FC2ブログ
劇団きららblog
劇団きららの団員その他による稽古場日誌
碩台小「なでしこ音楽交流会」ゲストティーチャー
制作の古殿です。

10/15(火)、熊本市立碩台小学校の
「なでしこ音楽交流会」に向けた劇班の練習に
ゲストティーチャーとしてお邪魔しました。

碩台小は、音楽教育に熱心で、
この「なでしこ音楽交流会」では劇のほかに、
合唱・合奏・ダンス・和楽器・和太鼓などがコラボした
見事な舞台を作り上げられます。
池田の出身校でもあります。

今年の劇班のテーマは「身の周りにある宝物」。
191015-IMG_20191015_121310.jpg
台本や衣装も先生の手によるもの!

体育館のステージで練習。
191015-DSC_0223.jpg

通しを見せてもらった後、練習に入ると
子どもたち自身がアドバイスを自分たちの発見に変えて、
アイデアを加えていき、劇がどんどん楽しくなっていきました。
練習も本番もがんばって下さい!

/////
「なでしこ音楽交流会」はどなたでもご覧いただけます。
毎年、発表会の日には、保護者のみなさんだけでなく、
ご近所の皆さんも集まって体育館がいっぱいになります。
児童と客席が一緒になって歌う校歌「なでしこの歌」は
とても感動的です。

ご興味ある方は是非お出掛け下さい。

◎なでしこ音楽交流会
日時:2019年10月19日(土)9:30~10:45
場所:碩台小学校体育館
※駐車場はありません。

◎碩台小学校サイト
http://www.kumamoto-kmm.ed.jp/sch/e/sekidai/

[2019/10/15 17:30] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
エッセンス・ライブラリー10月の戯曲に「プープーソング」
制作の古殿です。

大阪のげきだん S-演 s ?(えっせんす)さんが
「関西以外の戯曲を読んでみよう!」という趣旨で企画されている
「エッセンス・ライブラリー」。
月替わりで日本各地の戯曲を取り上げて読む会だそうです。

この度、10月の戯曲として「プープーソング」を
取り上げていただきました。
ありがとうございます!

ライブラリー仮チラシ10月プロフィール訂正【決定版】

池田の本は熊本弁をそのまま書いているので
関西の皆様にどんな風に読んでいただけるのか、
とても興味があります。
作品を楽しんでいただけたら嬉しいです。

すでに2回開催されてのご紹介になり、出遅れてすみません!
劇団本体より、本が先に関西に伺っております。
ご興味ある関西方面の皆様、よかったらご参加下さい。
どうぞよろしくお願いします。

残るはあと2回。
またご感想のツイートがアップされるのが楽しみです。


◎エッセンス・ライブラリー
開催日時:2019年10月7日・14日・21日・28日(毎週月曜日)
      19:30~21:30
会場:アトリエS-pace(大阪市城東区)
料金:500円(テキスト印刷代含む)

◎詳細はこちら
サイト→http://s-sence.space/
Twitter→https://twitter.com/gekidan_s_sence

[2019/10/15 17:19] | お知らせ | トラックバック(0) |
宗 真樹子出演 ギンギラ太陽's「幻の翼 震電」間もなく!
制作の古殿です。

モノを擬人化し、笑って泣けるエンターテインメントを上演する、
ギンギラ太陽'sさん。
次は大刀洗飛行場創立100周年記念事業で公演、
きららの宗 真樹子も出演します。

「西日本航空発祥の地」といわれた大刀洗飛行場。
今作は、「幻の戦闘機 震電(しんでん)」を主人公に
大刀洗飛行場や雁ノ巣空港も登場する、
知られざる「福岡の空の歴史」のモノ語り。

gingira_雷電太刀洗

宗よりコメントが届いてますので、ご紹介します。
=====
「幻の翼 震電」は、大刀洗飛行場100周年特別バージョンとして
ほぼ新作のような作品になりました。
大刀洗から始まる九州の空のモノ語り。

今回、私はなんとおじいちゃん役!
(おじいちゃんよくやってますが)
大刀洗に今も残る「あるモノ」で語り部として登場します。
ぜひ、ご覧下さい!
=====

老若男女演じこなす宗ですが、
最近はビルや飛行機も板についてきたように思います。
“おじいちゃんでモノ語り”!?
どんな語り部として登場するのか楽しみですね。

楽しみながら街の歴史に触れることができるのは
ギンギラさんの公演の醍醐味。
直近のお知らせになりましたが、
ご興味ある方、ぜひお出掛け下さい!


◎大刀洗飛行場創立100周年記念事業
・第1部
ギンギラ太陽's
「幻の翼 震電 ~ 大刀洗飛行場100周年特別バージョン」
・第2部
パネルディスカッション
「大刀洗飛行場がわたしたちにもたらしたもの
 ~過去の遺産を未来に投資する~」

日時:2019年10月20日(日)13:30
会場:大刀洗ドリームセンター
チケット料金:一般3,000円(全席自由)
※町民料金など詳細はサイトでご確認下さい。

◎ギンギラ太陽'sサイト
http://www.gingira.com/event/index.html
◎大刀洗飛行場創立100周年記念事業サイト
https://www.town.tachiarai.fukuoka.jp/events/detail/223
◎お問い合わせ
 大刀洗町 地域振興課 企画係 TEL:0942-77-0173

[2019/10/15 17:13] | お知らせ | トラックバック(0) |
池田美樹出演情報
■池田美樹・出演情報■

本日10/3(木)「テレビタミン」@KKT (16:50~19:00) 

コメンテータとして出演します。



最近買った秋物ワンピースを着て行きます。
かわいいけれども、買ってわかった重さ(肩凝)。

お時間ある方、是非☆

ワンピ
[2019/10/03 10:56] | 未分類 | トラックバック(0) |
きらら新作 出演者発表
制作の古殿です。

先日9/20(金)、
今年度のきらら新作の出演者が集合、
顔合わせと宣材撮影を行ないました。

出演者、この面々です。
s_DSC_0581.jpg
前列:左から
菅野貴夫(フリー/東京)
なかむらさち(フリー/北九州)

後列:左から
オニムラルミ(劇団きらら)
磯田 渉(不思議少年)
池田美樹(劇団きらら)

この5人で新作に取り組んでいきます。

公演日程は
・熊本:2020年1月
・福岡:2020年2月
・東京:2020年4月

公演情報&稽古レポート、楽しみにお待ち下さい。
応援よろしくお願いします!
s_DSC_0582.jpg


[2019/09/21 19:40] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「真夏の演劇チャレンジ」終了しました③
「真夏の演劇チャレンジ」続き。

最後はいよいよ練習の成果を披露するミニ発表会です。

■永山チーム(リーディング)
s_DSC_0500.jpg

s_DSC_0510.jpg

s_DSC_0511.jpg

s_DSC_0736.jpg

s_DSC_0741.jpg

s_DSC_0744.jpg


■古家チーム(ダンス)
s_DSC_0530.jpg

s_DSC_0543.jpg

s_DSC_0562.jpg

s_DSC_0580.jpg

s_DSC_0600.jpg


■池田チーム(リーディング)
s_DSC_0609.jpg

s_DSC_0616.jpg

s_DSC_0623.jpg

s_DSC_0764.jpg

s_DSC_0788.jpg

s_DSC_0811.jpg


■伊藤チーム(殺陣)
s_DSC_0637.jpg

s_DSC_0644.jpg

s_DSC_0650.jpg

s_DSC_0834.jpg

s_DSC_0836.jpg

s_DSC_0851.jpg


1日目の皆さん。
s_DSC_0668.jpg

2日目の皆さん。
s_DSC_0874.jpg

参加者の皆さん、
どの講座でも素晴らしい集中力を見せ、
存分に楽しみ、個性を発揮して下さいました。
一緒に作品を創作する中で、
講師陣も皆さんから大いに元気をもらいました。
ご参加、ありがとうございました!

また、10年以上に渡り、この企画を続けて下さっている
八代市厚生年金会館・鏡文化センターのスタッフの皆さん。
短いリハーサル時間での講師の無茶ぶりに
見事な技術で応えて下さる技術スタッフの皆さん。
本当にありがとうございました。

講師・アシスタントの皆さんもお疲れ様でした。
s_DSC_0672.jpg
ありがとうございました。

来年も八代市のこの企画で
皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。
[2019/09/16 15:58] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「真夏の演劇チャレンジ」終了しました②
「真夏の演劇チャレンジ」続き。

午前中は「戯曲」「演技」の2講座。
こちらは「戯曲」講座。
s_DSC_0335.jpg

講師は永山智行さん(宮崎・劇団こふく劇場)。
s_DSC_0336.jpg

簡単な図形を見せて「何に見えるか」
数種類の写真を見せて「どんな人たち?どんな場面?」
s_DSC_0686.jpg
戯曲の基本的なことと同時に、
「自分にしかできない“ものの見方”」
「大げさなことを書く必要はなく、自分の心が動くかどうか」を
大切にしてほしいと話して下さいました。

講座の後半は、各自執筆。
自分の世界に没頭されていました。
s_DSC_0688.jpg
2日間で、12作品が生まれました。

こちらは「演技」講座。
講師は池田美樹(劇団きらら)。
s_DSC_0365.jpg

簡単に自己紹介したあと、
s_DSC_0330.jpg
発声練習や滑舌、早口言葉のワーク。

2人組になって、質問と答えを続けるワークや
連想ゲームなどが続きました。
s_DSC_0692.jpg
どのワークも、根底に流れていたテーマは
“口から言葉が出やすくなる”状態を作ること。

4人組になって、人の出入りのみ決まっているト書きと
場所・状況説明のヒントを使って、短時間でお芝居作り。
s_DSC_0349.jpg
ト書きの縛りが自然と場面を変える手助けにもなって、
さらに一人では生まれないセリフや人間関係が飛び出し、
面白いミニお芝居が次々発表されました。


昼食を挟んで、
午後は「ダンス」「殺陣」講座。
受講したジャンルがそのまま発表ジャンルになるので、
どちらのチームも講義が作品作りに繋がっていました。
「リーディング」作品作りの永山・池田チームも
発表に向けて稽古に入りました。

「ダンス」講座。
講師は古家優里さん(プロジェクト大山)。
s_DSC_0432.jpg
写真左の緑Tシャツを着ているのが優里さん。

まずは「覚醒」ゲーム。
s_DSC_0387.jpg
誰かに向かって名前を呼ぶ・指パッチンを飛ばす・
ボールを投げる・誰かの後ろに行って背中を押す。
という4つを、最終的には同時に行なうゲーム。
頭フル回転という意味で「覚醒」です。

優里さんに振り移ししてもらい、
P大山作品から抽出された小さい場面を踊ります。
s_DSC_0424.jpg

また、午前中の戯曲講座の中で生まれた小作品を
ダンスで表現してみる試みも。
s_DSC_0442.jpg
途中、受講生に作ってもらう振りがあったり、
即興要素のあるお題の踊りがあったりして、
偶発的面白さが散りばめられていました。

こちらは「殺陣」講座。
講師は伊藤 匠(真夜中ミサイル)さん。
s_DSC_0477.jpg
写真左の水色Tシャツを着ているのが匠さん。

気合わせ的なゲームで心身をほぐした後、
木の細い棒を刀代わりに、
構えや振り方など基本を繰り返し指導&練習。
s_DSC_0400.jpg

後半は殺陣がふんだんに取り入れられた、
匠さん構成の小作品の練習。
s_DSC_0456.jpg

場面も繰り返し練習。
s_DSC_0464.jpg
匠さんが気付きを指摘したり、提案すると、
みなさんの動きもどんどんよくなっていました。

「リーディング」は永山チームと池田チームに分かれて、
午前中の戯曲講座で生まれた作品を上演。
短いとはいえ3作品づつ。稽古に余念がないながら、
どちらのチームも楽しそうでした。
s_DSC_0408.jpg

s_DSC_0483.jpg

続く。
[2019/09/16 15:54] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
「真夏の演劇チャレンジ」終了しました①
制作の古殿です。

このブログでもご紹介&参加者を募集していた、
「真夏の演劇チャレンジ」、9/14(土)~9/15(日)に
八代市鏡文化センターで開催されました。
以下、ワークショップの様子をレポートしたいと思います。

開催前日の9/13(金)、
宮崎在住の永山さんが熊本入り、打合せも兼ねてご飯会。
翌日からの英気を養いました。
s_DSC_0315.jpg
写真右から戯曲の永山智行さん、ダンスの古家優里さん、
演技の池田美樹。
(殺陣の伊藤匠さんは写真撮り損ね、すみません!)。

2日間ともいいお天気に恵まれました。
s_DSC_0323.jpg
9/14(土)、八代市に向かう車窓からパチリ。

受講生が集まったところで最初にオリエンテーション、
講師やアシスタントに自己紹介や
講座の内容など説明をしました。
s_DSC_0324.jpg
続いて、受講生の皆さんには、
どの講座を受講するか希望を出してもらいました。

ステージ上で、全員でストレッチや発声練習。
s_DSC_0678.jpg

皆さんの受講講座が決定したところで、
早速、午前中の講義に入ります。

続く。
[2019/09/16 15:43] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/11 熊大附特わくわくタイム
制作の古殿です。

9/11(水)は、先週に続き(先週の様子はこちら)、
熊本大学教育学部附属特別支援学校・中学部の
コミュニケーションの授業「わくわくタイム」にお邪魔しました。

伺ったのは、池田と
アシスタントを務めてくれるトミー(冨川優君)。
s_DSC_0229.jpg
控室でなぜか家族写真的ポーズの2人。

先週とは違うクラスでの授業なので、まずは自己紹介。
子どもたちも一人ひとり、名前を教えてくれました。

最初のワークは、声の大きさの勉強。
声の大きさに反応して線が上下する教材を使って、
線の位置を身体で追っていきます。

声が小さい時は、線は下の方に移動、
s_DSC_0234_201909120023326a6.jpg

身体を縮めて線の位置を表現します。
s_DSC_0239.jpg

大きい声の時は線が上の方に移動、
s_DSC_0231.jpg

線を追い掛けて、
みんな身体いっぱい伸びていました。
s_DSC_0240.jpg
声の大小を、視覚的にと同時に
身体感覚で認識することができるワークでした。

今度は子どもたちが声を発する番です。
音に反応して動く自動車のおもちゃを使います。
s_DSC_0243-2.jpg
まずは先生がお手本。
ボリュームが大きいほど表示される数字も大きくなり、
自動車も速く進みます。

子どもたちは3人組になって、
マイクに向かって「がんばれー!」と呼びかけます。
最初はマイクを持って、
次のグループはマイクを教室の真ん中まで離して、
3番目のグループの時は、池田も加わって、
教室の端っこまでマイクが離されました。
見事、3グループとも自動車が走りました。

大きな声を出すのが苦手な子も
お友達と一緒だったら心強そうな気がします。
声の大きさと距離との関係がうまく掴めていない子も
自動車が動くことで「声が届いた」実感が
持ちやすいのではと思いました。

「レッツダンシング」の時間は、
「ようこそ附特」でLEEが教えてくれた
「♪崖の上のポニョ」のダンスをみんなで踊りました。
続けて、輪になって、ダンスの中の動きを応用して、
普通に歩いたり、スローモーションで歩いたり、
巻き戻しで歩いたり、最後は自由に動き回りました。
みんなスローモーションの動きがとても上手でした。

次はジェスチャーゲーム。
お題をジェスチャーで表現し、みんなに当ててもらいます。
ジェスチャーで出題するのは、池田・トミーと実習の先生方。

1問目:手を繋いで大きな輪を作った2人はぐるぐる回り、
その輪の中に入っている2人ももごもご動いています。
s_DSC_0248.jpg

動きが止まると、
中に入っていた2人を他の人が輪から連れ出して、
バンザイさせて、手を固定しています。
s_DSC_0251.jpg

別の1人がバンザイの人たちの間をすり抜けると
バンザイの人たちはゆらゆら動いていました。
s_DSC_0256_2019091201405081b.jpg
正解は『洗濯』。
洗濯機の回る様子、洗濯物が干される様子、
洗濯物が風になびく様子が表現されていました。

2問目:腰を屈めて繋がって長くてぞろぞろ動くものに
トミーが追いかけられていました。
トミー、とってもびっくりした表情をしていますね。
s_DSC_0274.jpg
正解は『ヘビ』。

それぞれの問題で正解したチームは
今度は自分たちでお題の表現にチャレンジしていました。
洗濯物が風で揺れる様子がとっても上手な子がいて、
彼女がこの日のMVPになりました。

正解しなくても、課題の動きを言葉で表したり、
特徴を捉えて似たものを答えたりしていました。
ジェスチャーをよく観察して、
動きや形を自分の知っているものと結びつけて
考えることができているんだなぁと思いました。

最後のワークは「きららさんおしえて」。
今回はみんなで『見えない大なわ』で遊びました。
実習の先生たちにお手本を見せてもらったあとは、
みんなで跳びました。
s_DSC_0299.jpg
みんなの番になった時、
ある男の子が手をぐるぐる回していたので、
池田がなわの回し手をお願いしました。
みんなが跳び終わるまで回してくれました。

授業が終わって、先生がお話しして下さったのですが、
昨年、本物の大なわでよく遊んでいた時期があったそうです。
『見えない大なわ』の活動の時、
ある男の子が、昨年のことを思い出して、
「今、大なわで遊んでいるんだ」と理解して、
見えないなわを跳んだようだということでした。
跳ぶ動きが、昨年と全く同じだったそうです。

附特の生徒さんは
“想像する”のが苦手なお子さんも多いそうです。
「わくわくタイム」の時間だけで何かが解決するのではなく、
子どもたちの普段の生活や他の経験があっての授業です。
演劇が持つ、想像や記憶を引き出す力で
彼らの発見や気付きに繋いでいけたらいいなと思います。


<おまけ>
中庭でぬいぐるみたちがひなたぼっこしてました。
s_DSC_0301.jpg
保健室の子どもたちの友達だそうです。
とても天気の良い日で、気持ちよさそうでした。

[2019/09/12 21:25] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
9/5 熊本市保育士さん研修
制作の古殿です。

9/5(木)は植木公民館での
熊本市の保育士さんたちの研修
「初任期後期保育士研修会」にお招きいただきました。

きららOBで、現役保育士さんのひろもいました。
嬉しい再会。
s_DSC_0259.jpg

研修は、まずドキドキホットケーキや見立て遊びで
心身をほぐしました。
s_DSC_0263.jpg

新聞紙を使った見立てでは、畳んで開いて“ノートパソコン”、
細長い棒状にして“竹刀”、大きく開いて“闘牛士のマント”
最後は丸めて“サッカーボール”などなど
次々に発想が生まれて、とっても面白かったです。

この日の主なワークは「劇作り」。
題材となるお話しは「北風と太陽」です。
まずは、全体で池田が作った台本を読み合わせ。
s_DSC_0271.jpg

保育園にもあって、
見立てて使えそうな材料をいろいろ準備してもらい、
チームに分かれて創作に入ってもらいました。
s_DSC_0272.jpg

さすが保育士さん、工作の手が迷わず早い!
あっという間に衣装や小道具が出来ていました。
s_DSC_0279.jpg

s_DSC_0277.jpg

s_DSC_0276.jpg

発表の時間。
先生方の発想と思い切りのよい演技で
楽しい3つの「北風と太陽」が生まれていました。

イスを使った演出で場面が立体的に。
配置で、旅人と北風&太陽の対比もわかりやすいです。
s_DSC_0290.jpg

キャスター付きのイスのラックや
緑色のPPひもを使って北風のスピード感、
s_DSC_0298.jpg

赤や黄色のゴミ袋やPPひもで太陽のあたたかさを演出。
s_DSC_0302.jpg

北風と太陽が、クールビューティとギャルに。
舞台は合コンの会場に。
s_DSC_0308.jpg

旅人はひろの手の甲に書いた人形!
s_DSC_0333.jpg

最後の感想大会では、
日ごろ、先生方が劇作りで苦慮されていることや
工夫されていることを沢山伺いました。
s_DSC_0325.jpg
保育の専門的な注意点はあるかも知れませんが、
劇づくりに関しては、
この先生方がそのまま保育園の現場におられたら
大丈夫じゃないかなぁ、と思えるような
楽しみ上手な面や豊かな発想を沢山見せていただきました。
これからも、子どもたちと一緒に楽しみながら
劇を作っていただけたらと思います。

楽しくて笑いの絶えない活動になりました。
長時間ぶっ続けの研修、お疲れ様でした。
ありがとうございました。またお会いしましょう!

[2019/09/08 17:08] | 稽古場日記 | トラックバック(0) |
次のページ
おしらせ

★新作情報★
出演者発表
詳細はこちら
熊本:2020年1月
福岡:2020年2月
東京:2020年4月
-続報お待ち下さい-

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する