FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
ギンギラ太陽's「スーパーマーケット三国志」稽古場日記③
「三国志」な人々。



中村雪絵(ぎゃ。)+長沼里佳。

雪絵姐は…
今回も変幻自在、声音とキャラクターをくるくる換えてエンタメオイル満タンです。

沼子は…
「タイカンって何ですか?」
まったく筋力体力なし…みたいに見えるのに、グラつかない・崩れない。
特異な声で特異な「愛されキャラ」を演じます。



田坂哲郎+北拓晃(非売れ)。

田坂君は…
「某地に行くと超・ボンボン」ということが判明。
お財布ナシで買い物出来ちゃうとか(@_@)
そんな「生まれ持った何か」で「熱血お気楽ボンボン」を演じます。

北君は…
何でしょうか、この声量!
オーボエのような木質の声で「スーパーマーケットの草分け的存在」を演じます。
男子メインキャストでは最年少ですが、「動じなさ」では最年長の落ち着き。



福澤究氏。
こんなに爽やかな30代が居るなんて。
常に全身全力投球、オモテで裏で、メンバーを助けてくれます。

今回は酷い仕打ちを受けながらも雄雄しく立ち上がる、
皆が知ってる「あの電器屋さん」の礎を演じます。





こんな形で競演しようとは!
wet blanketの面々。
長い槍をいとも軽々と振り回し、戦乱の世に真っ赤な花を咲かせてくれます。




大塚ムネト氏。
今回徹底した「悪者」ですよ。
悪いわるい、存分ワルイ。

いやもう、こんなに「演じること」が好きな人は見たことがない。
「こどもの妄想」をまるごと「大人の演劇」に昇華。

一緒に稽古場に居ると、こどもの頃に好きだったことがぐいぐいと浮かんで来る。
「劇って楽しいね☆」
見栄や欲やコンプレックスをはがした芯の部分が水を飲むような。


上記以外のメンバーが撮れてなくてすみません!

ギンギラヒロイン、大輪の花・上田裕子嬢、
ギラギラの色気ほとばしる大竹謙作氏、
無垢な少年感が胸をうつ下薗まるみ、
そしてきらら宗・豊永が出演します。


誰もが日常的に利用しているスーパーマーケット。
安くて楽しい買い物が出来るあの空間を、
血と汗と涙で作り上げた人々の物語。

お正月にふさわしい、華やかで愉快な大作です。
キャナルシティでの初売りや櫛田神社へのお参りも兼ねて、お出かけになりませんか?

あ、吉例・開演前のお楽しみもあります。
是非にお早めに!

/////////////////
「スーパーマーケット三国志」

■日時■
1/5(土) ①開場13:15 開演14:00
    ②開場17:15 開演18:00
6日(日) ①開場11:15 開演12:00
    ②開場15:15 開演16:00

■会場■
キャナルシティ劇場(キャナルシティ博多4F)


詳細はコチラ!
http://www.gingira.com/
[2012/12/30 12:55] | 未分類 | トラックバック(0) |
ギンギラ太陽's「スーパーマーケット三国志」稽古場日記②
稽古場スケッチ。




長丁場の稽古、
休憩ごとにお菓子が。
お菓子パワーってすごい、と痛感する時間。
茶色い板状のものは今回の大きなキーワードとなる小道具。
肌身離しません。




休憩時間に
「反復横とびをしながらひとり通し稽古」
を始めた田坂哲郎氏。

体力増強+せりふ定着。
カンペキです。
田坂氏があんまり楽しそうなので福澤究氏+長沼里佳も参戦。

皆あんまりイメージないかもだけどね、
田坂君の敏捷さ+体力はまじ半端ないすよ。




晩ゴハンはキャナルで。
玉子どんぶりに生卵を掛けて食べる宗マキコ (-_-;)

→③につづく
[2012/12/30 12:34] | 未分類 | トラックバック(0) |
ギンギラ太陽's「スーパーマーケット三国志」稽古場日記①
池田美樹です。

寒かですね!
年末年始、いかがお過ごしですか?

私は「お正月に公演」という稀有な経験の真っ只中。
1/5(土)6(日)のギンギラ公演に向けてラストスパートふんばり中です。

9月に続いてのギンギラ出演。
相変わらず、おもちゃ箱をひっくり返したような稽古場。
いろんなキャラクターが日々濃くなって行くのを眺め、ワクワクしております。


ではきららからの出演、宗・豊永・池田の役柄について。

宗マキコは…
「星の王子さま」のマキコを好きでいて下さる方ならもうたまらないキャラクターを演じています。
その愛らしさ+あどけないゆえのせつなさ。
身内ながら見惚れます。
もちろんバカバカな役もやってますよ。

豊永英憲は…
本人もブログ等で書いてますが、かなり難しい役柄。
「上手にやらない」ことを上手にやる。
不思議な扮装で不思議な動きを重ねます。
何より物語のドあたまから登場。かなりかっこいいシーンを頂いています。

んで、これまたバカバカな役もやってます。
割烹着姿のひで。必見です(笑)

んで私は…
これまたかなりおもしろい…でも同時にすんごいプレッシャーな「ある仕事」を頂いております。
毎本番にならなければわからない、個人的にはかなり「恐怖な仕事」です (-_-)
中村雪絵嬢(ぎゃ。)と殆ど一緒に居ます。
不思議な友情が芽生えつつあります(莞)





稽古場はキャナルシティ劇場内のリハーサル室。
劇団四季の名残があちこちに。

「この鏡は今、私たちをどう思っているのか…」
すばらしいダンスをたくさんみつめて来ただろう稽古場の鏡。
その前でオバカなことをやっている私たち。
皆でふと考えてしまいました(^^;)

→②につづく

[2012/12/30 10:50] | 未分類 | トラックバック(0) |
12/25 よこしま物語新作お披露目会
制作の古殿です。

12/25(火)、玉名市の横島公民館にて
朗読劇「よこしま物語Ⅱ 潮の向こうに~あげひばりの空~」の
デモ公演を行ないました。

このブログでも度々登場する“横島町”。
現在では、全国的にも有名ないちごの産地です。
横島地区のまちづくり委員会のみなさんは
町の歴史を後世に語り継いでいこうと積極的に活動されています。

その一環の、朗読劇の活動にきららも関わらせていただいています。
「よこしま物語」第一弾は横島町の干拓の歴史を描いたもので、
池田が台本を書き、演出しました。

「あげひばりの空」は朗読劇の第2弾、できたてほやほやの新作です。
横島町を度々襲った台風による潮害、
その中でも特に規模の大きかった昭和2年の潮害の様子と
横島町の人々がどんな風に立ち向かったかを
ファンタジーも交えて描いています。

会場に到着して、早速、最終稽古。
s-121225_111754.jpg
会場は玉名市役所横島支所の多目的ホール。
写真右、客席の最前列に座っている後姿が池田。
ちょっとした演出を加えたり、声量の確認など行ないました。

そうこうしているうちに、あっという間に開演に。
本番前、楽屋でみんなで気合入れ。
s-121225_133255.jpg

黒い服装と、池田が用意した赤いファイルで統一し、
舞台に臨みました(下の写真はゲネプロより)。
s-121225_111724.jpg

本番には町内からたくさんの方が集まって下さいました。
そっとお客様のお顔を見てみると、
みなさんまっすぐ舞台を観ておられて、可笑しい場面では笑ったり、
よこしま音頭のシーンでは手拍子を下さったり、
一緒に口ずさんで下さったり。
何よりいい顔をして観て下さっていて有り難かったです。

お客様の感想を聞いた関係者の方から
好評だったと伺い、ほっとしました。
ご来場いただいたみなさま、関係者のみなさま、
ありがとうございました。

1月から今度は朗読部会のみなさんとのお稽古が始まります。
このブログでもお稽古の様子などご紹介していきますので、
お楽しみに&応援お願いします。

◎平成24年度地域づくり夢チャレンジ推進事業
横島町づくり委員会朗読部会
「よこしま物語Ⅱ 潮の向こうに~あげひばりの空~」

・日にち 2013年2月11日(月・祝)
・会場 玉名市役所横島支所
・出演 玉名市横島校区よこしま物語部会のみなさん
[2012/12/28 00:13] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「素敵じゃないか」PVできました
制作の古殿です。

長崎・福岡・大分・熊本の演劇人が集結してお届けする
「素敵じゃないか」。
きららブログでも稽古や大分公演の様子をご紹介してきましたが、

この度、プロモーションビデオができました!!!

主催&出演の川内さん渾身の映像。
大分で上演した時の様子も一部ご覧いただけます。
そして、とってもカッコよく仕上がってます。

ぜひぜひ、ご覧下さい!



◎公演情報はこちらで↓
RAWWORKS(ローワークス)ホームページ
http://rawworks.info/index.php?
[2012/12/27 01:42] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
ギンギラ太陽’s「スーパーマーケット三国志・決定版」
みなさんこんにちは。
豊永 英憲です。

9月の「外食王オムレット」に引き続き、ギンギラ太陽’sの次回公演「スーパーマーケット三国志・決定版」にきららから池田美樹、宗真樹子、豊永英憲が出演します。

今回の僕の役どころは、今までの僕の役者人生で経験したことがないような役で、いろいろと大変ですが、楽しく稽古しています。

会場は、キャナルシティ劇場!出演者も、40人くらい!(たぶん笑)

公演日も、1月の5日、6日ということもあり、お正月の楽しい気分を、ギンギラで更に盛り上げてもらえればと思います。会場でお待ちしています。

gingira2_130105-1.jpg

ギンギラ太陽’s+キャナルシティ劇場+テレビ西日本 お正月スペシャル公演
「スーパーマーケット三国志 決定版」


あらすじ
「ユニード」「寿屋」「ダイエー」の誕生を描く流通三国志
遙か昔、製造メーカーが決めた「定価」で商品が売られていた時代。
「消費者の味方」として 安売りを目指す「流通革命児たち」が、各地で立ち上がった。
しかし、メーカー率いる問屋軍 の反撃は凄まじく、圧倒的な力を誇るメーカー王の前に、すぐに潰れるスーパーも多かった。
苦しい戦いが続く中、「お客様のために一円でも安く売るのだ」と戦ったスーパーたち。
この物語は、今でこそ当たり前の安売りが悪と言われていた時代に、人々のために立ち上 がった流通革命児達と、その革命を支えた人々の「希望と勝利のモノ語り」である。

■日時■
2013年1月5日(土) ①開場13:15 開演14:00
②開場17:15 開演18:00
6日(日) ①開場11:15 開演12:00
②開場15:15 開演16:00


■会場■
キャナルシティ劇場(キャナルシティ博多4F)

詳しくは
ギンギラ太陽’s OFFICIAL WEB SITEまで!
[2012/12/26 00:13] | お知らせ | トラックバック(0) |
素敵大分@AT HALL
今回、「素敵じゃないか」が上演されたAT HALL(アトホール)は
大分駅前の中心市街地、アーケードから一歩入ったところにあります。

AT HALL代表の河村さん(右)と
企画・営業の川島さん(左)。
s121209_193537.jpg
カメラを向けると、お茶目なポーズで応えて下さいました。

初日、搬入の荷物をわしわしと運んで下さった、
河村さんとの衝撃の出会いに始まり、
ホールの使用についてアドバイスをいただいたり、
仕込から本番まで、ずっと温かく見守って下さったお二人。

素敵・大分公演はお二人なしでは考えられなかったほど、
親身になって関わって下さいました。
こんなスタッフさんがいらっしゃるホールって素敵だと思います。
AT HALLで公演するグループや劇団は幸せだと思います。

大分からの帰途では自宅が懐かしかったのに、
自宅に着くとAT HALLが恋しくなってしまったのは
私だけではないのではないでしょうか。

河村さん、川島さん、そしてAT HALL、
本当にありがとうございました!

◎AT HALL(アトホール)
http://www.athall.com/

≪おまけ①≫
AT HALLが入っているビルの1Fにある居酒屋さん。
s121209_085627.jpg
安くて美味しいと聞いたので、打ち上げでお邪魔しようかと思ったら、
満席で予約できませんでした。
人気のお店なのですねー。次回は是非。
開店すると、昭和歌謡が流れます。

≪おまけ②≫
AT HALL近くにある、大分県のアンテナショップ。
大分県の美味しいものがいっぱい!
s121209_194726.jpg
店頭に「中津からあげ」コーナーがあり、
注文するとその場で揚げてくれます。
ケータリングに出していたからあげは、ここで調達してました。
特に、もものからあげはぷりっぷりして美味しいです。
大分にお出掛けの際は、あつあつを是非!
[2012/12/17 14:32] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
12/9 素敵@大分3日目
12/9(日)。
素敵@大分、あっという間に公演2日目。最終日。
前日8日(土)よりさらに最低気温の下がった、キンと冷えた日。
気温は低いものの、
おかげさまで、お客様の足に影響の出るような雪にはならず、
ちらほらみぞれ程度でした。

AT HALLは街の中心部にあるけれど、
初めて来る方にはわかりにくい、ということで、
久原さんが大きな看板を作ってきてくれました。
s121209_095205.jpg
2日間、大活躍の看板。

ご友人に誘われたり、噂を聞いた方が急遽、応募して下さり、
この日の2公演はいずれも
予定を超える人数のお客様にご来場いただくことができました。
10代から60代まで幅広い世代の方が観て下さって、
昨日に続き、またたくさんの方がアンケートに感想を寄せて下さいました。
多くの方に観てもらいたいと柔軟に対応して下さった、
大分市さんにも感謝です。

AT HALLの舞台上で
今回のキャスト&スタッフで記念写真。
s121209_151526.jpg
キャストの川内さん、酒瀬川さん。
演出の池田。
舞台監督の山下さん。照明の坂本君。音響の寺師さん。
AT HALLの河村さん&川島さん。

そして、おおいた演劇の会のみなさん。
公演時は寒い中、道の辻に立ってお客様を案内したり、
客席整理にあたってくれました。
最後のバラシもたくさんの方がお手伝いして下さいました。
みなさん、明るくてきびきびとよく動いて下さって、
とても気持ちよかったし、有り難かったです。

お客様のご感想、関わって下さったみなさんのお顔を見て
このメンバーで、大分で上演できて良かったと改めて思いました。
素敵なお客様と素敵な座組みに感謝。

熊本公演もいろんな方に楽しんでいただけるように
がんばります。
熊本のみなさま、楽しみにお待ち下さい!

◎「素敵じゃないか」熊本公演
日時:2013年2月2日(土)19:00
        3日(日)13:00/16:00
会場:ギャラリーキムラ

料金:全席自由・日時指定
   一般2,000円/大学生以下1,500円(いずれも当日500円増)

お問い合わせ:RAWWORKS 080-4286-4017
             mail@rawworks.info

RAWWORKSホームページ http://rawworks.info
→ 素敵じゃないかページに掲載されている、
 こりっちタイムテーブルからもご予約いただけます。
[2012/12/17 14:31] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
12/8 素敵@大分2日目②
初日公演終了後、初日乾杯。
最終日にはバラシ後、大分を発たねばならないので
打ち上げも兼ねています。
AT HALLさんのご好意で、会場客席で開催!
s121208_203159.jpg
座組みメンバーだけでなく、
主催の大分市子育て支援課さんや
大分演劇人の皆さんも多数参加して下さって、
にぎやかな会になりました。

「素敵じゃないか」の生みの親・たじま裕一さんも
長崎から駆け付けて下さいました。
この日のアフタートークにご出演後、打ち上げにも参加して下さり、
打ち上げ後半はたじまさんを囲んでわいわい。
s121208_210951.jpg
右から2番目がたじまさん。

お話の中から、たじまさんが以前からきららのことを
ご存知でいて下さっていて、
今回の池田演出バージョンも気に入って下さったことがわかり、
とても嬉しかったです。

2012-2013年版の素敵チームで記念撮影。
s121208_222336.jpg
前列左より酒瀬川真世さん・たじま裕一さん・川内清通さん。
後列はきららの池田。

ちょっと遊んでみました。
s121208_222257.jpg
お茶目な面々。

たじまさん、ありがとうございました!
熊本公演にも是非いらして下さい!

≪おまけ≫
雨傘屋の阿部祐子さんもスタッフとして来てくれました。
そして、こんな素敵な差し入れまでいただいてしまいました!
じゃーん!
s121208_202634.jpg
お手製バナナケーキ。

生地がほどよい硬さで、きれいに16等分できました。
バナナとシナモンの風味が絶妙。
もちろん、打ち上げでみんなでペロリと平らげました。
s121208_203140.jpg
阿部ちゃん、ありがとうございました。
[2012/12/17 14:18] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
12/8 素敵@大分2日目①
大分2日目。公演1日目。

舞台の手直し、ゲネプロも終え、いよいよ大分公演1回目。
受付の準備も整いました。
s121208_193617.jpg

受付では、熊本から連れて来たプリンセチアが
酒瀬川さんに届いたきれいなプリザーブドフラワーたちと一緒に
お客様をお出迎えしてくれました。
s121209_091816.jpg

心配していたお天気は、雨もちょっとぱらついた程度で、
たくさんのお客様にご来場いただきました。

アフタートークにもほとんどのお客様が残って下さって、
作品に興味を持って下さったのが嬉しかったです。
アンケートもたくさんの方が熱心に書いて下さいました。

帰り際に、「明日は席はまだありますか?お友達に紹介したくて」と
聞いて下さるお客様もいらっしゃって、本当に有り難かったです。

RAWWORKSホームページに
大分公演初日アンケートが掲載されています。
よかったらご覧下さい。
アンケートはこちら
[2012/12/17 14:16] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
12/7 素敵@大分1日目③
食事は楽屋として使わせていただいたスタジオで。
みんなで分け分け&もぐもぐ。
s121207_130407.jpg
ご飯は久原さん家で作っているお米!
おにぎりは久原さんお手製!
これがおいしい!!!

珍しい“しその実”の塩漬けや
地元のおいしい高菜のまぜご飯など
日が変われば、わざわざ具も変えて下さる心遣い。
3日間、朝からおいしいおにぎりを握ってきて下さったのでした。

やっぱり人の手が握ってくれたおにぎりには
コンビニおにぎりにはないエネルギーが詰まっていると思います。

久原さん、改めて感謝です。
[2012/12/17 14:16] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
12/7 素敵@大分1日目②
搬入を終えて、仕込開始。
s121207_092346.jpg
AT HALLはコンパクトだけど、白い壁と落ち着いた木目の床で、
明るくて居心地のよいスペース。

こちらは、大分で演劇制作をしている久原さん。
今回の大分公演では何から何まで、ほんとお世話になりました。
s121207_110652.jpg
作業中に失礼しました。
お顔を正面からご紹介できなくて申し訳ないです。

久原さんがアイロンがけして下さっていたのは、
舞台美術として使用するリボン。
布を切り貼りして手作りしています。
1本の長さ=8メートル×8本。
s121207_113732.jpg
照明の関係で赤茶色の画像になっていてわかりにくいですが、
チョコレート色のサテンの布地で、きれいで品が良いんですよ。

それがこうなって、
s121207_160824.jpg

こうなります。
s121207_225251.jpg

≪おまけ≫
前舞台を作るのに使った、この平台的なもの。
s121207_132240.jpg
実は「こども廃業」の舞台美術でした。
ロフトの天井部分だったものです。
きららファンにはちょっと嬉しい(!?)豆知識。
[2012/12/17 14:15] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
12/7 素敵@大分1日目①
制作の古殿です。
遅ればせながら、「素敵じゃないか」大分公演レポートです。


「素敵じゃないか」公演のため、
12/7~9日の3日間、大分市に行ってきました。

12/7(金)朝5:30、まだ夜が明ける前に熊本を出発。

会場のAT HALL(アトホール)は
大分駅近くにあるアーケードから少し入ったところ、
街の中心地にあります。
ビルの3Fまで、えっちらおっちら上ると、扉が見えてきました。
s121209_092848.jpg

入り口近くのイベント案内スペースには、
素敵のチラシも掲示して下さってました。
s121208_193546.jpg
音楽のライブだけでなく、
大分の劇団さんも使用されているホールとのことで、
そこに九州混合チームの私たちが
仲間入りさせていただけることが嬉しい。

現地で他メンバーと合流し、荷下ろし&搬入開始。
すると、挨拶もそこそこに、
ホールのスタッフの方がわしわしと荷物を運んで下さって、
びっくり&恐縮するやら、有り難いやら。
おかげで短時間で搬入することができました。
[2012/12/17 14:14] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「水と油」公演まもなく
s121206_170839.jpg
制作の古殿です。

不思議少年の大迫旭洋くんと
ポークパンダ三歳の井上ゴムさん。
きらら公演にも度々出演してくれている二人が発起人の
「水と油」の公演が今週末に迫りました。

それぞれが劇団やユニットの代表をつとめる大迫君と井上さん、
どんな楽しいことを考えているでしょうか。
出演者も個性的な俳優さんばかり5人。
まさに“男祭り”な公演になりそう、とのこと。

追加公演もあり、土曜日の夜もお仕事帰りに観に行けますよ。
ぜひぜひ足をお運び下さい。

写真は稽古場に遊びに来てくれた、
井上ゴムさんと高野優樹君。


◎不思議少年番外公演「水と油」

作・演出/大迫旭洋
出演/井上ゴム(ポークパンダ三歳)
   高岡浩志(フリー)高野優樹(モノクローズ)
   冨川優 大迫旭洋

2012年
12/8(土) 14:00/18:00
12/9(日) 13:00/16:00
@早川倉庫(熊本市中央区万町2丁目4)
→会場は寒いので、あたたかいスリッパ、ひざかけなどの
 防寒対策をオススメします。

チケット:一般前売 1500円/高校生以下 1000円
     (当日はそれぞれ+500円)


◎水と油ホームページ
http://mizutoabura.jugem.jp/

◎こりっちページ
http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=41182
[2012/12/07 03:17] | お知らせ | トラックバック(0) |
12/5 素敵稽古おまけ②
今日もまたかわいい靴下を見つけてしまいました。
代表・池田の靴下。
s121206_010816.jpg
靴下の定番ボーダー柄は、いくつあってもいいし、
ボーダーのピッチもいろいろあって、どれもかわいい。

が、このこっくりした色合いは、冬ならではの組み合わせ。
なんだかおいしそうで、あったかそう。
五本指がボーダーの色に合わせて、指ごとに分けてあるのも素敵。
池田さん、ご協力ありがとうございました。

実はこの日、
酒瀬川さんの靴下もすごくかわいいボーダーだったのですが、
写真撮り損ねました。次の機会には、是非。
[2012/12/06 11:21] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
12/5 素敵稽古おまけ①
この日は、酒瀬川さんが
素敵なプレゼントを持って来てくれました。 
ポインセチアならぬ“プリンセチア”。
s121206_012638.jpg
ポインセチアの象徴である真っ赤ではなく、
この子はやわらかいピンク色、まさに“プリンセス”なのですね。
初めて知りました。

一鉢あるだけで稽古場がいっきに華やかに。
そして生きものの生気がある空間になりました。
サカセさん、ありがとうございました!

写真はプリンセチアと代表・池田。
プリンセスにふさわしいポーズをお願いしました。
[2012/12/06 11:12] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
12/5 素敵稽古②
凧糸の舞台美術の中で、通しスタート。
具体的にアクティングエリアをイメージできて、
制限が出てくることもわかり、細かい動きが変わってきました。

二人が舞台に登場。
s121205_222904.jpg
何を見上げているのでしょうか。

留美と末虎。
s121205_222933.jpg
30代後半の夫婦。
方言で交わされる何気ない会話が二人の日常を、
不妊治療も“日常”になってしまっている二人を伝えます。

カオリと涼太。
s121205_223840.jpg
望まずして子どもを授かってしまった現実に
あわてふためく若いカップル。
彼女がどんどん母親になっていく姿と、
彼女のテンポに巻き込まれる彼が、コミカルに描かれます。
アクトアップ・セイハさん振付のダンスも乞うご期待。

留美とカオリ。
s121205_232737.jpg
お芝居だからできる素敵な仕掛けで、
対照的な二人が出会います。

大分の久原さんの声かけで、
長崎のたじまさんの作品に、
長崎と福岡の川内さんと酒瀬川さん、達者な役者さんお二人と、
熊本の池田ががっつり組みました。
お芝居として見ごたえのある作品になっていると思います。

そして、人生といっては大げさかも知れないけれど、
いやでもやはり、
ふと、自分の人生を思い返す瞬間がある物語。
周りにいる人を改めて見つける物語。
生きてきた長さは違っても、
観る人それぞれに何かを感じていただける物語だと思います。

稽古場で生まれたこの空気を
大分の皆さんと共有できたらいいなぁと思います。
大分の皆様、ぜひぜひご覧下さい。
(観覧は申込制。詳細はお問い合わせ下さい)
熊本・長崎の皆様、2月・4月までもう少しお待ち下さいね。


◎大分市 家族の絆創生事業「素敵じゃないか」大分公演
2012年12月8日(土)18:00★
   12月9日(日)12:00/16:00★
★公演終了後、演出家と出演者によるアフタートークあり

◎お問い合わせ
大分市子育て支援課 企画担当班
電話 097-537-5675/ファクス 097-533-2611
Eメールアドレス kosodatesien1@city.oita.oita.jp
[2012/12/06 11:06] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
12/5 素敵稽古①
制作の古殿です。

12/5(水)は「素敵じゃないか」稽古でした。
週末の大分公演に向けて、
これから稽古→仕込→本番と駆け抜けます。

舞台のイメージを掴むために、テーブルやいすを置くだけでなく、
美術を凧糸で形作ってみることになりました。
s121205_180511.jpg
写真左側、天井から白い糸が何本か下がっているのが
おわかりいただけますか?

美術の中の俳優二人、川内さん&酒瀬川さん。
s121205_180714.jpg
[2012/12/06 10:17] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「素敵」11/30福岡稽古
池田美樹です。

11/30(金)は久々の福岡稽古@パピオ。
大分公演まで一週間。

私は普段、キメキメの演出をするほうです。
皆から出たもの・私がお願いしたもの、
もろもろを並べたら、それをかっちり「再現」して欲しい。
何度だって同じことが出来て欲しい。

だけど今回は。

なんていうか、たらいに要素を浮かべて、ゆらゆらと揺れるそれらを眺めるような。

それでも一週間前、そろそろ決めるところは決めなければ。
だけどなんでか、固めたくない。
ゆるゆるの寒天を流すくらいで行きたい。

それと言うのも、2人がかもす「揺らぎ」がおもしろかとです。
体調や語尾の調子で、関係性ががらりと変わる。
その理由はただひとつ、
2人がその場で息をしているから。

大分の終わりにちょっとしたお願いをふたつ、出した。
2人ともきちんとそれを落とし込んで来てくれた。
そしたら。
がらりと変わってしまった。
それ以外の場面まで。

「川内さんがそっちに立った背中を見たらこうなったみたいです」@酒瀬。

…みたいです。

これだけの経験がある2人だから「このときはこうしよう」と決めて行くのはきっと簡単。
だけど、それをやらない。
手順でやらない。
小さな小返しですら、呼吸を読み合ってる。
それで芝居が変わって行く。

そこで息をしている。

相手に対する畏敬と信頼。
「prayer/s」(永山智行演出)を観たときから感じている「揺らぎ」はこれなのか。

てこずる。
くやしい。
おもしろい。

うん。
存分、揺れればいいよ。
私はたらいをしっかり抱えるから。




オープニングの2人。
3人で作ってるのに妬けるときがある。




稽古後@パピオ自販機前。

「僕が出しますよ」と言われてはしゃぐ酒瀬。

この無邪気さ、たまらんす。

[2012/12/02 05:28] | 未分類 | トラックバック(0) |
「素敵」in大分・おまけ。



「大分合同新聞」。
ロゴがシンプル。
昭和18年に2つの新聞社が合併して出来たのでこの社名なのだとか。

そのロゴの下に気になる人が…




吉四六3世。

とんちの王様、現代に甦る。

どことなくあの世界的大泥棒に似てますね(^^;)
キャラクターといえば着ぐるみ的なものが多い中、斬新です。


3世、紙面のいろんなところに登場されてました。
懐かしの「ピーウィー・ハーマン」にも似てますな。




南大分公民館近くでみつけた、大かぼちゃ。





「ジャージの2人」。
[2012/12/02 05:26] | 未分類 | トラックバック(0) |
「素敵」in大分 WS④
つづき→
大分・2日目。

午前中から「素敵」稽古。
きょうは公開してないのでじっくり…と思ったら、深く絡む場面で酒瀬負傷。
衣装のファスナーがおでこを削ってしまったのでした。

うわああ。

みるみる赤くなって行くのでさしあたり冷却。
川内君が絆創膏を買って来てくれて様子見。
腫れたりしなければいいのですが(祈)

/////
後、演劇経験者ステップアップ講座・2日目。
まずは「川内メソッド」から。
昨日やったことを落とし込むように、再び丁寧に。








続いて本編、作品作り。
2チームとも、昨日を踏まえて稽古に邁進。
そしてあっという間に発表タイム。




まずは池田組。
「おおきに、じいさん」という作品。
民話調の愉快な物語。
新聞紙を丸めたり鳴らしたり、「音」と「ミザンス(配置)」にこだわった演出にしてみました。


続いて清末組。
こちらは北原白秋をモチーフにした物語。
「ゆりかごの歌」「この道」等、彼の作った歌を重ねて唄うオープニング。
以降、童謡詩人としてのイメージを覆すような、重い人間模様が展開されます。

「《せりふは簡単に言うものではない》ということに気づいて欲しかった」と、清末さんの言葉。
緊張感みなぎる10数分間でした。
(見入ってしまって写真撮れず。ごめんなさい)


後、円座になって振り返りタイム。
熱心&行動的。
皆さん、「何か掴もう」と集中されてる姿勢が印象的でした。
今後もいろんな形でご一緒できることを楽しみにしてます。




皆が帰って後、「素敵」ダンス場面を音合わせ。
くたくただろうに、本息で動いてくれる2人。




大分 WS完了。
着替えて後、事務メールを打つ川内君。

どうです、この脚の長さ!

何故か舞台で彼の「はだか」を観ることが多く、
そのたびに「骨美形」とは思ってたけど、改めてビックリ。


これもう、
少女マンガの王子様のバランスですよね(-"-;)



[2012/12/02 05:23] | 未分類 | トラックバック(0) |
「素敵」in大分 WS③
つづき→

続いて本題②、
清末チーム・池田チームに分かれて作品づくり。
大分をモチーフにした戯曲を用いて場面を作ります。

方言アクセントの確認やテーマ探りを重ねて一日目、終了。

//////
後、鉄板焼きへ。
早朝から走り尽くめ、気づけば皆くたくた。
ゆるりと翌日の打ち合わせをやって、ホテルへ。









清末典子さん&久原淳子氏。

/////

…と。
ここから更にもういっちょ。
淳子ちゃん&酒瀬と共に「ドンキホーテ」へ。

衣装チェックに行ったのですが、当然脱線。
ドンキならではの「セクシー下着」や「不思議な美容器具」、「大袋のおつまみ」「外国のお菓子」等にわぁわぁ。

不思議な「夜の修学旅行」になりました(^^;)

→つづく
[2012/12/02 05:13] | 未分類 | トラックバック(0) |
「素敵」in大分 WS②
つづき→

食事後、会場の「南大分公民館」へ。
早速「素敵じゃないか」公開稽古の準備。
既に見学の方がいらしてて嬉しい悲鳴。

そこにこんな方が。




七緒りかさん(福岡・制作修団プレアデス)。
別府でダンスを観る前に立ち寄ってくれたのでした。

そんなわけで、公開稽古の模様はコチラで。

りかさんブログ
http://l-project.jugem.jp/?eid=1544#sequel

///////
休む間もなく「演劇経験者ステップアップ講座・一日目」へ。
渡り廊下を渡った別会場へ移動。

3連休のど真ん中、はたして受講してくれる人はいるのか??
そんな心配をよそに10数名の方々が来てくれました。


まずは「川内メソッド」で基礎練。
身体鍛錬を丁寧に、丹念に。
深く静かな声で進行する川内君。
その主題を理解して酒瀬が身体で披瀝して行く。

最初は緊張してるように見えた皆が、
段々、自分の身体に集中して行くのが興味深かったです。


続いて本題①「ひとつの台本をふたりの演出家が」。
「でれすけでんでんぴいひゃらこ」(作・中沢とおる)という作品の冒頭部分を、
清末典子さん(大分在住の演出家)と私で。
演じるのは川内君&酒瀬。
皆がみつめる中、10分弱の演出を受けてすぐさま発表。

清末演出。
石となった川内君に座る酒瀬。
おばあちゃんのようなやさしい大分弁の語りで物語スタート。
風が吹かれた2人は、やがて紗羅双樹のような一本の木に。
それが2つに分かれて、主人公の山姥姉妹に。
ほぼ即興なのにこの呼吸の合い方!
すぐさま照明を入れて舞台で観たくなる見事さでした。

池田演出。
…これはね、清末さんのがあまりに美しかったので、
コテコテのコントみたいな演出にしました。
「こんな風にも読み取れるよ」と。
王道に対する「邪道」。

直後、参加者から質問多々。

「どうしてすぐやれるんですか?」
「…(役者は)迷ったら負けです」

酒瀬、名言。
さしあたり体当たりでやってみる。
違ったら演出や共演者とまた話せばいい。

川内君も大きくうなづいてました。


つづく→

[2012/12/02 05:11] | 未分類 | トラックバック(0) |
「素敵」in大分 WS①
池田美樹です。

11/24(土)25(日)to.大分。
「素敵じゃないか」の公開稽古+俳優 WSに行って来ました。
川内君&酒瀬に加えて、舞台監督・山下さん、音響・寺師君、そして大分制作の久原淳子さん。
いつも3人で過ごしてるので、この「大人数」にテンション騰。

/////
まずは大分公演会場であるAT HALLへ。
繁華街のど真ん中にあるライブハウス。
大分市内で小劇場の上演と言えばココ!的な話をしばしば聞いていたので興味津々。

ライブハウスってくらいだから洞穴みたいなところを想像してたらまぁ、なんて明るくて素敵な空間!
ホールの河村さん・川島さんが丁寧に相談に乗って下さって、懸念事項も次々に解決しました。

/////
続いて淳子ちゃんお奨め「鳴門うどん」で昼食。
あいや~メニューの多いこと!
麺の量も選べて、老若男女のお客様で満席でした。




メニューを迷う川内氏。


→つづく
[2012/12/02 05:07] | 未分類 | トラックバック(0) |
「素敵」11/21熊本稽古
池田美樹です。

11/21(水)
「素敵じゃないか」の2場面をダンサブルにしたく振付依頼。
きららでお馴染みSAYHA君(act up dance school)。

川内君&酒瀬、
到着早々、振付開始。
















習得、はや!
酒瀬はもちろん、川内君もかなり格好いい。
俳優は踊れたほうがいい、と改めて。
芯が安定した身体は綺麗だな。

/////
ウエストでうどん後、きらら稽古場へ。

頭から流し稽古。
…と、酒瀬のふとした動きがおもしろくてストップ。

結果、オープニングをまるごと変えることに。
こういう偶然は、かなり嬉しい。




///////

酒瀬ファンの皆様へ、
サービスショット!


[2012/12/02 05:02] | 未分類 | トラックバック(0) |
11/27(火)通常稽古
池田美樹です。

11/27(火)は2ヶ月ぶり(?)の通常稽古。
おなじみのメンバーが集いました。

「廃業」でも簡単な基礎練はやってたものの、
やっぱりあちこちなまってるのは自覚アリアリ。
そこで「どのくらいオチてるか自覚しよう大会」開催(>_<)

まずは「くまモン体操」で勢いづけ。
続いて高崎百合絵のリードで「アフリカン」。
腕が…まったくついていかなす。
既に皆、ひぃひぃ。
こんなにキツかったっけ??




次は「ラブラブショー」。
イエローモンキーの曲でひたすらダッシュ。
脱落者数名(^^;)




オニルミのリードでたっぷりストレッチ。
骨と筋の間をね、引き剥がす気持ちで伸ばします。

//////
後、川内清通君(RAWWORKS)に教わった「特殊なフルーツバスケット」。
これもかなりキツかったです。
めちゃ楽しいんだけどね。

//////
メインはこの日の学園大の講義で試したワークを。
亀井純太郎君(第七インターチェンジ)発案のものなので詳細は書きませんが、
とてもおもしろいのです。




たくさんの短編が生まれました。
写真はオニルミに執拗に厚揚げを薦める「厚揚げ星人」(高野優樹&小林どろり)。




これ何だっけ(-"-;)
高崎百合絵、熱演してます。




センターで物語を進めようと苦心しているのは玉垣哲郎。
左の黒木千恵美、何してるんでしょうねw

//////
そんな久々の通常稽古、いちばん変わって見えたのは長廣かなでした。
以前はもっと硬い、というか、「飛び込めない・飛び込まない」というか、
喜怒哀楽の「怒」しか出せない、というか。

「廃業」初回@菊池農業高校で、
「自分の心臓に毛が生えるのが自覚できた」
あの名言はホンモノだったようです。
自爆自虐のおもしろいことやってたけど、写真撮れてなす。




放課後。
いつもの如く、あちこちにコロニーが。
どうでもいい時間。

長者。
[2012/12/02 05:01] | 未分類 | トラックバック(0) |
おしらせ

★新作情報★
出演者発表
詳細はこちら
熊本:2020年1月
福岡:2020年2月
東京:2020年4月
-続報お待ち下さい-

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する