FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
4月の通常稽古
制作の古殿です。
4月の通常稽古日程をお知らせします。

4/3(火)
4/10(火)
4/17(火)
4/24(火)
※いずれも19:00~22:30です。

見学・参加ご希望の方は事前に劇団きららまでご連絡下さい。
途中参加・早退も可能です。お待ちしています!
・電 話 096-346-3437
・メール kirara@sa.kcn-tv.ne.jp
[2012/03/30 03:15] | お知らせ | トラックバック(0) |
まるぶん塾 成果公演当日②
さあお客様をお迎えして、いよいよ公演です。
120311_125405.jpg

ドタバタと慌しい田中家の朝。
いつもと同じ光景が繰り広げられているようで、
その日はちょっと違っていました。

お父さんが言い出して家族の猛反対を受けた、
「町内家族対抗歌合戦」への出場のため、
いきなり表れた歌の先生の猛特訓を受けることに。
120311_114920.jpg
おや?この歌の先生の正体は?

現在はOLの姉の高校時代。姪っ子である姉とおば。
親子とは違った親しさをお互いに感じていました。
120311_120233.jpg
2人の様子を見守る両親や妹、そして柱時計。
(写真はリハーサルより。)

図らずも、この日は震災からちょうど丸一年の日。
地震発生時刻にはみんなで黙祷しました。
芝居の中の田中家も、そして演じる側の私たちも、
こうして当たり前に過ごしているささやかな毎日がなんと愛しいことか。

無事公演が終わり、
笑顔でお客様をお見送りするまるぶんメンバー。
120311_135127.jpg
心なしかホッとしているようです。

最後に記念写真。
120311_155419.jpg
みなさん、いい笑顔です。
この日の公演も、講座に通った1年間も、本当にお疲れ様でした。
また一緒に劇をしたいですね。
[2012/03/29 01:42] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
まるぶん塾 成果公演当日①
制作の古殿です。
3/11(日)は、まるぶん塾の成果公演、
「田中家の朝」の公演日でした。

午後の公演に向けて、朝からみんなで仕込。
まるぶん塾の教室にすてきな舞台=田中家の居間が
出来上がりました。
120311_125305.jpg

お昼休みには、塾の事務所でわいわい食事。
120311_140216.jpg
事務局のみなさんのお心遣いに感謝。
こうしてますが、出演するみなさん、結構緊張されてました。

自分のコップに自分の名前ではなく役名を。
役への愛着を感じます。
120311_131202.jpg

手づくり看板もまるぶん内に掲示させていただき、
お客様を迎える準備が整いました。
120311_115946.jpg 120311_120044.jpg
↑ルミさんがまるぶんのマスコット・河童君を描いてくれました。

あとは本番とお客様を待つのみ。
[2012/03/29 01:07] | 稽古場日記 | トラックバック(15) |
中林さん帰省
制作の古殿です。
3/6(火)、OBの中林さんが帰省、きららにも連絡を下さいました!

初対面!中林さんの息子君と池田。
120306_180158.jpg
息子君、上手にカメラ目線をくれました。

夜はきらら稽古場で「大・OB&OG会」。
懐かしい面々が集まって下さいました!
120306_232604.jpg

そこここに輪ができて。
話は尽きず、夜が更けていくのでした。
120306_233457.jpg
OB&OGのみなさん、また稽古場に遊びに来て下さい!
[2012/03/29 00:46] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
YMCA児童福祉教育科 演劇WS③
2年生のメインのワークも「CMづくり」。
池田が持ってきた新聞広告から好きなものを選び、
自分たちでその商品やサービスのCMを作っていきます。
120306_113415.jpg
構成やセリフ、配役など全部を自分たちで考えていきます。

1回目の発表。葬儀社やドーナツ屋さんのCMなど、
いやいや面白かった!そう来たか!そう来るか!
シチュエーションの設定がうまく、
なるほどと思わせたり、笑いに引き込んだりと、
短時間でレベルの高いCMができました。
お互いに感想を言い合って、ブラッシュアップし再度発表です。

こちらは学習塾のCMチーム。
120306_121642.jpg
一人ひとりの先生のキャッチフレーズが見事!
先生と生徒の配置で塾の教室のイメージをつくり、
決めポーズでメリハリをつけて、テンポよいCMに仕上がりました。

着付け教室のCMチーム。
120306_122327.jpg
着付け講座に通った母をもつ娘と、着付けの下手な母をもつ娘、
対照的な2組の親子を登場させ、
ドラマ仕立てで、着付け講座の大切さを訴えます。
着物を着ているようすを身振りで上手に表現していました。

2回目の発表では、どのチームも、一番最初の発想を生かしつつ、
見た人の感想を巧みに取り入れていました。
キャラクターを際立たせたり、話の流れや人間関係をはっきりさせて、
ポイントを明確にすることで、CMらしさがぐっと増しました。
みなさんが楽しく演じているのも良かったです!

最後に、仲間分けゲームで出てきた、
おにぎりの具「うめぼし」のジェスチャーで記念撮影。
120306_123457.jpg
3年生では、卒業公演として演劇作品を作るそうですが、
今から楽しみです。公演の際はぜひお知らせ下さいね。
長時間お疲れ様でした。ありがとうございました!
[2012/03/29 00:24] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
YMCA児童福祉教育科 演劇WS②
制作の古殿です。
このレポートは、少し前にレポートしました、
3/6(火)の熊本YMCA児童福祉教育科さんワークショップの続編です。
午前中に行なった、2年生対象のワークショップの様子をどうぞ。

ウォームアップは1年生と同じく「からだじゃんけん」と
120306_100505.jpg
♪サザエさんのエンディングテーマに合わせた「おしり歩き」。
120306_100934.jpg
特別なことはしていないのですが、
身体を動かすのが単純に楽しいプログラム。
この時点ですでに笑い声や歓声が上がっていました。

続いてコミュニケーションゲーム。
写真はゲームの後半に登場する「ジャンピングha!」。
120306_101900.jpg
メンバーで作った輪の中で、
何人かが走っているのがおわかりいただけるでしょうか。
彼らは自分が決めたこの人!を目がけて走っているのです。
その人の前まで来たら、「ha!」という掛け声とともに2人でジャンプ、
両手でハイタッチ。これを繰り返します。
ここまででなかなかの運動量。あったまりました。

次は「仲間分けゲーム」。
例えば、四季の中で好きな季節をひとつ選び、
スタートの合図とともに選んだ季節を「春!」とか「夏!夏!」とか叫びながら、
他に同じ季節を選んだ人を探していき、グループに分かれます。

声を出して仲間を探すのは簡単です。
次の段階では、声を使わずに、
ジェスチャーのみで表現して仲間を探します。
麺類やおにぎりの具など、
それぞれが選んだものを身体や動きで表していきます。

『好きな果物』というお題でバナナを選んだチーム。
バナナの皮を剥いて食べるしぐさや、
バナナの皮ですべって転ぶ様子など
一人でできる表現できちんと仲間を見つけてグループになりました。

ここで「一人ずつじゃなくて、みんなでバナナを表現してみよう」
という池田のひとこと。
目配せしたり、他のメンバーのでかたを見ながら、
みんなが形を作り始めました。
120306_104532.jpg

赤いセーターの女の子の動きに注目。
120306_104543.jpg
バナナの皮を剥いている様子が写真で伝わるでしょうか?
120306_104549.jpg
皮役の人たちも、剥かれて身体を反らしています。

バナナの実になる人、皮になる人、
それがどうしたら実や皮、そしてバナナだとわかるのかと考えた時に、
皮を剥く人が登場!
見事なチームプレーでした。さすが2年生!
[2012/03/29 00:24] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
佐世保・HIT!STAGE「西の桜」
池田美樹です。

一年間、アドバイザーとして係わらせて頂いた
佐世保・HIT!STAGEの新作公演「西の桜」、
福岡公演がいよいよ今週末です☆

てかね、
そんな立場とか関係なく、純粋に推奨。
是非にぜひに観て欲しい。


地方で作劇してる人なら誰しも、
「その土地でしか生まれない作品」を意識することがあると思います。

実際の手段としては、

・方言にする。
・実在の地名、固有名詞を出す。
・逸話・事件をテーマにする。

うん、あり。全然、あり。
イメージが具体化されて、ぐっと響いて来ることがある。

でもその兼ね合いが、結構むつかしい。

・まるごと使う。
・匂わせる。
・「事実」をちょっと比喩・デフォルメして表現する。

うん、あり。いろいろ、あり。

それで言うとHIT!の作品は、
まるごとどころか、
もう根っこから、というか、血から、というか、土(泥)から、まるごと佐世保。

全国画一されているはずのチェーン店に、地方色が出てることがある。
ファミレスでご当地訛りの会話が聞こえたり。
コンビニに、その地域にしかない乳製品が並んでたり、
コンテナいっぱいのみかんや白菜が積んであったり。

前者の作品の多くがそんな感じだとしたら、
HIT!の作品は、
なんというか、道の駅?無人販売?家のゴハン?

あぁそう、家のゴハン!
家の持つ独特のニオイ、湿り気。
そんな中で、
家の食器に盛られて、そこの家の人と食べるゴハン、あの感じ。



あぁ。
以下は佐世保公演直前の通しを見たときの私の日記。
「家のゴハン」の、なんとも言えない緊張と滋味。

http://www.gkirara.com/cgi/mikke/index.php?e=4432


とにかく、血と土地と土(泥)のどろどろ、
そんなキーワードが響く方、是非にご観劇下さい。

あ、「九州在住の強烈個性作家」に出会いたい方も、是非。


どろどろなのにPOP。
勝手につけた「西の桜」のキャッチフレーズです。


m1120120131080932.jpg

作家・森馨由&演出・田原佐知子。

一蓮托生。

まさにその言葉通りの2人が生み出す世界。

[2012/03/16 23:58] | 未分類 | トラックバック(0) |
YMCA児童福祉教育科 演劇WS①
制作の古殿です。
3/6(火)、熊本YMCA児童福祉教育科に伺い、
演劇ワークショップを行なってきました。

午後に行なった1年生のワークショップ。
まずは、宗さんが進行役になり、ウォームアップ。

「からだじゃんけん」
120306_134222.jpg
最後まで勝ち残った“じゃんけんクイーン”には
自然と大きなどよめきと拍手が起こっていました。

♪サザエさんのエンディングテーマ曲を歌いながらの
「おしり歩き」
120306_134549.jpg
どちらもなかなかの運動量。
暖かくなってきたとはいえ、
まだまだ外気が冷たい季節ではありましたが、
窓を開けたくなるくらい身体が温まりました。

メインのワークは「CMづくり」。
新聞広告チラシをもとに自分たちでCMを作る、というもの。

グループに分かれた後、
池田が用意したチラシの中から1つを選んで、
早速、設定や構成、セリフや役割分担を考えていきます。
120306_153039.jpg
ドラマ仕立てやテレビショッピング風にしてもよし、
オリジナルの曲を作ってもよし。
何でもいいとなると、少々苦戦したチームもあったようです。

それでも、各チームとも、
決められた時間の中でできたものを発表してくれました。
120306_153947.jpg

最後は、仲間分けゲームで出た“もも”を表して、
ハイチーズ!
120306_160352.jpg
明るくて、ノリが良くて、元気が良い1年生メンバー、
その笑顔を忘れずに、ステキな先生になって下さいね!
長時間お疲れ様でした。ありがとうございました。
[2012/03/14 22:51] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
■池田美樹・出演情報■
■池田美樹・出演情報■


本日3/13(火)「テレビタミン」@KKT (16:45~19:00) 
コメンテータとして出演します。

お時間合う方、是非ご覧下さい。
[2012/03/13 12:28] | お知らせ | トラックバック(0) |
熊響 宇城公演(おまけ③)
熊響さんの宇城公演では
池田の楽屋にもケータリングをご用意下さいました。
ありがたや。
120304_213539.jpg
写真右、キャンディの原料である晩白柚(ばんぺいゆ)は、
“柑橘類の王様”、熊本の氷川町の特産品です。

珍しいお菓子を発見!
なんと松橋特産のれんこんを使ったダックワーズ!
120306_075347.jpg
生地の上にのせてあるれんこんのカリッと感と
生地そのものの表面のパリッと感が見事にマッチ。
生地の中にれんこんの粉末が入っているそうですが、
言われないとわからないほど自然に溶け込んでました。
そして、挟んであるアーモンドクリームが濃厚!
おいしーーーーい!

熊響のみなさんも自らの演奏会でお忙しい中、
地元のものをわざわざご用意下さったのだなぁと
お心遣いが嬉しかったです。ありがとうございました!


あと、熊響のメンバーの方に
ホール近くの美味しいパン屋さんを紹介していただきました。
120304_094350.jpg
まだオープンしたばかりの新しいお店なのだそうです。
洋風のオシャレな外観ですね。

たくさんの種類のパンが並び、
店内は焼きたてパンのいい香りでいっぱい。
お客さんもいっぱい。
中学生くらいの男の子たちが朝ごはんに買って、
イートスペースで食べていたり、
熊響の方もたくさん立ち寄られていました。

トングで持ち上げるとすぐにわかりました。
ぽったりとした重みを持ちながらも、ふわっっっふわっなのです。
撮影する前にペロリと平らげてしまったのですが、
ふわっふわでもっちり。ぽったり。ん~美味しかったです!

そして、何気なく見た袋のラベルを見てびっくり。
120306_000459.jpg
おわかりですか?
住所に「きらら」という地名が入っているんです。
来るべくして来たのだと、もう勝手にご縁を感じたことでした。
[2012/03/13 12:25] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
熊響 宇城公演(おまけ②)
熊響 宇城公演の会場となったウィングまつばせ。
120304_111651.jpg
ホールと体育館が併設された施設で、
この日もお隣では全日本・熊本ハンドボールリーグが
行なわれていました。
自動扉の両側に熊響・ハンドボール、それぞれのポスターが。

ホール・ホワイエ側の外観。
120304_111749.jpg
曲線を描いたガラス面とそこに写り込む景色が美しい。

ガラス面を内側からみたところ=ホワイエ。
120304_111223.jpg
白とブルーグレーを基調としていて、清潔。

ホワイエを反対側からみたところ。
120304_111838.jpg
もぎり台・パンフレットがスタンバイされていて、
コンサートの受付の準備が整っていました。
2階のバルコニーがゆるやかなカーブを描いています。

2階から1階へ続く階段。
120304_112324.jpg
なんか花嫁さんでも降りて行きそうな雰囲気。

舞台袖からホワイエに続く廊下。
120304_111139.jpg
縦長に切り取られた右手の窓の並びと
一本に長く続く廊下が、天井の高さを強調しています。
写真を撮った時は人気もなくて、しんとしていて、
ちょっと教会のようでした。

客席。
120304_161822.jpg
ここにもふんだんに曲線が使われています。
背もたれのラインにご注目を。こんな客席、初めて見ました。
約800席ありますが、最後列でも舞台面が比較的近く、
鑑賞しやすい客席です。

おまけのおまけ。
舞台袖でこっそりパチリ。
120304_113546.jpg
この、舞台の技術スタッフさんの心意気が大好きです。

キレイなホールで気持ちよく過ごさせていただきました。
スタッフのみなさん、ありがとうございました!

◎ウィングまつばせHP
http://www.uki-wing.jp/
[2012/03/13 11:54] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
熊響 宇城公演(おまけ①)
熊響 宇城公演でのこと。

「ピーターと狼」であひる役のオーボエさんとお話する機会があり、
楽譜を見せていただきました。
120304_093437.jpg
びっしり書き込み。
役者が芝居の台本にいろいろ書き込むのと同じですね。


あれ?
120304_093447.jpg
あひる(の絵)!

昨年6月の定演で指揮をされた道端さんから
練習中にあひるについてのお話があった時に、
オーボエさんご自身で描かれたのだそうです。
あひるの悠長な感じが良く出ていますよね。

貴重なものを見させていただきました。
勝手ながら、熊響さんをぐっと身近に感じました。
ありがとうございました!
[2012/03/13 11:34] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
熊響 宇城公演
制作の古殿です。

3/4(日)は熊本交響楽団 宇城公演。
この日、演奏されたなレーション付の楽曲「ピーターと狼」に
池田がナレーターとして出演させていただきました。

会場はウィングまつばせ。
館内にポスターを掲示して下さってました。
120304_111606.jpg

オケとの共演はこんな感じ(写真はリハの様子です)。
中央、指揮者の左にいるのが池田。
120304_104633.jpg

本番が終わると、
池田が目をまんまるくして袖に戻って来ました。
「一番前の列のおばちゃんたちと目が合った。
にこにこして、喋る度に“うんうん”って頷きながら聴いてくれた。」
と話してくれました。
熊響さんの演奏を楽しみに来られたお客様が
あたたかく迎えて下さったんですね。有り難いです。
池田のナレーションも楽しんでいただけたでしょうか。

終演後、指揮の米崎さんと池田。
120304_155733.jpg
今回、指揮されている様子を拝見して、
米崎さんは魔法使いのような方だなぁと思いました。
米崎さんが指揮棒を振ると、
楽器から音がスルスルと引き出されて音楽になっていきます。

「ピーターと狼」の指揮の時は、
米崎さん自体が音楽のように動かれるなぁと思っていましたが、
今回聴かせていただいた、それ以外の重厚な曲でも、
動きに激しさや強さ、重みを持って表現されていました。
演奏中は、池田も私も、米崎さんに目が釘付け。

その、魔法の杖のような指揮棒を見せて下さいました。
120304_155908.jpg
コンサートの時には、いつも3本くらい持っておられるそうです。
実際手に持たせていただくと、意外にすごく軽くてびっくり。
種類もいろいろあるんですね。

池田の熊響さんとの「ピーターと狼」のナレーションは、
昨年6月の定期公演からスタート。
八代での移動公演にも出演させていただき、
今回の宇城公演でいったん一区切りとなります。

違うジャンルのアーティストさんとの稽古場は
様々な発見のある豊かな時間でした。
道端さん、米崎さん、熊響のみなさん、またご来場いただいたみなさま、
ありがとうございました!

◎熊本交響楽団HP
http://www2.biglobe.ne.jp/~kumakyo/jpn/
[2012/03/13 01:51] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/28 通常稽古(おまけ)
稽古終了後のおやつタイム。
どろりちゃんより、福岡のお土産をいただきました。

“モンドセレクション4年連続最高金賞受賞”の
如水庵の「筑紫もち」。
120228_223556.jpg
手のひらにちょこんとのる姫サイズ。
ひとつひとつ風呂敷に包まれている風な
パッケージなのですよ。かわいい。

ふたを開けてみると、お餅の上にきな粉がたっぷり。
そこにさらに黒蜜をたっぷりかけていただきます。
120228_224136.jpg
お餅はもっちり。
黒蜜ときな粉がお互いの風味を引き立て合っています。
120228_224319.jpg
おいしーーーい!
どろりちゃん、ありがとうございました!
[2012/03/13 00:09] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/28 通常稽古
制作の古殿です。

2/28(火)の通常稽古。
この日もいろんな方が参加して下さいました。
ひとつめのテーマは「脳内会議」。
120228_214550.jpg
私A「今日、バイト行きたくないなぁ」
私B「休んじゃえ、休んじゃえ」
私C「ダメだよ、休んじゃ。他の人の迷惑になるでしょ」
私D「…あーお腹すいた…」

という具合に、
一人の中のいろんな性格の中のひとつになったつもりで、
自分の言い分を主張し合います。
言われてみれば普段、頭の中でやってます、こういうこと。

ある程度のところでメンバーチェンジ。
半時計周りにひとつずれると、担当する性格も変わります。
120228_215815.jpg
↑白熱。

この日、ふたつめのテーマは、
強気で何でも自分のものにする姉と、
なかなか姉にイヤと言えない、びくびくしている妹の、無言劇。
+この2人の会話にアテレコする、というもの。

妹のお気に入りのピンク色のタイツを
姉が無理矢理借りようとし、妹は絶対貸すまいとする、
という設定です。

姉:どろりちゃん。妹:茜ちゃん。アテレコ:ルミさん。
120228_221936.jpg
茜、タイツを守ってます。

姉:かなちゃん。妹:ルミさん。アテレコ:どろりちゃん。
120228_222327.jpg
姉のかなちゃん、妹に詰め寄ってます。

という具合に、
いろんなメンバーの組み合わせでやってみました。
姉の動きによって、妹の出方も変わります。
また、演じるメンバーの動きを読んでアテレコしたり、
アテレコの言葉を聞いて、演じての動きに繋がったり。
瞬時に生まれる、察する・発するの関係が面白かったです。

///
この日の稽古をもちまして、1月から開催してきました、
一連の「大稽古まつり」は無事終了となりました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

今後も楽しい企画を考えていきたいと思いますので、
また気軽に稽古場に遊びにいらして下さい。
お待ちしています!
[2012/03/12 23:41] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/14 通常稽古
制作の古殿です。

2/14(火)の通常稽古。
また劇団外からもたくさん参加して下さいました。

遅れて稽古場に到着すると、
稽古場の平均年齢を大きく下げる3人のエチュードが始まっていました。
120214_215451.jpg

こちらは、きららのルミさんと一般参加のヒロ君(後ろ姿でごめんなさい)。
ベテランのパートのおばさんと、飄々とした若いバイト君という設定で、
ひと悶着、起こってます。
120214_221137.jpg
その様子を見ているギャラリーのメンバーの顔はいきいき。
エチュードは見ているのも面白いですもんね。

「死なない一生」に出演して下さった桑路さんと、劇団魂のハル君。
穏やかで、揉めごとを起こしたくない店長と、ヤンキーまがいのバイト君。
ハル君のヤンキーっぷりが見事でした。
120214_221505.jpg
と、真剣な表情の池田(写真右)。

同じシチュエーションでメンバーを変えてみたり、
同じメンバーで設定を変えたりと、エチュード三昧の一日。
みなさん、お疲れ様でした。

***
この日は、バレンタインデー。
参加者のかなちゃんがお菓子を差し入れしてくれました。
“北海道ロイヤルミルクティラングドシャ”。
120214_223629.jpg
名前の通り、ラングドシャのサックリ感と、
ロイヤルミルクティ味の上品濃厚チョコがベストマッチ。
かなり美味しかったです。
かなちゃん、ありがとうございました!
[2012/03/12 23:04] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
2/7 通常稽古
制作の古殿です。
レポートが滞っていてすみません!
まずは2月の通常稽古の様子を駆け足でお伝えします。

---
2/7(火)、大稽古まつり後、初の通常稽古。
いろんな方が集まって下さって、にぎやか稽古場続行!

この日、後半のワーク。
まず、池田が持っているカゴからくじ引き。
120207_221223.jpg
くじには「冷静」「のんびり屋」「あわてんぼう」など
“性格”を表す言葉が書いてあります。

次に、それぞれがくじで引いた性格を持った“小人”を演じるのですが、
池田がシチュエーションのみ与えて、即興で、それも無言で演じていきます。

おやおや?
小人たち、向こうに何か発見したみたいです。
120207_221454.jpg
一番手前で身を乗り出しているのは、
「あわてんぼう」のくじを引いたきららのルミさん。

目線や立ち位置で、
小人たちの目の前に大きな物体があるのがわかります。
120207_221515.jpg
他のメンバーがどう出るのか、自分はどうするのか、
察しながら、発しながら動きます。
それが無言劇の面白いところ。

大きな物体の正体は、実はケーキでした。
ケーキにろうそくが立ちそうなところ、
ろうそくに火をつけようとライターを持ってきた人がいたところで
タイムアップ。

小人たち、なかなか可愛かったです。
また会える日が待ち遠しい。
[2012/03/12 22:42] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
まるぶん塾成果公演「田中家の朝」
池田美樹です。
「演劇の楽しみ」を、ふんわりと味わって頂ける公演のお知らせ。


まるぶん塾。
熊本市上通のまるぶん書店で開かれている文化講座です。

「ファイナンシャルプランナー講座」「ボールペン習字」
そんな実用的なことから、
「こだわりのコーヒー講座」「モテ顔メイク&ヘアアレンジ」「つぶやき漫画日記」
こんなマニアックな感じのものまで20余講座。

その中にある「劇団きららの演劇教室」。
あっという間に6年目。
1年目からずーっと継続して下さってる方もいらっしゃいます。

劇団とどう違うのか。
いろんな考え方があるかと思いますが、
個人的には、
劇団は「ある程度の評価を外に求める作劇」をすべき場所だと考えています。
では、まるぶん塾は。
「演劇を使って、内側の変化を求める場所」になればいいなぁと。

まるぶん塾メンバーは、
誰でもそうであるように、それぞれ、いろいろ背負って頑張って。
頑張ることで固まりやすい「大人の日常」をほぐすために、通って下さってる気がします。


とは言え、内容は結構ガッツリ。
発声・即興・脚本解釈、きららの稽古場でやるようなこともガンガンやってます。

でもいちばん大切にしているのは、「雑談」。
わざわざ「口にする価値もない」、どうでもいいことをたくさんしゃべります。
そんなおしゃべりに同意・感心・反論、わぁわぁ。
ひとりごと的つぶやきが、会話や対話に変わっていく。
他愛もないことが、次第に「おもしろい話」に変わっていく。

何せ15歳から48歳、噛み合わないことも多々(^^;)
でもそれすらおもしろく広げる、おしゃべりの才覚がメンバーに。
自分に利益のない話には興味が持てない人も多い中、
これはもしかすごいことでは、と大きく身内びいきです。


そんな雑談から生まれた物語。
「本心のこもった空気感」に興味のある方、是非ご来場ください。
(上演時間は30分です)

あ!
不思議少年「自尊心」の会場から、なんと徒歩3分!
はしご観劇も可能です。
ご一考推奨☆


///////////////

まるぶん塾成果公演
「田中家の朝」作・演出 池田美樹


大きなのっぽの柱時計。
どうか、うちのしあわせを刻んでね。

いつもの朝が連なって、家族の歴史が紡がれて行く。
しあわせってなんだっけ、なんだっけ?
即興と雑談を重ね、
「まるぶん演劇教室・2011」のメンバーで作り上げたハートフル・コメディ。


日時:3/11日(日) 13:00/15:00(開場は開演の15分前です)
場所:金龍堂まるぶん店2F特設会場
料金:無料
連絡先(劇団きらら池田)
TEL:090-5084-4384
MAIL:mikke@s8.kcn-tv.ne.jp

120309_210403.jpg

昨夜、きららの稽古場で総仕上げ。

120309_215810.jpg

手作り台本カバー。

田中家の朝

陽だまりのたんぽぽのようなチラシを作ったのは、本講座助手・北村茜(with a clink)
[2012/03/10 14:32] | 未分類 | トラックバック(0) |
不思議な宣伝。
池田美樹です。
宣伝です。

大声で、
いえ、窓際の部長に電話を取り次ぐ位の大きさの声で言います。


今週末、「不思議少年」公演ですよ~!

大迫旭洋のひとり芝居ですよ~!


えっ、もう??

大迫といえば、
ひとつ前の「プレイランド」が11月。
九州若手企画「ムニムニ」が12月。
異色タッグ「ギフト」が2月。

そして?
今週?
もう?
全編新作?

……まじで?
…………それ、大丈夫なの?


思うよね~。フツウね~。

それがね、
大丈夫そうなのでムカつくんです。


小学校、2時間目と3時間目の間の「20分休み」、
たったあれだけの時間に、
私たちはどれだけの創作と挑戦と友情育成と絶交を重ねたことでしょう。

新陳代謝。
分裂し続ける成長細胞。

育ち盛りの体感時間は、大人にはとても計り知れない濃縮具合です。

え~、でも、いきなり言われても。
年度末だし。

どうせまたすぐ「次」やるんでしょ?


たぶんね。きっとね。

でもっす。

成長期のこどもの変貌ぶりったら。
この前穿いてた半ズボンが、すぐ短くなって穿けなくなる。
ちょっと見逃すと、
もうそのときの様相は駆け去り消え去ってしまってる。

旬感。

「この前」と「この次」の間もしかと見届けたい。

そんな旬の大迫を、是非に。

私は土曜日に行きます。

たぶんね。


http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=33478


20120309002052.jpg
[2012/03/09 00:19] | 未分類 | トラックバック(0) |
2/29 まるぶん塾
どうも
with a clinkのあかねです
もう3月ですね
春だー
うかれるぞー


2月29日、4年に一度の2月最後の日はまるぶん塾でした。


田中家の似た者親子。

marubun229.jpeg



父と娘の後ろ姿。
こんな田中家にはどんな朝がくるのでしょうか

「田中家の朝」、今週末本番です。
是非是非足をお運びください☆



----------------
まるぶん塾・劇団きららの演劇教室2011 成果公演
「田中家の朝」
作・演出 池田美樹


大きなのっぽの柱時計。
どうか、うちのしあわせを刻んでね。

いつもの朝が連なって、家族の歴史が紡がれて行く。
しあわせってなんだっけ、なんだっけ?
即興と雑談を重ね、
「まるぶん演劇教室・2011」のメンバーで作り上げたハートフル・コメディ。



日時:3月11日(日) 13:00/15:00(開場は開演の15分前です)
場所:金龍堂まるぶん店2F特設会場
料金:無料
連絡先(劇団きらら池田)
TEL:090-5084-4384
MAIL:mikke@s8.kcn-tv.ne.jp
[2012/03/05 13:38] | 未分類 | トラックバック(0) |
BPE.公演中です。
IMG_5822.jpg

池田美樹です。


豊永英憲、新ユニットで公演中@福岡。
かつてなかったような役柄&物語に、がっぷりどっぷり格闘中のようです。
脚本の山下晶氏の、男くさい、なのに繊細な世界感がひしひしと。


写真は今公演「Acid Waltz」のひとコマ。
なんだかとても妖しげ…いえ、怪しげな様相。

「デスノートのLみたいだった」

って感想を漏らした方もいらしたとか。
なるほどな雰囲気ですね。


以下、本人からメッセージ。

//////

1回いっかい、精神的にえぐられます。
でも楽しいですよ。
それはもちろん。

命削って芝居してます。

豊永英憲

/////

そんなBPE.「Acid Waltz」、残すところ2公演!


詳細はこちら。
渾身の予告映像も見られます。

http://bpe-acidwaltz.blogspot.com/


おまけの一枚。
文字通り後光が射してますな(^^;)

男性脳のパラレル・ワールド。
新ユニットの誕生を目撃して下さい。

IMG_4220.jpg

[2012/03/03 19:03] | 未分類 | トラックバック(0) |
BPE. Acid Waltz

どぅもー☆ご無沙汰しております、劇団きらら オニムラです!(誰?と、思ったあなた!HPで見てちょ☆昔の私で出ています



あ~そんなんはいいとして、

今日は雨降る生暖かい中ww、ヒデ…失礼、豊永が出演しておりまする


BPE. Acid Waltz の舞台を観て来ました~。


チラシがやったらカッコイイので、そして、豊永もすごく稽古や準備期間が楽しかったようで、

どんなんなのかと、気になってた舞台☆


パンフから、チケット、映像と、お芝居の世界観と徹底した統一感。


そして、も、言っちゃうよ☆イケメンズですよ。てへぺろ☆嫉妬するよねー(笑)←何…!?ザワ…ザワザワ…



舞台装置もおもしろいですよ☆

豊永も、きららでは、見ない 役で出てますので、そちらでも楽しめますよ。

劇中の映像は、日替わりみたいです。美人女優さん達の競演☆可能なら、全て見たいですね。いろいろ味わいたい◎


残り2日!「前売り」残席少ないようです。今日も開場してたのに行列でしたよ~(゚Д゚)


3/3(土)14:00/19:30

3/4(日)13:00

前売 \2,300 (当日 \2,500)

ペア \4,000

http://bpe-acidwaltz.blogspot.com
[2012/03/03 02:50] | お知らせ | トラックバック(0) |
3/2 熊響練習
制作の古殿です。

あさってに迫った熊本交響楽団さんの宇城公演。
池田は「ピーターと狼」という楽曲でナレーションをつとめます。
指揮の米崎さんが熊本入りされて、
本番に向けての練習に池田が参加してきました。
120302_204614.jpg
写真、指揮は米崎さん、その右の赤い髪の頭が池田です。

池田について行って、練習にお邪魔するのは、
もう4~5回目くらいになると思います。
少しずつなじみのある場所、なじみのある楽曲になってきました。

そして、米崎さんの指揮!
タクトの先が、左手が、胴体が、
音楽が視覚化されたかのように動いて、音をまとめていかれます。
顔をくしゃっとゆがめたかと思えば、キリリと真剣になったり、
表情も七変化。
本番でお客様に見ていただけないのが残念なくらいです。

さらに、熊響のみなさん!
「上からぐぉんという感じで」
「一歩ずつ近づいてくる感じ出せますか?」
一見抽象的な指示があっても、
指示後の音は、素人の私が聴いてもわかるくらい変わっています。
このレスポンスが素晴らしい。
イメージを掴む感性と、具体的に表現できる技術を
みなさんお持ちなのだと思います。

ちょっと引いてみましたが、
120302_205122.jpg
オケ全体は写真におさまりきれません。
ほんとは、写真左の方にコントラバスとかチェロのパートがあるのです。
これだけの人数と複数の種類の楽器があるのに、
音がひとつになる瞬間がある。すごいなぁ。

指揮の米崎さんと池田。
120302_213025.jpg
登場人物にちなんでネコポーズでぱちり。
米崎さん、ありがとうございました。

お稽古の様子を拝見していて、一人で興奮してました。
みなさま、会場で実際に音を味わって下さい。お待ちしています!

◎熊本交響楽団 宇城公演
日 時:2012年3月4日(日)14:00
会 場:ウィングまつばせ 文化ホール
入場料:一般1,000円 高校生以下500円

お問合せ:ウィングまつばせ 0964-32-5555

◎熊本交響楽団HP
http://www2.biglobe.ne.jp/~kumakyo/jpn/index.html
[2012/03/02 23:31] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
池田出演「熊本交響楽団 宇城公演」
120301_005909.jpg
制作の古殿です。

今週末、池田がまた熊響さんの公演に出演させていただきます。
昨年6月の熊響さんの定期演奏会に始まった、
池田の「ピーターと狼」ナレーションもこれでいったん一段落です。

指揮は、昨年10月の八代移動公演でもご一緒した、
米崎栄和さん。

八代では、お茶目なお人柄と軽妙なおしゃべり、
そして、ご自身そのものが音楽のような表情豊かな指揮で
客席と関係者をとりこにした米崎さん。
クラシックは堅苦しいものでも、敷居が高いものでもなく、
楽しむものなのだということを伝えて下さいました。

また、あの指揮、あのお話しに触れられるのが楽しみで、
待ち遠しいです。

八代では、指揮者体験コーナーがあり、
中学生が3人くらい指揮台で実際にタクトを振りました。
すると、その後、中学生の喰らい付き方が変わったのです。
みんなの気持ちが前のめりになったのが、袖にいてもわかりました。

八代は市内の中学生の招待公演でしたが、
今回の宇城公演は一般の方も入場できます。
指揮者体験コーナーもありますよ。

池田のナレーションも楽しんでいただきたいですが、
米崎さん、熊響さんとの出会い、そして前のめり体験を、
この機会に、ぜひ!

◎熊本交響楽団 宇城公演
日 時:2012年3月4日(日)14:00
会 場:ウィングまつばせ 文化ホール
入場料:一般1,000円 高校生以下500円

お問合せ:ウィングまつばせ 0964-32-5555
[2012/03/01 01:01] | お知らせ | トラックバック(0) |
おしらせ

★参加者募集中★
演劇ワークショップ
「真夏の演劇チャレンジ」
詳細はこちら
2019年9月14日(土)~15(日)
@鏡文化センター

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する