりになりました。

こちらは異色のペア:バイクと自転車。
s130131_184612.jpg
生き物でないものを登場人物に持ってきたところが面白い。
「ぶるんぶるん」「ちりんちりん」と言いながら
ぐるぐる回っているところも楽しかったです。

最後は、ゴジラとうさぎ。
s130131_184820.jpg
小麦粉で咳き込んだり、バターでべたべたになったり、
アップルパイの材料の質感をうまくやりとりに取り込んでいました。
強そうなゴジラが、かわいいうさぎにやり返されている図も
楽しかったです。

4チームとも同じ台本を使っているのに
まったく違う「アップルパイの作り方」ができました。
内容を膨らませる楽しさは、お芝居だけでなく、
ダンスにもあるものかも知れませんね。
s130131_185059.jpg
キッズExクラスのみんな、お疲れ様でした!
[2013/02/07 15:16] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
1/31 アクトアップキッズEx①
制作の古殿です。

日程が前後しますが、
1/31(木)はアクトアップダンススクールの
キッズExクラスの日でした。

あいさつ、リップロール、発声を行なったあと、
池田が出すお題の通りの形を決められた秒数の中で作る、
というちょっとしたワークを行ないました。
最初は「一直線」「さんかく」「まる」といった単純なものでしたが、
キッズたち、ラクラクとクリア。
そこで、ちょっと複雑なものにも挑戦してみることになりました。

こちら、お題は「リボン」。
s130131_180300.jpg
見事に蝶結びの形になっています。

「車」
s130131_180502.jpg
“もの”だけでなく、それに関わる“人”を配置することで
ぐっと具体的に形が見えやすくなった例。
セイハさん→運転するパパ。
池田→窓から外を眺めてるママ。

「サーカスの綱渡り」
s130131_180702.jpg
綱を人の腕で表現しています。
この想像力すごいなぁ。

「自転車」
s130131_180855.jpg
ペダル役の人の上に実際に乗れる身軽さは
キッズならでは。

お題もなかなかハイレベルですが、
それに応えるこのキッズたちもすごい!
お題が出る度、一瞬「えーっ!」と驚きながらも、
ああだこうだ話し合って、わいわい形を作ってくれました。
[2013/02/07 15:15] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
素敵熊本 2日目昼公演アンケート公開中
制作の古殿です。

「素敵じゃないか」熊本公演アンケート、
2日目昼公演分がRAWWORKSホームページで公開されました。
ぜひぜひご覧下さい。

◎「素敵じゃないか」熊本公演 2日目昼公演アンケート
素敵熊本・2日目昼公演アンケートはこちら
[2013/02/06 00:07] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
素敵熊本 初日アンケート公開中
制作の古殿です。

「素敵じゃないか」熊本公演の初日のアンケートが
RAWWORKSホームページで公開されています。

公演をご覧になった方は、他のお客様と感想を共有されてみては?
また、ご覧になっていない方にも公演の雰囲気が伝われば幸いです。

◎「素敵じゃないか」熊本公演 初日アンケート
素敵熊本・初日アンケートはこちら
[2013/02/05 12:11] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「素敵じゃないか」熊本 終了しました
s130201_205328.jpg
制作の古殿です。

遅ればせながら、「素敵じゃないか」熊本公演、
3公演とも無事に終了いたしました。

ご来場いただいた皆様、
力を貸して下さったり、いろんな形で応援して下さった皆様、
本当にありがとうございました。

写真は場当たりより。
装置の線と、ギャラリーキムラの白い壁に映る影の線が
熊本公演独特の空間を作り出していました。

4月には長崎公演を控え、素敵の旅はまだ続きます。
長崎ではどんな公演をお届けできるか、
メンバー自身、楽しみなところです。
引き続き、応援よろしくお願いいたします。


◎■RAWWORKS主催・池田美樹演出
 「素敵じゃないか」長崎公演

日程:2013年4月6日(土)19:00
           7日(日)13:00・16:00
会場:宝町ポケットシアター
チケット:一般2,000円・大学生以下1,500円(当日各500円増)

*上演時間は約70分

ご予約・お問い合わせ:
劇団RAWWORKS 080-4286-4017 mail@rawworks.info

◎RAWWORKSホームページ
http://rawworks.info/index.php?FrontPage
[2013/02/05 12:01] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/1 素敵@熊本1日目おまけ
2/1(金)の楽屋。

きららのオニムラルミさんが
差し入れを持ってきてくれました。
くまもん柄の袋に入っていたのは、チーズ大福!
s130201_163630.jpg
いちご大福の要領で、
いちごが入っている部分にクリームチーズが入ってます。
ちょっぴり塩気のあるクリームチーズと
あんこの組み合わせが絶妙!
みんなでおいしくいただきました。
ルミさん、ありがとう!

ケータリングコーナーをふと見ると、
s130201_173456.jpg
見えづらいと思いますが、
「池田じゃないか」と書いてあります。
もちろん、きらら代表&素敵演出・池田美樹のカップです。

池田さんてば、
こんなところにしれっとタイトル挟んでくるなんて。
お茶目さんです。
[2013/02/02 08:25] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/1 素敵@熊本1日目②
舞台、音響、照明がある程度準備できたところで、場当たり。
役者二人も実際の舞台の感覚を確認しながら
音響や照明のタイミングを合わせていきました。

写真は場当たり時の舞台の様子。
s130201_205432.jpg

s130201_211216.jpg

2/2(土)はゲネプロ、そしていよいよ本番です。
「素敵じゃないか」の世界まるごと、
お客様に味わって、感じていただけますように。
みなさま、どうぞお気を付けてお越し下さい。

■RAWWORKS主催・池田美樹演出
 「素敵じゃないか」熊本公演

日程:2013年2月2日(土)19:00 前売完売 → 当日券若干枚数販売予定
           3日(日)13:00 残席わずか → お急ぎ下さい!
           3日(日)16:00 前売完売 → 当日券若干枚数販売予定
会場:ギャラリーキムラ
チケット:一般2,000円・大学生以下1,500円(当日各500円増)

*上演時間は約70分
*熊本公演のみ、終演後にドリンクサービスあり

ご予約・お問い合わせ:
劇団RAWWORKS 080-4286-4017 mail@rawworks.info

◎RAWWORKSホームページ
http://rawworks.info/index.php?FrontPage
[2013/02/02 08:24] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/1 素敵@熊本1日目①
制作の古殿です。

2/1(金)、「素敵じゃないか」熊本公演、
いよいよ小屋入りです。

この日の熊本はあいにくの雨模様。
そぼ降る雨に濡れながら、みんなで荷降ろし&搬入を終え、
仕込みが始まりました。
s130201_100357.jpg
ギャラリーキムラの窓の外から仕込みの様子を撮影、
図らずも額縁がついたようになりました。

舞台美術の建て込みや音響・照明の仕込み、
客席作りも着々と進んでいきます。
s130201_134139.jpg

先ほど額縁になった大きな窓は
お芝居の環境づくりのため黒幕で覆いました。
s130201_143545.jpg
これは額縁を内側からみたところ。

そうこうしているうちに、舞台美術建て込み完了。
s130201_204704.jpg
大分公演から2ヶ月弱、
今度は熊本に「素敵じゃないか」の空間が現れました。
[2013/02/02 08:22] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
次のページ
おしらせ

★参加者募集中★
演劇ワークショップ
「真夏の演劇チャレンジ」
詳細はこちら
2019年9月14日(土)~15(日)
@鏡文化センター

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する