FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
エッセンス・ライブラリー10月の戯曲に「プープーソング」
制作の古殿です。

大阪のげきだん S-演 s ?(えっせんす)さんが
「関西以外の戯曲を読んでみよう!」という趣旨で企画されている
「エッセンス・ライブラリー」。
月替わりで日本各地の戯曲を取り上げて読む会だそうです。

この度、10月の戯曲として「プープーソング」を
取り上げていただきました。
ありがとうございます!

ライブラリー仮チラシ10月プロフィール訂正【決定版】

池田の本は熊本弁をそのまま書いているので
関西の皆様にどんな風に読んでいただけるのか、
とても興味があります。
作品を楽しんでいただけたら嬉しいです。

すでに2回開催されてのご紹介になり、出遅れてすみません!
劇団本体より、本が先に関西に伺っております。
ご興味ある関西方面の皆様、よかったらご参加下さい。
どうぞよろしくお願いします。

残るはあと2回。
またご感想のツイートがアップされるのが楽しみです。


◎エッセンス・ライブラリー
開催日時:2019年10月7日・14日・21日・28日(毎週月曜日)
      19:30~21:30
会場:アトリエS-pace(大阪市城東区)
料金:500円(テキスト印刷代含む)

◎詳細はこちら
サイト→http://s-sence.space/
Twitter→https://twitter.com/gekidan_s_sence

[2019/10/15 17:19] | お知らせ | トラックバック(0) |
宗 真樹子出演 ギンギラ太陽's「幻の翼 震電」間もなく!
制作の古殿です。

モノを擬人化し、笑って泣けるエンターテインメントを上演する、
ギンギラ太陽'sさん。
次は大刀洗飛行場創立100周年記念事業で公演、
きららの宗 真樹子も出演します。

「西日本航空発祥の地」といわれた大刀洗飛行場。
今作は、「幻の戦闘機 震電(しんでん)」を主人公に
大刀洗飛行場や雁ノ巣空港も登場する、
知られざる「福岡の空の歴史」のモノ語り。

gingira_雷電太刀洗

宗よりコメントが届いてますので、ご紹介します。
=====
「幻の翼 震電」は、大刀洗飛行場100周年特別バージョンとして
ほぼ新作のような作品になりました。
大刀洗から始まる九州の空のモノ語り。

今回、私はなんとおじいちゃん役!
(おじいちゃんよくやってますが)
大刀洗に今も残る「あるモノ」で語り部として登場します。
ぜひ、ご覧下さい!
=====

老若男女演じこなす宗ですが、
最近はビルや飛行機も板についてきたように思います。
“おじいちゃんでモノ語り”!?
どんな語り部として登場するのか楽しみですね。

楽しみながら街の歴史に触れることができるのは
ギンギラさんの公演の醍醐味。
直近のお知らせになりましたが、
ご興味ある方、ぜひお出掛け下さい!


◎大刀洗飛行場創立100周年記念事業
・第1部
ギンギラ太陽's
「幻の翼 震電 ~ 大刀洗飛行場100周年特別バージョン」
・第2部
パネルディスカッション
「大刀洗飛行場がわたしたちにもたらしたもの
 ~過去の遺産を未来に投資する~」

日時:2019年10月20日(日)13:30
会場:大刀洗ドリームセンター
チケット料金:一般3,000円(全席自由)
※町民料金など詳細はサイトでご確認下さい。

◎ギンギラ太陽'sサイト
http://www.gingira.com/event/index.html
◎大刀洗飛行場創立100周年記念事業サイト
https://www.town.tachiarai.fukuoka.jp/events/detail/223
◎お問い合わせ
 大刀洗町 地域振興課 企画係 TEL:0942-77-0173

[2019/10/15 17:13] | お知らせ | トラックバック(0) |
池田美樹出演情報。
■池田美樹・出演情報■

池田美樹です。
本日5/27(月)「テレビタミン」@KKT (16:50~19:00) 

コメンテータとして出演します。

今ハマってる「顔のイヤリング」して行きます。

お時間ある方、是非☆

48756.jpg
[2019/05/27 11:59] | お知らせ | トラックバック(0) |
宗真樹子出演情報 劇団GIGA・ガルシア・ロルカ「イェルマ」
制作の古殿です。

宗 真樹子が空間再生事業 劇団GIGAに客演、
現在絶賛稽古中です。

作品は「イェルマ」。
スペインを代表する劇作家ガルシア・ロルカの3作品を
悲劇三部作として上演するプロジェクトの
第二章に位置付けられているものです。

giga_イェルマf

AMCF(アートマネジメントセンター福岡)のサイトで
宗のコラムも紹介されました。
初めてのカンパニーの稽古場を
新鮮に感じている様子が伝わってきます。
是非ご覧下さい。
 ↓↓↓
http://dmdm.cc/amcf/index.php?i=8926

演出家・役者の皆さんとともに奮闘中のようです。
宗の役どころ・演技もお楽しみに。
是非お出掛け下さい!

= = = = =
◎ガルシア・ロルカ悲劇三部作 第二章「イェルマ」
脚本:ガルシア・ロルカ
演出:山田恵理香

悲劇と書いて、夫婦と読む。
昭和の少女漫画みたいに純粋可憐なイェルマが、
赤ちゃんを待ちわびて歌う!踊る!
ズレてる夫婦の悲喜劇!

・日時:2019年5月31日(金)19:30
         6月1日(土)15:30
・会場 :ももちパレス 大ホール(福岡市早良区)

・料金
一般:3000円
学生:1000円
夫婦割:5,000円 (ペア割。どなたでもお使いいただけます。)
※当日500円増

・チケット予約フォーム
https://ws.formzu.net/sfgen/S25679002/

◎公演特設サイト
https://www.spacegiga.com/yerma

◎劇団GIGATwitter
https://twitter.com/spacegiga
稽古レポート写真にときどき宗が写ってます。
是非チェックして下さい。

giga_イェルマb

[2019/05/02 17:28] | お知らせ | トラックバック(0) |
木村健二さん出演「切り裂かれたキャンバス」間もなく!
制作の古殿です。

「気持ちいい穴の話」に客演して下さっていた
キムケンさんこと木村健二さん(飛ぶ劇場)が
早くも次の公演に取り掛かっておられます。
GWの5/3~6、間もなく公演です。

■切り裂かれたキャンバス~「マネとマネ夫人像」をめぐって
http://kmma.jp/honkan/exhibition/2019_theater-mane.html
cut_2019_theater-mane_01.gif

北九州市立美術館所蔵の
エドガー・ドガ「マネとマネ夫人像」。
世界的な名画だそうですが、
なんとキャンバス右端が切られて、
マネ夫人のお顔が見えなくなってしまっています。

なぜ切られたのか?誰が切ったのか?などなど
その謎を大胆推理!劇に仕立てた公演。
演劇公演の後には、
実物の絵画を前に学芸員による作品解説もあるそうです。

美術と演劇のコラボが好評で、再演に至ったとのこと。
北九州市立美術館自体も面白い建物です。
普段、美術に縁遠い方も、北九州方面の観光と合わせて、
この機会にお出掛けになりませんか?
初演から続けて出演されるキムケンさんの
役どころ&演技も楽しみです。

チケットはびっくり500円です。
コレクション展観覧料も含めてだそうです。びっくり!
好評につき、残席わずかの回もあるようです。
詳細はお問い合わせ先でお尋ねいただき、
お早目にチケットお求め下さい。

■切り裂かれたキャンバス~「マネとマネ夫人像」をめぐって
作・演出:泊 篤志(飛ぶ劇場)

日時:2019年5月3日(金・祝)~6日(月・振)
    各日13:00/15:30
会場:北九州市立美術館本館

チケット:日時指定・全席自由
    当前同額500円(コレクション展観覧料含)

※公演と絵画鑑賞で約90分

◎公演詳細はこちら
http://kmma.jp/honkan/exhibition/2019_theater-mane.html

◎お問い合わせ
北九州市立美術館 TEL 093-882-7777

◎美術館の作品紹介ページ
http://kmma.jp/collection/dega0101.html
[2019/05/01 12:58] | お知らせ | トラックバック(0) |
次のページ
おしらせ

★新作情報★
出演者発表
詳細はこちら
熊本:2020年1月
福岡:2020年2月
東京:2020年4月
-続報お待ち下さい-

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する